プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
美輪さんが読んだスピリチュアル本
〈ヘミシンクの危険性〉
美輪明宏さんが読んだといわれているスピリチュアル本ヘミシンクの注意点と危険性を、この記事で紹介する書籍を読んでゆけば何となくでも分かって来ると思います。著名な心理学者カール・ユングも読んだといわれる書籍も含まれています。

丹波哲郎さんも読んだといわれている素晴らしいスピリチュアル系の本ですので是非1冊くらいは目を通す事を勧めます。それらを読んでゆくとヘミシンクの危険性と避けられる“カルト性”が掴めてくると思います。

さて、ヘミシンク〔Hemi-Sync〕とは、音響で脳波を変え、人為的な“変性意識(トランス)状態”を造り出すシステム、技術です。

変性意識の際に人によっては臨死体験(Near-Death Experiences)」体外離脱体験(Out of Body Experiences)」と似た様な経験すると紹介される事もあります。

ひと昔前の書籍では「臨死体験」「体外離脱」といった、そのような単語がありませんでしたから「死の技術」と呼ばれていました。ほとんど仮死状態のようになっていたからでしょう。

最近、新たな記事を書きましたので最初に読んでもらえると下記の古い記事内容よりも明確だと思います。
落ちるな注意!【ヘミシンクとチャネラー編】

ヘミシンクを聴くと何らかのヴィジョンを視る事が可能だといわれています。しかし、そのヴィジョンに反映される映像は、その時点での人間性(人格)や人生経験などの心象が色濃く反映されるものだといえます。最悪の場合、坂本政道さんのように道を誤まったものを視る可能性もあります。第一人者でも関係なく人生行路を誤まる可能性があります。

詳しく説明してゆきます。

まずはじめに幽体離脱の熟練者・江原啓之さんが新刊『スピリチュアリズムを語る』のなかで幽体離脱の危険性を表明しています。その内容を抜粋してみましたので、そちらをお読みになると良いかと思います。

スピリチュアリズムを語る〈幽体離脱・体外離脱・ヘミシンクの危険性〉

ヘミシンクを使う人は、まず普通の人〉でなければ危ない道にハマル可能性が高まります。何かに心が囚われていたり、この世から逃避したいというような安易な心象ではかなり危ない道になることでしょう。気をつけて下さい。まずはこの世で精一杯、学業や仕事をこなし人生から逃避せずに片手間でヘミシンクを楽しむぶんには問題はないと思います。ヘミシンクを、どうしてもやりたい方向けに記事も書いてみました。

ヘミシンクは危険です!
ヘミシンクは危険です! パート2「幻想の罠」
ヘミシンク節約術
彼岸の時間―“意識”の人類学ベテランのマスターたちは体外離脱をどの様に活用しているのか『彼岸の時間』という本から抜粋しています。ヘミシンクでのヴィジョンとはどういう意味があるのかも分かると思います。

ヘミシンクでは人間を誑(たぶら)かそうとする霊的な存在も出てくることがあります。一応低級霊と呼んでおきますが、坂本さんもこの低級霊に誑かされたようです。低級霊はいろいろな姿形で人間を騙しますし地球外知性などと呼ばれる異性人となって出現することもあります。一応、注意して下さい。詳しくは記事を書いたので、この二つを読んでみて下さい。転ばぬ先の記事です。

宇宙人と低級霊
<善い宇宙人>と<悪い宇宙人>

例えば「禅僧」のような心(意識)を持った人であれば大丈夫でしょう。たとえば白隠禅師のような遊び心がある僧がヘミシンクをしたら人をだまそうとする低級霊を懲らしめることでしょう。そのくらいの遊び心、美輪さんのような反骨精神が必要です。

美輪さん、江原さん、木村藤子さん、本山博先生ダスカロスのような方達はヘミシンクをせずに印象やヴィジョンを受け取って即座に自分の言葉で話せる人なので霊的先導者として、そういった方達の本を読むことも大切です。
オーラの素顔 美輪明宏のいきかた
オーラの素顔 美輪明宏のいきかた
おすすめ平均
stars良質なドキュメンタリー、読んで良かった。
stars読み応えのある本です
starsとても充実した内容でよかったです
stars大満足!
stars一冊の清涼本!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
霊ナァンテコワクナイヨー
霊ナァンテコワクナイヨー
おすすめ平均
stars開運です
stars心霊好きにはもちろん、否定する方にこそ読んでいただきたいです
starsやっぱり三輪さん!!
starsもっと聞きたい!!
stars美輪さんは凄い方です!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

中国の禅僧またはヨギとの霊界での交流

 私はベッドで六時間か、それ以上、甘美に、きわめて快く眠った。めざめたとき、私の上方の離れたところに、一団の中国人が、インド人がなわらしとするように足を組み合わせて座っていた。すると、私に以下のような声があった。

「天使たちは神と神の驚くべき〔属性〕とについて彼らに賢明に語りかけ、このことを彼らは非常に喜んで、平安の静寂のうちにいます」

 ほかの者たちは彼らに近づくことができなかった。なぜなら、彼らの放っていたのは霊的‐天的な霊気(スフィア: 球形という意味です)だったからである。私がめざめたとき、その一団は引き下がった。

*訳注: 霊的‐天的な spiritual-celestial

 おもに知性的なものに関わる「霊的な」霊気と、おもに情愛的なものに関わる「天的な」霊気との、一種の中間形態を取る霊気。東洋人の霊的特性を示す特殊な言葉で、スウェーデンボルグ自身、まれにしか使用していない。

*TeruSun: もしかしたら中国人ではなく日本人かもしれないですね。

『スウェーデンボルグの霊界日記』より
チャネリングや体外離脱での「対話」や「異言」が危険だというのは、体を乗っ取る霊や接触してくる霊がどんな次元の霊だか知ったものじゃないからです。昔の日本では不可解にチャネリング状態に入る子どものことを狐憑きとよく言ったものです。チャネリングは、そういうものです。

闇のスピに対する防衛術として「似非チャネラーの選別法」も書いているので参考にして下さい。チャネリングやヘミシンクが危険なのは、そういうわけで、そういった話が知りたい方はスウェーデン生まれのアメリカ精神科医ウィックランド博士『迷える霊(スピリット)との対話』を熟読されてください。かなりな本です。
迷える霊(スピリット)との対話―スピリチュアル・カウンセリングによる精神病治療の30年
迷える霊(スピリット)との対話―スピリチュアル・カウンセリングによる精神病治療の30年 近藤 千雄

おすすめ平均
stars精神科医による30年間の除霊治療
starsもっと読まれても良い文献だと感ず
stars一大金字塔
stars“私たちそのもの” です。
stars変わらぬ人の心を鮮やかに映し出している良書。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「チャネリング」よりも「閃き」を求めなさい
「ヘミシンク」よりも仕事を「コツコツ」と励みなさい

この大切さがわかると思います。
「誰ですか、私にメッセージを送るのは!(笑)」
坂本さんの勘違いでした

楽園実現か天変地異か―2012年に何が起こるかものすごいエネルギーが高まっていたらしく、『2012人類大転換』 (ハート出版)にも書いたのだが、その日の晩、一晩眠らなくても全然大丈夫だった。
 次の日に日本に帰って来たのだが、普通はワシントン空港で寝てしまう。だがそのときは、まったく眠くない。飛行機に乗っても、エネルギーが相当体に入ってきてしまったようで、全然眠くなかった。
  これは余談になってしまうが、明け方、眠れなかったせいか幽霊がたくさん部屋に出てきた。その幽霊を救出したのだ。
 どうも後から思うと、自分が光り輝いていて、幽霊を引き寄せていたようだ。
上のフォーカスまで行ったらエネルギーをもらってしまい、それで自分が光っていたのではないかと思う。

*TeruSun: スウェーデンボルグの本で紹介されているとおり、高位の霊的エネルギーを纏(まと)った状態の人には、幽霊のような下位の存在は近寄ることもできないのです。坂本さんが話しておられる「上のフォーカス」というのは、実は「下への誤魔化し」だったのです。引き寄せの法則、類は共を呼ぶ。


『楽園実現か天変地異か 2012年に何が起こるか』より
ゴータマ・ブッダも、変性意識の危険性を知っていたのでので、それらをやんわりと否定していました。生まれながらに「死の技術」を持っていたならば、それを使えばいいですが自分で後天的にやろうとすると危険が伴なうのでしょうね。

いつか誰でも「死ぬ」のです。ですから急ぐことはないのです。だからこそ、仏陀も「今を精一杯に生きること」を大切だというようなことを、語るのです。

緑色の文字は私が読みながら心に閃いた言葉です

 気が付くと、目の前にとても高貴な存在がいた(高貴な存在と決め付けですか、無用心ですね)。暗い中にシルエットが見える程度ではっきりとはしない。ただ足首までの長いローブを着ているようだ。ローブの表面にベルベットのような光沢がある。

 その存在が、「何が見えるか」(あなたには何が見えるのか?) と聞いてきた。
「窓があって、光っているパネルが見えます」 と私は答えた。
「そうか、おまえはよく見えているようだな」 (誘導尋問のうえに、やけに偉そうですね)
 高貴な存在はそう言い、こう続けた。
「ついに、おまえに本当の歴史を言うとが来た。我が息子(My son)よ……」 (今さらですか、もったいぶる人は嫌いなのですが)
 さすがに私は驚いた。我が息子はないだろう、という感じだ。映画を見ているような気分だった。(これは映画ですね)
「こちらへ来たまえ」 と言って、彼は私の右手奥へと導いていった。
 彼はとても高貴な人なのだ。銀河系全体を統括している、いつくものI Thereクラスターのトップなのだ。それがわざわざフォーカス35まで私に会いに降りてきたらしい。
 彼に息子(確かに息子という言い方をした)が20人いて、その中の4〜5人がすごく有能なのだそうだ。
「そのうちの一人がおまえだ。もう一人はロバート・モンローだ」 (なんで僕の知らない人の名前が出てこないのか、我が父(My father)? すべてを教えよ)
 彼がそう言うのだ。
(中略)
……もうわかっていると思うが、ピラミッドを解明するのだ。それが今おまえがしなければならないことなのだ」 (いえ、私には大切な仕事があります。あなたの操り人形ではないので、本当に申し訳ないです)
 最初は、なぜ自分がそんなにすごい任務を負わなければならないのだと思ったのだが、そういうふうに言われたのでは仕方がない。

『楽園実現か天変地異か 2012年に何が起こるか』より
坂本政道さんが受けているヴィジョンは、どこか浮き足立った印象を感じてしまったのですが、正しかったようです。反対にスウェーデンボルグの「死の技術」は、熟練者の域に達している感じを受けます。彼は3日〜10日間の間、体外離脱を行い天界や地獄を見て回ったといいます。
「霊たちの世界」の居住者はこの種のことを行なう特殊な技術をもっており、もし彼らにそうした魔術の行使が許されるなら、彼らは人びとを容易に、それは奇跡だと信じ込ませるであろう。なぜなら、これらのことは物質的で形体的な対象に効果を及ぼすからである。ここから〔古代〕エジプト人の魔術が行われたのである。またこの理由で、〔聖言の〕いたるところで邪悪な術が語られている。エジプトの魔術師が行ったのはニセの奇跡であり、それは悪魔のものである……。

『スウェーデンボルグの霊界日記』より
坂本さんは、この他にも高貴な地球外知的生命体から未来のようすなどの予言を伝えています。危ない危ない。

先日も書いたけれど、ジュセリーノさんは危険な存在であるので再度こういう部分を抜粋しておきますね。参考になれば幸いです。
未来のことを知ることや予言は無益で有害である

 天使たちは未来のことを知っていない。未来のことは主のみが知っている。ただ、主がそれを啓示するに値すると考えている者は、いくらか未来のことを知っている。ある霊たちがしきりに未来のことを知ろうとしたとき、最初、私はいわば排泄物のようなものを感知した。地上の人びとの場合と同様、予見された未来から何かが真であるか否かを知りうると考える者がいたからである。しかし〔現代のような〕終末の時代においては、多くの理由があって、奇跡は起こらないし、未来のことが予言されることもない。ここではそのうちのただ一つだけの理由を掲示することが許されるからである。それで主は、〔聖書の中で〕将来のことを思いわずらうな、と語られたのである。さらに、霊たちが知りたくてたまらない未来についての知識は、彼ら自身や全体の秩序を混乱させるきわめて多くのものをふくむであろう。それゆえ、それはまた霊や天使たちを主が治める秩序に全面的に対立している。なぜなら、彼らは、彼らに許されているものを除いて、彼ら自身のものは何一つみずからに取得してはならないからである。

『スウェーデンボルグの霊界日記』より
スウェーデンボルグの「天界と地獄」
スウェーデンボルグの「天界と地獄」
おすすめ平均
stars今の日本に必要な正しい霊界思想

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この方の本とお写真を、読み「ワケもなく鳥肌が立ちました」
自己を見つめる―ほんとうの自分とは何か日本のこころ 〈神道と仏教〉

神に対する概念もなく、哲学もなく、ただ漠然とありがたいという、いかにも純粋だけれども、思想を持たないのが日本人です。

そして鏡のように、汚れのない、曇りのない、私(わたくし)のない心が日本の神さまの心ですが、その清浄な心とはどういう心なのか、どうすれば鏡のようなきれいな心になれるのか。

それをはっきりと教えてくれるものが仏教でなくてはならんと思うのであります。

山田無文

禅僧は落ち着いています。

《関連記事》
美輪明宏 江原啓之〈「オーラの泉」の真実〉
〈宇宙人〉と〈低級霊〉
邪霊をよせつけない植物

《関連リンク》
霊界本は、どのように読めばいいか!?
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2008.06.29 Sunday | Category[2]スピリチュアル:美輪明宏 | comments(4)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.09.01 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
迷える霊との対話読んだことあります。霊の存在を確信した本です。霊を否定する人に読んでもらいたい本でもあります。ヘミシンクCDとかネットで見つけましたがどうなのでしょう。リラックスとか能力開発用みたいですけど。霊感をいきなり開いてみるとどんな霊が来るのかわからないのは当然ですよね。高級霊はまず来ないといいますからね。
| オビワンさん | 2008/07/18 4:32 AM |
私はBASHARのワクワク観がすごく好きなのですが、坂本政道さんとBASHARが対談したことを受けて、坂本さんに対する信頼感が高まりました。
分裂する未来をお読みになっていれば、その感想をぜひ伺いたいです。
| BNCさん | 2009/03/22 9:26 PM |
Teru Sun こんばんわ♪
拝読させていただいて、勉強させていただいてます。

ヘミシンク使用者で霊的体験をし更に、高級霊や天使と会話が出来るという方を見かけます。
しかしながら、その方達は心霊哲学も知らず、
人の生まれてきた目的である現実を直視して日々の生活の中での、目の前にある悩みや問題を解決していくことを優先しなさいとは、全く言わず、地に足がついてないように思えます。
霊的なことばかりに人たちを向かわせようとします。
それが高次の存在と会えるような高い霊性の方とは思えないのは、私だけでしょうか?
| 愛美さん | 2009/10/22 6:53 PM |
愛美さまへ

愛美さま、こんばんは。

ヘミシンクの体験自体が、その人の人生の深みを表わすベクトルになると思います。

 「どれだけ苦しい思いをしたり、努力をしたり、精一杯生きて来たか」など。

たとえば、作家の五木寛之さんは満州で両親を亡くし、14歳で妹と弟を連れて引揚げ者として日本に帰って来たような苦労をしてきた人です。また、たとえばダライ・ラマのように中国に自国民を何十万人も虐殺された苦しみを背負って慈悲の心で生きて「生き菩薩」といわれるような広大な慈悲の心を体現している人もいます。

もし、このような大先輩方がヘミシンクをしたとしたら豊かな精神が表れるような世界を表現すると思います。純粋意識に入るかもしれません。

ですが、愛美さんのいわれるようにヘミシンクを行なって高次の存在や天使に会ったという方たちもいます。その方たちが高次の霊的存在に会えるかどうかというと、私も「会えないだろう」と思います。

この記事でも紹介していますが、美輪明宏さんも私どもでは考えられない苦労をされています。原子爆弾を体験していることもあまり知られてはいないかもしれません。ヘミシンクで高次の霊的存在に会えるのは、現実世界をシッカリと歩み、自分のすべきことを精一杯やっている方たちだと思います。

霊界は、〈あの世〉と〈この世〉も含め、すべてが「霊界」ですから、〈この世〉でまっとうな人生行路を歩んでいない方たちは〈あの世〉でも同じようなものだと思います。私がいるも挙げる霊的教師ダスカロスなどのように現実世界でも努力して生きることが最良のヘミシンクの能力を開花させる方法だと思います。

なので、愛美さんの話は間違ってはいないと思います。
| Teru Sunさん | 2009/10/22 9:25 PM |










この記事のトラックバックURL
http://teruterulog.jugem.jp/trackback/303
トラックバック
AX