プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.06.02 Sunday | Category- | -

サッカー日本代表が「霊的」に弱いワケ
個人的なことですが、私はサッカー観戦が好きです。サッカー日本代表の試合を観戦することが一番好きですが、唯一気に食わないのがユニフォームです。

今の色「青(ジャパン・ブルーなどとメディアは持てはやしていますが)」日本人の精神には向いていません。
日本人の本質に流れている精神は「冷静」です。マイナス面では「臆病」で「引っ込み思案」です。臆病な精神を持った選手が「青」を着れば、さらに臆病なプレーをするようになります。ゴール前でシュートを打たない。あまり攻撃的ではなくなります。青のユニフォームは監督(指揮官)だけが着ればいいのです。

イングランド代表 08/10 ユニフォーム アウェイ 半袖サッカーは戦いです。過去、日本では「赤のユニフォーム」を着た軍団が戦いの舞台で活躍していることをご存知だと思います。それは俗に「赤備え」と呼ばれています。赤備えの軍団は無敵の軍団と恐れられています。

それでは、イタリア代表は青のユニフォームなのに強いじゃないと言われるでしょうね。サッカー強国のイタリアなので強いのは当たり前なのですが、イタリア人の気質に「冷静」さはありません。どちらかといえば「陽気」、マイナス面では「のん気」なので青ユニフォーム「冷静」がピッタリなのです。

日本人の気質に似ているイングランド代表のユニフォーム色は「赤」「白」です。さすがな配色だと思っています(右上のユニフォーム)。

今、盛り上がっているEURO2008では拮抗している国同士の試合ではユニフォームの関係を見てしまいます。ロシアが赤を基調としたユニフォームで勝利していたりするのは、とても面白い結果ですね。
赤チームが勝率は高くなる!色に関する驚きの研究結果が明らかに
Game*Sparkより

イギリスのダラム大学が行った2004年のアテネオリンピックで行われたボクシング、テコンドー、グレコローマンスタイルレスリング及びフリースタイルレスリングの4種目の競技結果における研究でも赤を多く含むユニフォームを身につけた選手が著しい勝利を収めていると発表しています。

Manchester United
さらに前述のダラム大学と同じイギリスのプリマス大学が共同で行ったサッカーチームの試合結果に関する研究による発表でも同様に、赤いユニフォームを採用するマンチェスター・ユナイテッド、リバプール、アーセナルの3チームが常に上位にいる事は偶然ではないと発表しています。しかも同じ上記3チームの結果の中でも赤いユニフォームを着ていた試合にのみ勝率に差が生じているのだそうです。

ダラム大学のRobert Barton博士によると赤いユニフォームを着用した場合、男性ホルモンの1種であるテストステロンの分泌が通常よりも高くなっており、生物学的な反応も上がっているとの事。そして上述した心理的な気分の底上げも高い勝率の理由として挙げられています。
 Mandrill, Phoenix Zoo
さらに動物学的な側面でもマンドリルの雄などが戦う能力をアピールするために顔や臀部、外陰部において特徴的な赤い彩色を持つ事なども併せて記されています。ちなみに青い色を持つ動物は階級的な社会を持つといった特徴もあるそうです。
こういった研究結果やスピリチュアルな視点やスポーツ心理学やカラー心理学などを考慮してサッカーのユニフォームカラーを決めてもらいたいと思いました。日本は島国だから「海」の「青」とか。馬鹿な政治家みたいな決め方をしないで欲しいです。財団法人日本サッカー協会のお偉いさんが勝手に「青」と決めて、それを「ジャパン・ブルーとかいってメディアが持ち上げているんだから仕方ないですね」「お馬鹿!」。どなたか日本のサッカー関係者と親しい人がいましたら、こういったアイデアを伝えてくださーい!

日本の国旗にも深い意味があるのですから、「赤」「白」とてもいい色です。そこに「ゴールド(黄金の国ジパング)」をあしらえば最高のユニフォームになる気がします。「ゴールド」の色は、左で紹介している推薦書の表紙にも表れていますね。「赤」「白」「ゴールド」、これで色的には最強になる気がするのにな(笑)。

さてさて、日曜日はバーレーン戦です。どうなるのか楽しみです!
よくわかる色彩心理 (図解雑学)
よくわかる色彩心理 (図解雑学)山脇 惠子

おすすめ平均
starsとてもわかりやすい
stars働く女性におすすめ
starsこころの色
stars色っていろいろなんですね

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2008.06.20 Friday | Category[2]スピリチュアル:中田英寿 | comments(7)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.06.02 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
 こんばんは。
 私も同感です!
 
 ブルーでいいのは映画の賞ぐらいでしょうか?
 拉致被害者奪還のシンボル、ブルーリボンも、私はだいだい色だったらよかったのにと常々思っています。

  日本代表のあの青は、青のなかでも、とくに運動にあわない青色だと思いませんか?借り物みたいな日本人の肌色にあってない色合いなのも気になります。

 バーレーンとやるんですね、知らなかった^^;
| フーガさん | 2008/06/21 1:07 AM |
こんばんは、フーガさん。

今の代表の「青」は、ちょっと気が抜ける青ですよネェ。
発表会のとき「あっ、これダサ色だ」と思いました。

明日は夕方頃から試合開始ですよ〜♪
| テルテルさん | 2008/06/21 10:02 PM |
激しく賛成!
うちこの師匠であるインド人の先生は、日本人の不思議なところとして「日本人はアカマル(日の丸のことです・・・)好きネ! ごはんまでアカマルにするネ!(日の丸弁当ですね)」ということを言っていたのですが、チェコのユニホームみたいに赤の水玉にしちゃったらいいと思うんですね。ミニーマウスみたいにかわいすぎてダメかしら。
| うちこさん | 2008/06/27 1:39 AM |
こんばんは、うちこさん。

インド人の先生にとって「アカマル」は不思議な日本人の趣向なんですね。なんかとっても笑える日本人です。チェコのユニって水玉でしたっけ?(汗) 
| テルテルさん | 2008/06/28 1:51 AM |
チェコのユニや、ミルコ・クロコップ(チェコの格闘家)のブリーフは、赤白の市松で国旗デザインがあしらわれているんです。すごく国家意識が高いなぁ、って思います。
| うちこさん | 2008/06/28 10:59 PM |
うちこさん、なるほど。ミルコのパンツですね!
そういうの、サッカーだとクロアチアのがそれっぽいですね。
ナショナリスト(国家意識)ってスポーツのときには大切ですよね。
| 輝々さん | 2008/06/29 12:20 AM |
ごめんなさい! クロアチアの間違い。クロアチアのことですー。
(飲み屋でスロバキアとクロアチアの話をしていた後で、なぜかこのときチェコと書いていたようです。酔っ払ってました。ゴメンナサイ ^^;)
| うちこさん | 2008/06/29 8:02 PM |










この記事のトラックバックURL
http://teruterulog.jugem.jp/trackback/299
トラックバック
AX