プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.06.02 Sunday | Category- | -

嘘に流されるセカイ運動
嘘のセカイ運動に気づいているかそうでないか。俯瞰(ふかん)視点で、その「セカイ運動」をみれば誰でも気づき、新たな生き方を見つけることができると思います。

嘘のセカイ運動に共感してダマされていることも知らずに運動しちゃっている人は世界中にいます。映画みたいなものにもなって本も売れたらしいです。それもやはりアメリカなどの欧米からの大きな流れです。
このセカイ運動は、ほとんど無意味だといえます。人の力で止めることはできないでしょう。或るアメリカ先住民のメディスンマンは、こう言いきります。

マザーアース(母なる地球)は人の世話になるような
そんなヤワな女じゃない

ローリング・サンダー
ローリング・サンダー―メディスン・パワーの探究

欧米人は地球を変えようとします。
山を「制覇するもの」だと考えます。

先住民は地球と共に生きようとします。
山を「畏れ敬うもの」だと考えます。


アメリカ先住民も私たちの先祖日本先住民も山や大地、自然を「畏れ敬い」、いたるところに聖なる領域、「聖域」をつくり「社」「祠」をつくり、母なる大地、母なる土地をたてまつりました。人は自然に生かされているというふうに考えていました。

アメリカ先住民ナバホ族が代々「絶対に掘ってはいけない」と守ってきた山を開拓者は掘りました。そこからはウラニウムが採掘され、そのウラニウムの採掘に労働者として駆り出されたナバホ族の命が失われました。2008年現在でも放射能被爆によって多くのお年寄りが苦しんでいます。ウランから造られた殺戮兵器によって広島・長崎の多数の命が失われました。

欧米人は今でも地球は自分たちの力で変わるものだと信じています。

残念ながら… 変えられません。

不都合な真実 ECO入門編 地球温暖化の危機
不都合な真実 ECO入門編 地球温暖化の危機枝廣淳子

おすすめ平均
starsシンプルにわかりやすい
starsノーベル賞をとらせたウソ八百
stars立ち読みでも簡単読みきれます。
starsエコ入門に最適の本!!
stars小型本では全容は全く伝えきれない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
いにしえの時代、海水面は今よりもずいぶんと高かったことを、みなさんもご存じだと思います。私の父の実家は神奈川県の内陸部にありますが、その付近から縄文式土器や貝塚が多く出土しています。海抜30メートルくらいの土地ですが「海の傍(そば)」のような日本語の意味の地名です。いにしえの地球は、それだけ海面が高かったということだけです。将来じわじわと海面は上昇します。ウォーターフロントの高級マンションだけは買うのをやめておいた方が良いでしょう。海中に沈みます。

海面上昇のシュミレーションは15mまで可能です。
玄孫のために土地を購入される方は検索してみては(笑)。
http://flood.firetree.net/
人類滅亡を回避せよ 〜2075年 地球温暖化のシナリオ〜

地球温暖化による海面上昇は人の力ではどうにもなりません。そのサイクルが大規模な人類活動で早く回ってきただけです。ネシアの民たちには申し訳ないですが、他の国に逃げてもらうしかありません。いつかは来る地球のサイクルです。

それでは、この事実を知ってあなたはどう生きますか。
それが本当の
エコロジーです。
ウソエコ活動家は、企業の販促活動の餌食です。要はエコオナニー(自己満足)です。他の人に与えられた価値観を植えつけえられ(洗脳)、 踊らされ子供じみて見えます。アメリカ、中国、インド、人口超大国が石炭、石油をバンバン使います。二酸化炭素削減目標など嘘で固められた目標を立てて誰が守るのか。

「我が大日本帝国海軍が米海軍を殲滅せしめた!」
「二酸化炭素の排出削減目標を達成しました!」

もし、こんな話題がでたら嘘の香りがプンプンします。戦中の日本を感じます。「これでエコ」「あれでエコ」「こちらエコスタイル」、はぁ… 嘘の香りが世界充満中です。

大河の一滴
大河の一滴
地球温暖化&海面上昇は止められません。
では、それを知ったうえで、あなたはどう生きますか。とても大切な生きかたの原点です。あなたの本領を発揮できるとても恵まれた環境です。あなたの生きかたが問われる時代です。五木寛之さんの『大河の一滴』を読んで、こんな記事が浮かびました。
みなさんがんばりましょう!

いつでも、あなたの信じる存在に感謝してみてください






最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2008.06.05 Thursday | Category[2]スピリチュアル:中田英寿 | comments(4)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.06.02 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
テルテルさん、はじめまして、こんにちは。
僕は神戸に住む、平井政之と申します。
いま24歳のフリーターです。

さきほど、詩人ルーミーについて調べものをしていて
こちらのブログにたどり着きました。

全体の記事をざっと読ませていただきましたが、
とてもバランスのとれた思想をお持ちですね。

僕はこの一年ほど、
人生を悟りたくていろいろと勉強してきたのですが、
最近ようやく人生を悟りました。
結局のところ、謙虚さと思いやりをもって
毎日を誠実に生きるしかないのだと・・・。
いまはそれを、日々実践しているところです。

今回こうしてコメントを書かせていただいたのは、
テルテルさんに一言お礼が言いたかったからです。

僕はこのブログを読ませていただいて
「人生について真面目に考えている方が
自分以外にもちゃんといるのだなぁ」と
すごく勇気づけられました。
テルテルさん、すばらしいブログを書いてくださり
本当にありがとうございます。

そして、長いコメントを最後まで読んでくださり
本当にありがとうございました。
| 平井政之さん | 2008/06/06 1:36 AM |
はじめまして、平井政之さま。
とても丁寧で飾らない平井さまの気持ちが表れているような
素晴らしいメッセージを、わざわざ書いてくださりありがとうございます。

詩人ルーミーさんから、こちらにたどり着いたと。
ルーミーさんの縁で僕もひょんな出会いを経験したりしましたが
平井さまとの出会いもルーミーさんですか、ありがとうございます。

> とてもバランスのとれた思想をお持ちですね。

いやぁ、こう見せていますがバランスを保つのは大変ですね。
中立は世界にあり得ないので左右に重心を移動させながら綱渡りです。

> 最近ようやく人生を悟りました。
> 結局のところ、謙虚さと思いやりをもって
> 毎日を誠実に生きるしかないのだと・・・。

そうですね。とても単純なことですが、僕もそう思います。
あと最近加えたいことが「自己愛」「感謝」です。
自分を愛せない人は他人を愛せない。思いやりも持てない。
生きることに感謝できない人は、どんなささいなことにでも絶望します。
たぶん、この2つをプラスすると良いかななんて感じています。

こちらこそ、とても率直なコメントをいただけて正直嬉しいです。
また機会があれば、どうぞコメントなさってください。
ルーミーさんの話などでも面白いですね。
『神秘と詩の思想家メヴラーナ』もおすすめです。読まれたかな。
訳者の西田さんのサイトもご紹介しておきますね。
http://www.levha.net/

左に推薦本がありますが。
『メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道』
『<神道>のこころ』などが平井さまにはおすすめです。
| テルテルさん | 2008/06/06 9:45 PM |
平井さまへ付け足し。

『メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道』に登場する
実在するおじいさんがいるのですが。

その人はルーミーさんのような人柄のおじいさんなので
僕は愛着を持って「おやじ」呼ばわりしていますが、
とても魅力的なおじいさんです。
平井さまが興味を抱いているスーフィーたちとも仲が良かった
キプロスの賢者と呼ばれている人です。
| テルテルさん | 2008/06/06 10:39 PM |
テルテルさま、
丁寧なお返事ありがとうございます。

おすすめいただいた本、
どれもまだ読んだことがなかったので
ぜひ読んでみますね。

>あと最近加えたいことが「自己愛」「感謝」です。
>自分を愛せない人は他人を愛せない。思いやりも持てない。
>生きることに感謝できない人は、どんなささいなことにでも絶望します。

僕もその通りだと思います。
いまこの世に生きているという大前提がなければ、
お金も仕事も意味をなしませんものね。

そういえば、昨日テレビを観ていたら
宮崎駿さんの「風の谷のナウシカ」が放送されていました。
やはりナウシカのように、みずから行動を起こさなければ
世界は変わらないのだと思います。

というわけで、僕もナウシカを見習って
日々精進してゆきます。
| 平井政之さん | 2008/06/07 10:19 AM |










この記事のトラックバックURL
http://teruterulog.jugem.jp/trackback/289
トラックバック
AX