プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.06.02 Sunday | Category- | -

「ア・コース・イン・ミラクルズ」から得られるもの
A COURSE IN MIRACLES奇跡のコース(A COURSE IN MIRACLES)の記事ですが、はじめに大切な流れを説明してみようと思います。この著作は2009年にナチュラルスピリットから発刊することが決まっているようですが、その触りは『愛への帰還―光への道』(太陽出版刊)に目を通すとわかります。「奇跡のコース(ACIM)」に興味がないかたにも参考になる情報ですので、ぜひ読んで欲しいと思います。

近頃、美輪明宏さんがテレビ番組『オーラの泉』のなかで日本の素晴らしさや日本で生きること(仕事をすること)の大切さをゲストの皆さんに語っていることが増えているように感じます。美輪さんがスピリチュアル(霊的にも)日本を強調するのはなぜなのか。

一つ分かっていることは、日本は霊的真理についての教えが諸外国に比べて現代でも豊富に残っており、私たちの生活のなかにふんだんに溶け込んでいるということ。それを細かくあげると、日本先住民たちが行っていた「シャーマニズム」、「アミニズム」と呼ばれているものを融合した「神道(しんとう)」。インドの仏陀が悟りを開き、その後に生まれた「仏教」。派生的に生まれた「密教」。中国から伝わる「道教(タオイズム)」、「陰陽道(おんみょうどう)」、儒家たちがまとめた「儒教」などです。

スターピープル・フォー・アセンション―新しい時代を生きるためのスピリチュアル・マガジン (Vol.22(2007Summer))ここでやっとア・コース・イン・ミラクルズ(ACIM)の話にもどします。このACIMがスピリチュアル雑誌スターピープルに取り上げられました。キャッチフレーズは雑誌の紹介画像にあるとおりで「ゆるしとは?」「愛とは?」「奇跡とは?」「キリスト教も仏教も越えた。その内容とは?」とあって、なかなか興味深そうに感じますよね。

ACIMはセム語派系統のキリスト教、ユダヤ教、イスラム教の欧米人には、とても新鮮に感じる教えだと思いました。私たち日本人に馴染みのある仏教(顕教)の教えも越えているかもしれません。

でも、日本にはACIMをも越えている教えはあったんです。たぶん、皆さんも一度は聞いたことがあるかもしれません。空海の教えです。空海の密教哲学書といえる著作秘密曼荼羅十住心論(ひみつまんだらじゅうじゅうしんろん)に、そのことが書いてあります。ACIMは、空海の教えの半分にも満たないところまでしか語られていません。

ACIMのメッセージはキリスト意識をチャネリングによって伝えてられたとありましたが、それを聞いてとても残念に思いました。私はクリスチャンではありませんがキリスト・イエスを尊敬しているからです。

「ACIMの次元」は「空海の教えの次元」よりも低いのか

と正直落胆しました。ACIMの教えは「第六住心―他縁大乗心(たえんだいじょうしん)」あたりのことを述べているだけです。空海はキリスト・イエスを越えた存在だったといえてしまうので、ACIMの面目を保つためにもキリスト意識とは切り離して考えています。

ACIMは欧米人のための密教哲学入門書
密教哲学を知らない日本人のための入門書

こういう風に説明するとわかりやすいと思います。

隣りの芝は青く見える
欧米のスピリチュアル本は良く見える

日本に古来から根付いてきた教えや、日本の空海や白隠などの教えから十分に摂取できることを日本人は忘れてきているのではないかと思います。

霊ナァンテコワクナイヨー美輪さんが「日本人の心」を大切にすることなどを述べているのは、そういう深い意味もあると感じます。私は日本に生まれたことをありがたいと思います。これだけの偉人たちを輩出している日本のスピリチュアリティ(精神性)は世界に誇れるものだからです。日本の良さを知らない日本人は欧米では認められない傾向があるそうです。逆に欧米人はスピリチュアル世界の超人・空海のことを知らないのではないでしょうか。もっと日本のことを知ったほうがいいです。

横文字(アルファベット)で「A COURSE IN MIRACLESを学んでいます」って言うとかっこよさ気に聞こえますけどね。「秘密曼荼羅十住心論を学んでいます」っていうと「合掌、ご苦労様です!」と言われそうですかね(笑)。チャネリングを行った無神論者だという博士たちも空海の本を読んで学んだのかもしれません。

世界一のヒーラーとして知られているダスカロスも密教系のお人で空海のように幼いころにサンスクリット語を読めたらしいですから、空海の理論体系と似たようなことをキリスト教秘教エソテリック・ティーチング(ナチュラルスピリット刊)として教えていましたね。

空海の『十住心論』を読む
空海の『十住心論』を読む岡野 守也

大法輪閣 2005-03
売り上げランキング : 236318


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
エソテリック・ティーチング―キリストの内なる智恵 秘儀的な教え
エソテリック・ティーチング―キリストの内なる智恵 秘儀的な教えダスカロス Daskalos 須々木 光誦

おすすめ平均
starsたいへん濃密な1冊
stars世界の真実在

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
私にとっては当たり前に理解していた“ちっぽけなスピリチュアル雑学”を書いても誰の損にもならないと思いましたので記事にしてみました。 最後まで読んでくれてありがとう。

いつでも、あなたの信じる存在に感謝してください。
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2008.05.17 Saturday | Category[2]スピリチュアル:ACIM(奇跡のコース) | comments(2)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.06.02 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
テルテルさん、こんにちは。
全国各地でお大師さん、と親しまれ、「弘法も筆のあやまり」ということわざにもなっている空海さんについては、もっともっと小学校から教育に取り入れて欲しいですよね。
うちこはちょうど小学生の時に北大路欣也の映画で知ることができましたが(今年3月末に念願のDVD化!)、強く思うこころのすばらしさを学ぶには、日本の偉人では空海さんがいちばん多方向に影響をあたえる好題材だと思います。
| うちこさん | 2008/05/19 1:16 AM |
どうも、うちこさん。コメントまでありがとうございます。
大師さんのお話は全国各地にありますよね。
本当にもっと教育に取り入れてもいい人だと思います。

空海さんの話はあらゆる分野で
超人的な活動を残していることもありますしね。
| テルテルさん | 2008/05/19 11:23 PM |










この記事のトラックバックURL
http://teruterulog.jugem.jp/trackback/280
トラックバック
AX