プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.06.02 Sunday | Category- | -

気魂(きこん)
「極微の超波動粒子には、それ自体、善も悪もなく、無明から発する煩悩と結合して、悪微粒子として、空間に漂うことになるのである。それゆえにこそ、敏感な神秘経験者(霊感者)は、不浄の邪気を、具体的に粘着性のある重い波動として感受するのである」

「人間の迷い心は悪霊(悪気・悪魂)を創造する、その悪霊は汚いものに付着したり、暗い光の無い場所に漂いついて存在するのである。悪霊が生物のごとく錯覚される、このサタン存在思想は、あたかもレコードのテープのごとく、空間の超物質にレコードされるからである。そのレコードを再生するものは、同波長の人間である。」

「気魂というものは実体(気迫)を持たないのである。すなわち、人間が思念を凝らしたとき発生するものだからである」

「気魂に、正邪があるのは、このためである。人間の思念には正と邪があるもので、その邪念を凝固させて放射すれば、邪念の気魂が流出する。」

「邪気の多い家とか土地には、この邪気の気魂が渦巻いているのである。しかも、邪気は、死霊となった邪人の霊に憑依したがるものである。」

「気魂には善気によって現出したものもある。この善気の気魂は善人に憑依して働くのである」

「物体には善悪はない。しかし、邪気が憑(よ)れば邪となり、聖が憑れば聖別される。不浄物(生命活動の無い物)には邪が憑りやすく、清浄な品物には聖は憑りやすいのである」

「この気魂の存在時間は生命を持たぬ無意識体であるから、放っておけば半永久的に存在する」
≪おそらく同義語≫
エレメンタル

≪引用文献≫
1. 山蔭基央 『ヨガと神道』 霞ヶ関書房
2. 山蔭基央 『神道の現代的解義』 霞ヶ関書房
3. 山蔭基央 『己貴秘伝』 霞ヶ関書房

最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2000.01.01 Saturday | Category[2]スピリチュアル:用語解説 | comments(0)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.06.02 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます










AX