プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
霊的に「性風俗」や「援助交際」が危険なわけ
この記事は江原啓之さんや美輪明宏さんのご本を参考にしながら構成しています。そのぶん、とてもわかりやすくなったかなと思います。

なぜ性風俗で働くことや遊ぶこと、援助交際、オーラルセックスが「イケナイ」ものだといわれているのか。

若い親御さん、もしあなただったら子供たちに話してあげることができるでしょうか。子供たちのあたまのなかには多くの「なぜ」が詰まっています。これを解消してあげないと、その道に歩みをすすめてしまうかもしれませんよね。

「スピリチュアルラボ」ですから霊的な面から、その「なぜ」のヒントになる記事を話そうと思います。ひとりひとり感じ方は違うと思いますが参考になれば幸いです。

いきなりですが、性風俗で働いたり、遊んだり、援助交際、オーラルセックスをされてた経験はありますか?

性風俗で働いたり遊んだり、援助交際、オーラルセックスをすると、よく「穢れる(けがれる)」「罪(つみ)」だと言う人がいますね。この漢字通りに考えれば“キリスト教の教え”のように「大罪」になるでしょうね。でも、霊的な面から「日本人の心の道」や「霊学」から考えると違います。

そういった行動は、その人たちにとって、とてもマイナスになるものだから「やめた方がいいよ」ということなんですよね。「やるのはご勝手にどうぞ。でも、とてもマイナスだよ」ということなんです。なぜ、とてもマイナスなのか。
これはとてもシンプルです。

風俗依存症―私が本当の居場所を見つけるまで「HIVやクラミジアなどの病気が感染(うつる)からダメなんだよ」と世間的にも親御さんたちは言っていますよね。甘い甘い!
「じゃあ、性感染予防すればいいじゃん」と反抗するでしょう(笑)。

そうではない!
けれど、そういった知識も必要ですので、こういったサイトさまもご利用ください。
● おりものと女性の健康 |性感染症とは

人間は霊的な存在。無意識に相手に「波動」や「オーラ」、「気」などと呼ばれている影響を与えます。それは無意識的にです。影響を“与えない”、“受けない” ことは不可能です。手も触れず話もしない相手から“気”の影響を受ける。

コンドームをしたって効果はゼロですよ!

性行為やオーラルセックス、抱き合うことで“気”のレゾナント(共鳴)、融合が行われます。簡単に言えば「補い合い」。言葉はキレイですが、これどういうことか説明しますよ。

「白」+「黒」÷2=「灰色」

オーラの色で言えば、このシンプルさです。

お手持ちの画像編集ソフトを使っても試せます。私はPhotoshopで例えを示してみせます。これはRGBの数値を使って行います。

淡いピンク色は性風俗で働くやさしい女性。
ドス黒い赤色は情欲激しい男性客。

R, G, Bをそれぞれ足して2で割る。これがレゾナントの公式です。サービス後の女性のオーラカラーが一番右側の何とも言えないくすんだピンクです。

どんどんどんどん、知らずしらずのうちにくすんでいってしまうんですね。
これは単純に1色ですが人間のオーラは7色というか多色であるそうなので更に複雑に色がくすんでゆくんでしょう。

性風俗に通う男性、働く女性。どんな気持ちでなのか。
女性ですから「慈愛」は誰でも持ち合わせています。
人間ですから、心の奥底まで気がくすんだ人がいるわけはありません。

「神道」のこころお金を頂いて行為をすれば、その相手の“何か”も受け入れることになる。「気功師」や「ヒーラー」が気功療法加持(かじ)で患者の“何か”を受けてドッと疲れてしまうのと同じ。下手をしたら病気にさえなる。

それを「けがれる(気枯れる)」と神道ではいうんですね。

神様からもらった“光り輝く気”を暗くしてしまう、「気を枯らせてしまう行為」。その身を暗い気で包みこんでしまうのが「つみ(包む身)」といわれているんです。

お母さんが子供を抱っこしたりしますね。子供はお母さんに抱っこされると、その「補い合い」を心と身体で受けるんですね。だから昔のお母さんは子供を抱っこしたり、抱いてあげる。自然に身についた母性の癒しなんです。未熟児が生まれた場合、母親に抱かせて育てると、その子供は母親から離して育てた子供より発育が良いなどの傾向もあるくらいです。


それだけでなく、目に見えないストーカー被害にも遭います。

もし好かれてしまったら、その人からは「気魂(きこん)」がでます。色情霊などと言われたりしていますね。あなたに寄り憑く暗い気の渦(うず)です。そのような暗い気の渦は、都会では「死霊(あんまりよろしくない霊)」、自然がある場所では「もののけ(こちらも低級な自然霊)」などを呼び込みます。もう「負の連鎖」ですよ。

日本のオーラ 天国からの視点本当は輝けるオーラを持っている女性。風俗で働く女性でもキレイなオーラを持った方が多いそうです。でも、そのいい運命、オーラを持っているのに、それがくすんでしまう。もったいない!

“気”がくすむと、知らず知らずのうちにそのマイナスの “気”に見合った異性を引き寄せ(引き寄せの法則)、好きになってしまう。お金だけは稼げたけど(あぶく銭)、その後は輝けなかったり。
とても勧められるものではないんですよね。

神道の神秘―古神道の思想と行法ちょっとした解消法もありますが、本気でやらなければ無駄ですから。でも、一応書いておきますね。これではない方法などは美輪さんのご本にも書いてあります。
早朝(午前6時頃)に起床して朝日を浴びる、できるかぎり“プラスの気”を取り入れる。沐浴をするバスルームで水のシャワーでも構わない。それが神道でいう「禊(みそぎ)」。キリスト教的にいえばヨハネがイエスにした「水による洗礼」

もし男性のお客さん、援助交際の男性がイエスやブッダのように金白色に輝くオーラを身にまとった人ならば、その女性は何もせずに「聖別」されることでしょうが、そんな男性はお客に来ませんよね?

イエスさんは娼婦だといわれているマグダラのマリアさんの家に泊まったそうです。何をしていたのか、弟子たちでも眉をひそめたそうです。
「娼婦の家に泊まるなんて、マスターはどうされたのか!」
イエスさんにとって「そんなの関係ねぇ」です(笑)。慈悲ある人のオーラ。その後、マグダラのマリアさんはイエスさんが処刑されるまで付き添ったといわれています。

イエスさんから、それくらいプラスのオーラを受けてしまった!

もう、そのマリアさんも自分が輝かずにはいられなかった。

今はマグダラのマリアさんでも遅くはありません。

“光り輝ける道”に
「人の道」「仏の道」「神の道」にもどりましょう。

これからの人生、文化、日本を創るのは母親となる女性たちです。

さてさて、こんなところです。いろいろ書き過ぎましたかね。
先日は「スピリチュアルなセックス」という記事を書きました。そちらも参考にされてください。参考文献は紹介している本です。その他に宇梶さんが美輪さんとの出会いで人生が180度変わったとテレビ番組で話しているのを聞いた話も参考にしています。

長い記事を最後まで読んでくれてありがとね!
*この記事はセクシャルな内容を含んでいるので、コメントの際はどんな方でもコメントしやすいように「偽のハンドルネーム」でも構わないこととします。

≪参考文献≫
1. 葉室頼昭 『〈神道〉のこころ』 春秋社
2. 江原啓之 『日本のオーラ―天国の視点』 新潮社
3. 山蔭基央 『神道の神秘―古神道の思想と行法』 春秋社
4. 美輪明宏 『霊ナァンテコワクナイヨー』 パルコ出版
5. Kyriacos C. Markides 『メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道』 太陽出版
6. 山蔭基央 『己貴秘伝』 霞ヶ関書房

≪参考番組≫
1. 『オーラの泉』 テレビ朝日

≪関連記事≫
1. スピリチュアルなセックス
2. スピリチュアルと性欲

最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2008.04.05 Saturday | Category[2]スピリチュアル:性とスピリチュアル | comments(16)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2017.10.29 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
さっそく第2弾を書かれたんですね〜(^^) またまたとってもお勉強になりました。

風俗・援助交際等は道徳的な観念からいけないんだ、としか思ってませんでしたし、
オーラルなものがいけないとも存じませんでした!

マグダラのマリアのお話もすごいですね。「ダヴィンチ・コード」を読むまで
彼女の存在すらよく知らなかったんですが、興味深いエピソードですね〜。
| Otraさん | 2008/04/12 11:16 AM |
どうも、Otraさん。

第2弾書きましたよー! まだまだ続く予定です。
セクシャルな面はできる限りつまびらかに表現した方がいいと思っています。
霊的な面から理解すると、今まで見えてなかった部分があったりします。

マグダラのマリアの逸話は、たとえ話か作り話か事実はわからないですが。
その話のなかに含まれているものは素晴らしいので紹介してみました。
| テルテルさん | 2008/04/12 4:30 PM |
最近風俗のお仕事を辞めました。お仕事は大好きで充実した時間を過ごしていましたが、元々スピリチュアルの世界に興味を持っていたので、やはりお客様から受ける気や狂っていく自分の波動や物事の流れが怖くて、腕には常に天然石のブレスレットをお守りとして身につけていました。少しは助けになってくれているような気はしてましたが、自身のお仕事に対する後ろめたさや不安は大きく、そんな中でのお守り…多分最大限の効果は発揮できてなかったと思います。理由があって働いていましたが、本来のカラダの使い方はこんなんじゃない、こんなことをするために得た肉体じゃないと、思いながら働いていました。負の連鎖で、お仕事を始めてからプライベートで色々問題が起こりました。自身の心も以前より尖って、余裕がなくなりました。今は金銭的な余裕はなくなりましたが、心が穏やかになりました。書きたいことがありすぎて、支離滅裂でごめんなさい。気になっていたことを改めてここで読ませて頂き辞めるキッカケのひとつになりました。ありがとうございました。また遊びにきます。天然石も何だか最近以前より元気に新たな生活を応援してくれているように思います。これで良かったんだと。
| りなさん | 2008/08/25 10:36 PM |
どうも、りなさま。

このようなスピリチュアルブログですがコメント下さってありがとうございます。風俗の仕事を辞められたのですね。

でも、充実した仕事をされていたのならば、その期間のことは後になって考えたら「いい想い出」になるかもしれません。

こんな記事を書いている私ですが以前は小悪党(?)でしたから、それも道の一つだったんだなと思えます。小悪党といえば私が尊敬するアメリカ先住民のメディスンマン(精神的指導者)のレイム・ディアーという爺さんも、若い時は“かなりなワル”だったようで、そんな話もありますから。りなさんのそれまでの生き方は否定されない方がいいとおもいます。それも必要な道だったと肯定するほうが健康的かもです。

天然石もいいらしいですね。話によると、天然石は人の念を吸収しやすいそうですから、日々りなさんのプラスの念「毎日楽しい」とかを込めるのがいいらしいですが。最近わかったことは、自分のハートに念を込めることが最高に良いみたいです。安っぽくいうと自分の生きかたに「感謝」をすることらしいんですが。

こちらのブログ、ケータイかパソコンで、こちらを読まれているか分かりませんが、ケータイですとオススメ本や画像が見られないらしいので。パソコンで左に紹介しているおすすめスピ本など参考になれば幸いです。

こちらこそ、どうも丁寧なコメントありがとうございます。いつもで気軽にコメントどうぞ。
| 輝々さん | 2008/08/25 11:48 PM |
はじめまして。
スピリチュアルな世界は元々好きでしたが、性との関係以前から気になってました。
ふと思いつこちらのページにたどり着きました。
色々本も読みますが、今まで目にした事はありませんでした。
風俗、、今まで結構いってました。彼女も居ないので。

お金を対価にすることが問題なわけですね。
他人に迷惑を掛けてるわけではないので霊的にそれほどマイナスな事だとは認識してなかったのでかなりショックでした。(とは言ったものの欲求の赴くままに批判的な考えを無意識に避けてたのかもしれません)

でも、心の奥底では止めるきっかけを探していたようにも感じています。
テルさん感謝いたします。
これを機会に風俗止める決心が付きました。
現在大きな問題は抱えてるわけではありませんが、止められればまた一つ変われるような気もしています。

一つ教えてください。
浄化の方法が書かれている美輪さんの本は 『霊ナァンテコワクナイヨー』 でよろしかったですか?
ご返答いただけたら嬉しいです。
どうかよろしくお願いしますm(_ _)m
| ゆうさん | 2009/01/23 12:13 PM |
どうもはじめまして、ゆうさん。

ゆうさんは霊的な世界観がお好きだったんですね。僕の場合は、幼いころは違いましたが高学年くらいから擦れてしまって青年になる頃には、すっかりと否定論者の仲間になっていました。

金銭のやり取りだけではない他の要因もあるようですが、そこまではシックス・センスを持たないので分かりません。ただ、全体として日本の神道系の呪術をする方たちの総合的は話を元にすると、「不倫」は「血を汚す」といわれています。

ユダヤやキリストの世界でも「姦淫」というのは、ふしだらなセックスのことを言うようです。それが「風俗」ともいえます。イスラエルでも昔から娼婦はいましたから。

でもユダヤ教のカバラー(ハシディズム)、神道でも〈夫婦間〉の創造的なセックスは、神への道を歩むための一つのものだといわれています。セックスを悪とするのは、ローマ・カトリック(パウロの宗教)のようなものです

> 他人に迷惑を掛けてるわけではないので

これは、お互いにとって知らずに迷惑を掛け合っていると考えることも出来るんですよね。風俗嬢の女性にお金を支払ってはいるけれど、目に見えない迷惑、後々まで続く何かを与えている可能性も捨て切れません。と、僕は考えてしまいます。

> これを機会に風俗止める決心が付きました。
> 現在大きな問題は抱えてるわけではありませんが
> 止められればまた一つ変われるような気もしています。

気持ちに余裕ができれば、無理せずにやめることもできると思いますよ。タバコや飲酒と同じだと考えても良いかもしれません。繁華街の風俗街という場所も、そういう意識(霊)が充満しているといわれていますよね。

浄化の方法は実践的な修験神道家の「神道の神秘」に書かれています。僕的には「神道のこころ」と「メッセンジャー」と「エソテリック・ティーチング」読めば、ゆうさん一人で、誰の頼りもアドバイスもなくゆけると思うので、誰にでもおすすめしています。

もしよければ、この4冊を読んで頂ければと!

僕の感じでは、日本の〈神道〉というのは世界に誇れる霊的実践(生き方)だと思います。実は美輪明宏さんも民間神道の巫女系呪術者に師事して霊的力に磨きをかけたといわれています。その話は「オーラの素顔 美輪明宏の生き方」に書かれています。そちらも、よければ色々な話が読めます。
| Teru Sunさん | 2009/01/23 10:36 PM |
早速のレス、そしてとても詳しく丁寧な説明に感謝いたしますm(_ _)m

>これは、お互いにとって知らずに迷惑を掛け合っていると考えることも出来るんですよね。

確かに、気持ちの置き忘れ、逆に受け取ってしまったものがあるということですね。

「メッセンジャー」は注文してあったものが本日届きました。
後のものも早速注文しました。
色々お教え頂きありがとうございます。

もしエドガー・ケイシー、エンリケ・バリオス、エリザベス・キューブラー・ロスさんなどについて見解があればお伺いしたいです。もし触れられている記事があればどのあたりか教えていただけると嬉しいです。

今、他のページも読ませていただいております。
私が言うのもなんですがとてもセンスの良さを感じます。
今まで疑問に思っていたことがいくつか解消されました。

「人より早く悟りたい人」って陥りやすいように思います。
これも欲だということを意識しないといけないし、そこに付け込む商売には気をつけないといけませんね。
| ゆうさん | 2009/01/24 11:13 AM |
ゆうさん

エドガー・ケイシー、エンリケ・バリオスについては記事のなかで語っている部分はあります。記憶がありましたが検索した結果、書いていました。キューブラー・ロスの場合は、かねがね問題ないというか読んで夢想させるようなものではないので触れたことも紹介したこともないかと思います。

左欄の下段に「検索」というものが用意されているので、そこから検索をかけてください。このブログ全体の記事から検索を行うことができます。

ただ、あらかじめ断わっておくと僕の姿勢はとても厳しいです。浮ついたものは「それって、どうかと?」という立場なので、エンリケ・バリオスについてはとても厳しいです。ゆうさんなりに捉えてもらえればと思います。

> 私が言うのもなんですがとてもセンスの良さを感じます。

ありがとうございます。硬い時と柔らかい時の人格の違いなどもあると思います。「純真な男の子の自分」と「レイム・ディアー爺さんのような自分」が共存しているのが、僕だと俯瞰視点で客観視しています。現実として、風俗好きでスピリチュアル好きの友人も実はいます(笑)。ゆうさんにもレイム・ディアー爺さんの話は良いかもしれません。「レイム・ディアー ヴィジョンを求める者」です。かなり破天荒なアメリカ先住民のメディスンマン(呪術師&精神的指導者)です。

> 「人より早く悟りたい人」って陥りやすいように思います。

そうだと思います。ただ、気をつけなければいけないのは道元さんも言っていることですが「覚りたいと思わなくてもいいや」と思って投げやりでもダメ。人より先に覚りたい」と願ってもダメ。だそうです。なかなかです。
| Teru Sunさん | 2009/01/24 12:00 PM |
早速のご返答ありがとうございます。

検索できるんですね、失礼しました。
jugemの検索しか目に入りませんでした^^;

まだ読み始めたばかりですが、ダスカロス良いですね。最初専門用語が多く読みづらく感じましたが、読み進めて慣れてくると逆でした。とても詳しく分かりやすく書かれていますね!グングン惹きこまれる感じで、今まで漠然といていたものへの理解も深められそうです。
お奨めの「レイム・ディアー ヴィジョンを求める者」も是非読もうと思います。

色々ページも拝見させていただいてます。、実は最近ちょっとフワフワしていたのですが、浮つかず冷静な目を養う機会を与えてくださり感謝です。地に足を着け、まさしく「今を精一杯生きること」が大事だと再認識させられました。

また何か質問させていただくかもしれませんが、そのときはよろしくお願いします。
本当にありがとうございました。
| ゆうさん | 2009/01/24 11:15 PM |
こんばんわ、このblogを見て、質問したいことがあります。私も十代のときに、援助交際を、していました。
17歳で立ち直り、まともな世界で、ちゃんと、働くようになりました。男の汚さや、自分の汚さに後悔しています。今27なんですけど、男の汚さ、自分はもう汚れてると思ったりしてりで、男性とは十年は付き合ってません。十代のときの過ちやオーラの汚れはもうなくなっているのでしょうか?

| ひろなさん | 2014/11/14 12:46 AM |
ひろなさん

援助交際の経験は良い方にも悪い方にも「カルマ」として残ると言われているのでオーラ(心や意識の現れ)の淀みはなくなっているかもしれませんが、カルマだけは変えられないです。
オーラやカルマの話は以下の本を読んで簡単に理解できると思います。
・眠れる予言者エドガー・ケイシー―あなたの魂をみがくスピリチュアル・メッセージ
| Teru Sunさん | 2014/11/15 9:22 AM |

お返事ありがとうございます。

援助交際っていっても、実際は売春ですもんね。お金と引き換えに自分の純粋さを、捨ててるのと同じと思います。
早速本を読んでみたいと思います。
援助交際といっても、実際は売春ですよね。お金もらっても、自分が汚れるって、すごくわかります。

こちらのblogにたどりつけて、よかったです。ありがとうございます。
| ひろなさん | 2014/11/15 9:39 AM |
ひろなさん

詳しくカルマの事例を知りたい場合は、この本も。
・改訂新訳 転生の秘密

売春には良い・悪い面のカルマがあります。昔の場合は自分でやりたくもなくけれど遊郭に売られてしまった女性が沢山いたみたいです。そういう女性たちは我慢したカルマもあった事でしょうね。自分が心も身体も幸せな経験になれる男性とであればセックスは行っていったほうが良いかもしれません。幸せの与え合い、コミュニケーションなので。

どういたしまして。
| Teru Sunさん | 2014/11/15 9:52 AM |
風俗で働く女性が綺麗なピンクオーラだなんて事はないと思いますよ(^_^;)
精神的に悪いズレが無いと風俗でやっていけないと思いますし(まともな女性はそもそも風俗をやるという選択肢が無いので)
それでいていい運命を持っているなんてロコシャネル位じゃないでしょうか(^_^;)
| nameさん | 2016/11/15 12:54 AM |
始めまして。
私はメンズエステをやっています。いわゆる性感マッサージになるのですがエステの最後に手こきがあります。
エステでお客さんが気持ちよくなって帰ってくれるととても嬉しいですし、お給料もいいので楽しくやってますが手コキだけでもやっぱり影響はありますか?
| ルンルンさん | 2017/10/25 7:48 PM |
ルンルンさん

はじめまして。メンズエステの手コキ、「男性器を上下に擦って射精をうながすマッサージ」の意味ですね。手コキでルンルンさんに何か影響があるかについては、だいぶ修行をつんだスピリチュアルヒーラー以外は影響を受けるのは仕方ないと思います。霊的カルマの法則なので、どこかしらに保存されます。

霊的ヒーラーという点からすると、一般人は「自分のエナジーを分け与えてヒーリングする」ことをしています。専門用語でいうと磁気的治療(マグネティック・ヒーリング)を無自覚にしています。

なので、ルンルンさんが体に持っているエナジーを、手コキ(性的ヒーリング)で男性客に分け与えて流してあげています。お金を頂く代わりに、良運やエナジーをあげているので、僕としては中々凄い、身を削る仕事をされていると思います。

それに楽しい仕事だと感じてされているのであれば、ご自身のエナジーをお客さんにあげていけば、その分、そのお客さんはルンルンさんの運気も貰えて幸せになれると思いますから、運を消費した奉仕をしているわけで「アンパンマン」のようで良いのかもしれません。

失ったエナジーを回復させて運気も再度取り入れないといけないと思いますので、性的な下の世話をしている分、それを上回るくらいに哲学書やヨーガなどの上の活動もしていくことをおすすめします。上下のバランスを取ったほうがいいかもしれません。ただ、カルマの法則は、そのうちに必ず支払わなければいけないと思いますけどね。
| Teru Sunさん | 2017/10/28 5:03 PM |










AX