プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スピリチュアルなセックス
こういったことを記事にするのは正直気が引ける。でも、こういった話題を話すことも必要だろうと考えました。スピリチュアルなことに目覚めた人が性とどのように向き合えばいいのか少し参考になるかもしれない。

「スピリチュアルなセックス」について話します。

では、突然ですが質問です。
『スピリチュアルなセックスしてますか?』

スピリチュアルとセックスは「相反するもの」と考える人もいると思いますが、それは誤りに近いです。セックスがあってもスピリチュアルな生活を送ることは、もちろん可能です。

では、問題です。
スピリチュアルなセックスってどんなものでしょう。

1. 快楽のためのセックス
2. 子作りのためのセックス

さて、どちらが正しいでしょうか??

答えは「どちらでもない」です。【カッコ内を範囲選択してください】


「え、嘘でしょ!!」と思った人、多かったのではないでしょうか。
そうなんです、まさかの展開だと思います。

なぜ両方とも間違いなのか。
この2つのセックスは、もうダメダメなセックスです。
簡単にいえば、1番は「犬畜生にも劣る道」、2番は「けもの道」です。

動物は繁殖のために交尾(セックス)をして子孫を遺します。メスは強いオスの遺伝子を遺すためだけに相手を探しセックスをします。オスも自分の遺伝子を遺すためだけにメスを探しセックスします。繁殖のためだけのセックスです。

2番は夫婦であろうとなかろうと「動物さんと同じ」ということ。そして「子作り」なんて考えも論外で「子供は作るものではなく、神様から授かるもの」ですよね。
なので「獣道(けものみち)」だと言ったのです。

セックスは「快楽」や「遊び」のために神様が創った行為ではありません。動物などの獣でさえ繁殖一心にセックスを行います。繁殖の目的もなく「セックス、セックス」と、美輪さん風にいえば「アヘアへ」と。仕舞いには「誰それとのセックスは心地よくない」だの「相性が悪い」だと戯言(ざれごと)をいいます。我(エゴ)のセックス。動物さんなんて我のセックスなんてこれっぽっちもしません。だから、これが「犬畜生以下の道」ということです。

まずは「人間になりましょう」ということ。「人の道」です。
「人の道」から「神の道」への歩みが、やっと始められます。

ジュラシック・コード―あなたの脳に潜む「爬虫類脳」の不思議人間には3つの脳があります。
1つ目は本能を司る脳(爬虫類脳)。
2つ目は感情を司る脳(動物脳)。
3つ目は理性を司る脳(人間脳)。


この三つをすべて使いながらセックスしましょう、ということ。
そして、人間としてのセックスができるようになったら
さらにスピリチュアルなセックスへのステップがあります。

「相手が心地よい時間を過ごせるようにしよう」
「自分は無いのだから」

男女共に、このような胸中でセックスを行えたとき
「無我のセックス」
 ▼
「スピリチュアルなセックス」
が生まれます。

その2人でしかできないセックス。これは人間にしかできません。最もスピリチュアルなセックスです。
自分より、むしろ相手のためのセックス。
その気持ちを2人が何も言わずに持てていたら…
瞑想にもなりうるスペシャルなセックスというわけです。

「今日も一日ご苦労さま」
「ありがとう」の心でのセックス。

セックスを行っている男女の「波動」「気」「オーラ」のレゾナンス(共鳴)は宇宙に一つの輝きとして現れます。その“波動の輝き”は人間になりたい魂たちに伝わります。

光り輝く者たちの「陽のセックス」
怪しく光る者たちの「陰のセックス」

「陽」と「陰」の輝きは、強い波動の共鳴として魂たちに伝わります。その輝きを目指して魂たちが宿りにくるのです。

光り輝く者たちへは「この2人の間に生まれれば、俺もやり直せるんじゃないだろうか」と更生を願う魂が。怪しく光る者たちへは「私が行って、この人を救ってあげよう」と救世を願う魂が。

もしスピリチュアルな生活を送る決心がある方がいるならば、「救う者」か「救われる者」か分かりませんが魂たちのよりどころを提供することも忘れずに!

生命だけでは命(いのち)は伝わりません。
日本人の心の道を伝えることも忘れずに!

神様のメッセンジャーで日本人の心を思い出して心を伝えてゆきましょう。
シンプルな言葉ほど深いものはありません。

最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2008.03.29 Saturday | Category[2]スピリチュアル:性とスピリチュアル | comments(7)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2017.08.15 Tuesday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
すごく参考になりました〜(^^)

現状は、彼氏彼女の間柄では1の、夫婦間では2の性行為しか行われていない
というのが、ほとんどかもしれませんね。

スピリチュアルな考え方に切り替えて行った時、パートナーとの絆は、
心身ともにさらに深まるんでしょうね!
| Otraさん | 2008/03/29 9:34 PM |
Otraさん、どうもです!

いろいろな方たちの著書からヒントを得てまとめた内容なので
そういわれると、とても恐縮です。

なかなか実践はできないものかもしれないと僕も感じたのですけど
こういった心と身体の対話をできるような男女は、その行為ができない年齢
に達したときでも、その対話が可能なんだろうなと思いました。
| テルテルさん | 2008/03/30 11:31 AM |
私は同性愛者です。ゲイの場合、「子作りのためのセックス」はありえませんから、始めから除外しておきます。

現実には、もっぱら「快楽のためのセックス」になっていると思います。しかし、相手が男性であっても、「相手が心地よい時間を過ごせるようにしよう。自分は無いのだから」という形があれば、スピリチュアルなSEXと言うことになると思いました。

相手が女性だろうが男性だろうが、スピリチュアルなSEXを行うことは可能である、という事を知って、なんとなく安心しました。

男性・女性の違いは肉体的な差であって、霊的な差ではありませんしね・・・
| 雅人さん | 2008/07/05 12:24 PM |
どうも、雅人さん。

私はゲイではありませんので、雅人さんの気持ちを理解できるようなレベルの人間ではありませんが。

記事を読んでくださって、ありがとうございます。
| 輝々さん | 2008/07/06 10:32 PM |
てるてる様 初めてお便りします。お説を拝見して溜飲がおりたようです。今日日の新婚さんいらっしゃいに出るような「二股かけていい方をとった」嫁みたいな人のことですよね。でも、今のところ余り天罰?にあたってないし、改めるひとも少ないようです(^o^;人のふり見てわがふりなおしたいです。

| 義林房さん | 2009/03/01 1:25 PM |
義林房さん、はじめまして。コメントどうもです。

現代社会の闇というべき部分かもしれませんね。デキ婚とか普通の社会になってきているようなので、そういうのも本当はどうかと?思わなくちゃいけないんでしょうけどね。なかなか難しい道徳ってものですね。
| Teru Sunさん | 2009/03/01 11:22 PM |
スピリチュアルなセックスで妙な組み合わせと思いましたけど、

そもそもセックスはスピリチュアルな行為であるべきですよね。

男女が高い精神性で結び付くのが理想的なセックスですね。
| セックスさん | 2010/05/22 12:45 AM |










AX