プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
「神との対話」の真実
「神との対話」の神の正体
「神との対話」の著者ニール・ドナルド・ウォルシュ氏は“○○の○○”のひとり。“何の○○”かは最後まで読んだときに明かすとして。ウォルシュ氏の著作は大変に素晴らしい。

 ウォルシュ氏の著作は「インドの聖人」や「西洋の霊能者」「心霊研究の科学者」などの著作、講話を分かりやすくまとめた霊的対話形式研究論文だから、とても素晴らしい。批判する人は東洋のマスターたちを否定するようなもの。否定なんてできません。

※ 音楽を用意してあるので聴きながらでも読んでもらえたら幸い。

  アディエマスII-蒼い地球の歌声
 東洋の<真のマスター達>ラマナ・マハルシ、パラマハンサ・ヨガナンダ和尚(バグワン・シュリ・ラジネーシ)ニサルガダッタ・マハラジクリシュナムルティババジらの講話本。西洋ではアラン・カルデック、オリバー・ロッジ、ダスカロスルドルフ・シュタイナーなどの研究書や著作にウォルシュ氏の独自の思想も含めたアメリカ人向きの霊的対話風論文本だから。

不滅の言葉―ダンマパダ〈2〉 たとえば、ウォルシュ氏の友人ディーパック・チョプラ<マスター>のひとり、和尚の講話についてこう語っている、「これらの光り輝く洞察は、それぞれの人間に内在する純粋な可能性の領域の、経験に基づく知識に憧れる、すべての者たちに、恩恵を与えるだろう。この本は、すべての図書館の棚と、より高い自己の知識を探求するあらゆる者達の家にある」、シャーリー・マクレーンも「私は彼の本を全部読んだ」と語っている。ウォルシュ氏も全部読んでいて当然だ。氏は霊的な知識を豊富に詰め込んだ<霊的勉強家>なのだから。

<マスター>と呼ばれた彼らは誰に教わることなく“悟り”を得てしまった。彼らの中には幼くしてサンスクリット語、アラム語、古代ギリシャ語を理解する者も存在する。過去世の記憶を持っているという。たいした教育を受けていないにも関わらず博士号まで得ている者もいる。ウォルシュ氏も彼らの著作や講話から多くを学んだことだろう。<マスター>に挫折はない。疑問もない。

 話を戻すが、ウォルシュ氏は彼らの著作、講話、チベット仏教(死者の書)、スピリチュアリズム、ニューエイジ、神智学など様々な思想を漏れなく取り入れアメリカ人の霊性の変革を試みている。

 チャネリングで書かれたという謳い文句は嘘ではない。
 なぜなら、私もこの文章をチャネリングで書いている。

 チャネリングは貴方が感じたインスピレーションという意味。高い精神状態(聖人を演じる状態)で書いた文章、言葉という意味。皆が日々チャネリングしている。どんな意識に焦点を当てるか。それだけだ。

 本当の意味で精霊が語ったりするものは特別なもので<霊媒>が行う交霊や降霊などと呼ばれているもの。そちらは生まれ持った特別な力がないと無理なもの。そういった交霊本が読みたい方はホワイトイーグルシルバーバーチを読むと良い。あと、フランスで精霊や精神などの研究を行ったスピリティズムの創始者アラン・カルデック博士『スピリティズムの福音』、精神科医ウィックランド博士『迷える霊との対話』なども参考にするといい。

 チャネリングは誰でもできる、というか。それを意識せずにしているもの。

 須藤元気氏や奥菜恵さんなどは『神との対話』愛読者らしい。須藤元気氏は自身の著作で『神との対話』のオマージュを多く書き記しているように感じる。スピリチュアル・フィクション(霊的創作文学)が好きな面もあるようだ。奥菜恵さんは「オーラの泉」で江原啓之氏と出会い『神との対話』とは異なる、イギリスのスピリチュアリズム(ホワイトイーグル、シルバーバーチなどが代表的なもの)を学ぶために留学をするという噂が出たが真実かでっち上げか分からない。

チャネリングの本は読むのは本当にためになる。
著者が霊的知識を詰め込んだ成果!
霊的博学の成果だから!
個人の知識にしておくのは勿体ないから!

 私の知識も勿体ないのでアウトプットしている。
 ただのCGデザイナーだけどね(笑)。

 これだけは間違えないで!

 チャネリングでの話にはフィクションも隠されている。スピリチュアル・フィクションというもの。それもとても面白い、簡単にいうと「スター・ウォーズ」みたいな話など。
 ウォルシュ氏は霊的勉強家。そして最近では霊的博識な人をスピリチュアル・リーダー(霊的先導者)と呼ぶらしい。霊的先導者は“悟り”は得ていない。それを目指している。<真のマスター達>の言葉からの知識だけでは悟りを得ることはできない(当たり前だけどね)。彼らは<真のマスター達>の言葉をオマージュして講演をすることが仕事、ライフワーク。なので、ヒントがある。無いはずが“ある訳がない”。

<真のマスター>たちの講話本(たとえば左にズラッと紹介している推薦書を読むことも更にいいと思う。ヒントが沢山詰まっていると感じる。

ニール・ドナルド・ウォルシュ氏は霊的知識、理論をまとめた本を書くことができる“霊的まとめ屋の巨匠”のひとりです。

はじめてスピリチュアルに触れる方たちには大いに推薦できます。ただ、最初に偉大なマスターたちの本(左欄推薦書)を読んでしまっているとウォルシュ氏のオリジナル思想を含めた対話形式風な論文は物足りなくなってしまうので、左の推薦書を読まずに読むと感化されるかもしれません。でも、ウォルシュ氏も「アメリカでもないキリスト教圏でもない日本で私の本が売れるとは思ってもみなかった」と感じていると思います。

≪関連記事≫
スピリチュアル・フィクション(霊的創作)
須藤元気の愛してやまないカスタネダ
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2008.02.28 Thursday | Category[2]スピリチュアル:神との対話 | comments(2)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.09.01 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
ウォルシュ氏・・・

以前、ウォルシュ氏は、高額な金額でセミナーをやったり、お金儲けに走っているというような話を聞いたことがあります。

私自身が調べたわけではないので、真実かどうか定かではありませんが。

名前が売れてくると、本来の道からそれてしまう人が多いようなので、
ウォルシュ氏が本来の道からそれてしまわないことを願うばかりです・・・。
| みーじゅさん | 2008/03/18 11:05 PM |
どうも、みーじゅさん。

記事長いですけど、読んでくれたんですね。
記事の内容にヒミツが隠されてますから

ピンと来てるかな(^_^;)
| テルテルさん | 2008/03/18 11:23 PM |










この記事のトラックバックURL
http://teruterulog.jugem.jp/trackback/247
トラックバック
AX