プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スピリチュアルな精神分析

これはスピリチュアルな精神分析です。

自信がないのなら止めておいた方がいい。
本当の自分に気づかされるのが恐ろしければ読まないことです。本当のことがわかってしまう。心の底では嘘はつけないからです。

* 一応、注意を与えました。これ以上先へ進む場合は自己責任でお願いします。
診断結果は一番下に3種類の精神状態で示してあります。

写真は神奈川県では有名な「かなまら祭り」で巫女様たちが祝詞を捧げているところのようです。とても意味がある写真なので選んでみました。恐らくキリスト教の方たちには“悪”を神道では“神聖なもの”として扱っている日本らしい祭りです。

愛はどこまでも未知の出来事だ
そして、愛がかくも美しいのはそのためなのだ
次の瞬間は、いつも未知の驚きとしてやってくる
それを予測可能なものにしようとしないこと

恋人というのは予測不可能だ。女房(亭主)は予測可能だ
ひとりの人間が予測可能になったとたん
その人は死んでいる
人類がもっと目覚めたら
結婚は消えうせるだろう
人々が一緒にならないというわけじゃない
実は、そうして初めて人々は一緒になるのだ
今、人々は一緒に生活していても一緒じゃない
彼らは同じ家に住んでいても
同じ家庭にはいない
彼らは肉体的には一緒だが
精神的には遠く離れている

人々のあいだには大変な距離が存在している
なんのコミュニケーションもなく
なんの合一(communion)もない
彼らは愛の交わり(make love)を持っているかもしれない
が、それもやはり肉体的なものだ
そして、愛がただの肉体的なものだったら
それはちょうど4発式の飛行機の
エンジン1つしか動いていないようなものだ
飛行機は傾くし、いつ墜落するか危なっかしい
だが、4台のエンジンが全部動いていれば――
私がくり返しくり返し話してきたのはそれなのだ

1台目のエンジンは「セックス」(sex)
2台目のエンジンは「愛」 (love)
3台目のエンジンは「祈り」 (prayer)
4台目のエンジンは「瞑想」 (meditation)

その4台のエンジンがすべて同調したとき
深いハーモニーのもとに働いたとき
はじめて、ここ地上に居るということが何なのか
在るということが何なのかがわかる!

そうしたとき、あなたは宗教的になる
寺院やモスク、教会に行くというわけじゃない
不意に、あなたは深い調和のうちに機能している
あなたの存在全体が音楽会、オーケストラとなる
すべての音がからみ合い、出会い
ひとつの〈全体〉に溶け込む
あなたがひとつの斉唱(unison)となったとき
それがインドでサマディ(三昧)と呼ばれてきたものだ
あなたの実存の絶対の寛(くつろ)
絶対のまとまりに到達すること――

そうしたとき、あなたは感謝する
そうしたとき、あなたはただただ頭(こうべ)をたれる
そこにひとりの神がいて
あなたがその神に頭をたれているというのじゃない
いいや
あなたはただ感謝から頭をたれるのだ
そこに神がいるというわけではなく
そこに感謝があるからだ

私が“神”にではなく
“感謝”に力点を置いているのを覚えておきなさい
神の概念はみな子供っぽい
神人同形説的だ
人間は自分の姿に合わせて神を創りだしたのだ

そこに神がいるわけじゃない
ただ、突然、あなたがビューティフルに機能し
このうえもなく気分がよく
深い健康があなたを取り巻くとき
深い感謝が一条の光の柱のように
あなたの内に浮かび上がる
それは天空をあまねく貫く
それは最も高いところにとどき
最も深いところにも達する
不意に、あなたは頭をたれる
誰の前にでもない
覚えておきなさい
あなたはただ深い感謝から頭をたれる
もうどうしていいかわからないからだ
それほどの恩寵!
それほどの祝福!
それほどの恍惚!
どうしたらいいと思う?
あなたはただただ
深い感謝のもと、〈全体〉の前に頭をたれる

あなたは神人となる

OSHOの講話本より

もし感動していたら――
「これからの人生のなかで何かヒントを得られるかもしれない。何ごとにおいてもアナタらしくありなさい」
もし嫌悪、反発を感じていたら――
「とても誠実で敬虔で善良な狂人だ。すでに何かが狂っている。キチガイだ。そのうち発狂するかもしれない。気をつけなさい」
当たり前だと感じてしまった。何も感じなければ――
「生きているように見えて死んでいる。死人。ゾンビだ。ゾンビという意味で不死だ、どこででも生き続けるだろう。美しい居心地のいい何でも手に入る場所で」

「お前はもう――死んでいる!」(Your Shock!!)
ということみたいです。

最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2008.02.25 Monday | Category[2]スピリチュアル:コラム | comments(0)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2020.05.17 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
AX