プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
「キリスト教の教え」と「イエスの教え」
 聖書は世界的にベストセラー本の一つですが、「キリスト教の教え」は2000年の間に捻(ね)じ曲げられてしまったことで、「キリストであるイェシュア(Joshua Emmanuel)の教え」である講話を正しく伝えきれていないといいます。イェシュアの講話録として使徒たちが遺(のこ)した福音書の削除や改編をキリスト教内部で行なってしまったからです。このことは、誰でも、もちろんキリスト教徒のみなさんもご存知だと思います。

 現在の、ほぼすべてのキリスト教は、イェシュアを処刑したローマ帝国の政治的な力、クリスチャンによって権威者といわれている方々によって書き換えられた教えを大切にしています。私はクリスチャンではないので「権威者って誰よ?」「もしや人間ですか??」と普通に感じますが。それも、ご存知だと思います。ちなみに、イスラームのクルアーン(コーラン)という聖典は、一度も書き換えられたことがないというので、その点では原典の教えです(ムスリムではありませんが敬意を)が、そのたとえ話(教え)の訳し方で原理主義みたいになってしまいますが。

霊界通信 イエスの少年時代―貧窮の中の小さな王者 もし、今、世の中にイェシュアが現れて、「湖のうえを歩いたり」「水をワインに変えたり」「奇蹟の癒し(ヒーリング)」をマジシャンのようにしたら、キリスト教の偉い人たちは何と言うでしょうか。予想がつきますね。

 「奴は悪魔の使いだ、奴の言うことに騙されるな!」と言うんだろうな。

死海文書のすべてイェシュアの本来の教えに近いものは、今では「キリスト教神秘主義」と呼ばれている教えがあります。たとえば「キリストの秘儀的教え」などもそうです。この本は過去世のすべてを憶えていたという著者であり世界一のヒーラーといわれていたダスカロスがまとめたものです。キリスト教徒の方で、探究心がおありの方は、そちらから探究してみるのも良いかもしれません。要は、ナザレ地方に住んでいたエッセネ人(ユダヤ人の一部族)たちが信仰していた教えがイェシュアの教えに近いというわけです。「エッセネ派の祈り」というものもありますからね。ドイツのキリスト教神学者マイスター・エックハルトの著作を読んでみるのも一つの手だと思います。
 わたしの知っているエックハルトのことを書かれたサイトなので参考のためリンクしておきます。
マイスター・エックハルト

霊界通信イエスの成年時代 新装版―神と人間のはざまで 原点の教えは、いつの時代でも「異端」とされています。誰が「異端」だと決めたのでしょうか。それは、時の権力者や宗教的権力者によって「異端」の烙印が押されています。ジョシュアを磔刑(たっけい)にしたのも時の権力者であったローマ帝国でしたからね。みなさん、そのことを忘れてはいけませんよね。

 いつの時代も自分たちの都合が悪い教えを抹殺、抹消するのが宗教的権力者の行なうエゴです。
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2008.01.02 Wednesday | Category[2]スピリチュアル:キリスト的なもの | comments(2)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.09.01 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
輝々さん、2008年になりましたね〜。今年も宜しくお願いいたします☆
キリスト教については大学時代に聖書を勉強した程度(プロテスタント校だったので)ですが、このことは存じませんでした。私が勉強したことも捻じ曲げられた方だったのかな。(^^;) お勉強になりました!
| otraさん | 2008/01/02 9:20 PM |
otraさん、今年もよろしくお願いいたします!
キリスト教のことは、僕も専門家のようにそれほど深くは調べたりはしていないのですけど、たまたま出合った本などに、それに近いことが書かれてあったり、よく「ディスカバリーチャンネル」「ヒストリーチャンネル」の海外の番組で近いことを見るときがありました。
| テルテルさん | 2008/01/03 1:51 PM |










この記事のトラックバックURL
http://teruterulog.jugem.jp/trackback/217
トラックバック
AX