プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
チャネリング本を読む際の注意点
チャネリング(交霊、降霊、神託、自動筆記、ミディアムシップなど)によるメッセージの大半は闇からもたらされる。
こんなことがいわれています。“闇”なんて表現すると恐ろしい印象を与えてしまうかもしれませんが、そういうことではありません。

闇というのは“とても俗っぽい” ということ。その闇からのメッセージを伝えてくるのは、いたずらスピリット、嘘つきスピリット、有名人成りきりスピリット、こういった種類の霊(Spirit)が多いそうです。

こんなたとえ話をすると分かりやすいかもしれません。
あなたに何か悩みがあるとします。しかし、誰にも相談できずインターネットの匿名型掲示板に相談事を書きました。その相談事に乗ってくれるのは誰でしょうか。

からかう者、誹謗中傷する者、嘘をつく者、セラピストに成りきる者 、さまざまなメッセージが書き込まれると思います。

簡単に伝えられるチャネリングでのメッセージは匿名型掲示板という感じでしょうか。悪く言えば「狐狸狗(こっくり)さん」みたいなものだといえます。
これらのメッセージは悪意はないけれど生きている人間を騙してからかっている低級霊(Lower Spirit)と言われるものだといいます。この事実、覚えておいて損はないと思います。チャネリングによるメッセージのすべてを何の疑いもなく信じてしまわないように気をつけて下さいね。

低級霊の見分け方 ◆
スピリチュアルなものの研究が始まった18世紀の頃は科学者や学者、知識人などがチャネリングの際に立ち会い実際に行なわれていた詐欺などや悪意のある霊を見分けることができていました。実際に大きなチャネリング系詐欺集団を暴いた件もあります。

現代は比較的すべてのチャネリングを受け入れる傾向になっているので、その点が注意点です。まずは昔のチャネリング本から読み始めるとバランス感覚が身につき自分で善し悪しを判断できるようになるのではないでしょうか。 昔のものは意外とバカにできないものがあるのが事実です。究極的に言えばイスラームの聖典クルアーン(コーラン)も預言者ムハンマド(マホメット)のチャネリングによって書かれたものなんですよ。ご存知でしたか?
詳しくはこちらの解説をどうぞ。〔チャネリング

有名なチャネリング本セレクションを作成しておきました。
古今東西のものをずらっとリストアップしてあります。好きなものから読んでみるといいと思います。探究のお供にどうぞ。

スピリチュアル − 有名なチャネリング本紹介
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2007.12.15 Saturday | Category[2]スピリチュアル:コラム | comments(0)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.09.01 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます










この記事のトラックバックURL
http://teruterulog.jugem.jp/trackback/202
トラックバック
AX