プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スピリチュアルな生き方を志す、すべての人へ
 							エソテリック・プラクティス―キリストが遺した瞑想法とエクササイズ世紀のヒーラー ダスカロス

“悪魔のような力を持つ男”と呼ぶ者もいた
“奇跡のヒーラー”
すべての前世を記憶し
その英知をもって人々を導いた真の霊的教師
医学で治療できない難病の奇跡的なヒーリング
謝礼、報酬は一切受け取らず
ただ、ひたすらに人々を癒すためだけに生きた
“ヒーラー・オブ・ザ・ヒーラー”
彼が明かした秘儀的な教え(実践)
スピリチュアルな生き方を志す、すべての人へ
彼の穏やかな人柄が伝える、心と愛!
エソテリック・プラクティス

何も語らず本のダスカロスの序文を抜粋しました。

よろしければ、2002の落ち着いた音楽と共にお読み下さい♪
※ 音質が良いのでイヤフォン推奨です
2002 Land of Forever(再生時間 5:09) | iTunes Store
あなたは、塩の味について説明できますか? 塩を一度も味わったことのない人に、言葉で理解させることができますか?
塩は白い水晶のような固体で、主に塩化ナトリウムから組成されている、と説明する人はいるでしょう。あるいは、その科学的組成がNaClだと言う人も。しかし、私ならこう言います。「まず、塩を舌にのせることです。そうしなければ、塩の味を知ることはできないでしょう」と。
では、この“塩”を味わうために、私たちは何をすべきでしょうか? 私たちはツルハシを手にとって、塩の鉱山へと向かうべきではないでしょうか?

ダスカロス
そこでわたしは言っておく。求めなさい。そうすれば与えられる。探しなさい。そうすれば、見つかる。門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。

新約聖書・ルカによる福音書11章9節
わたしたちはあらゆる師にまさって目覚めた者です。あなたの定めに心を砕いているからです。

旧約聖書・詩編119章99節
私の父である神よ。人生の道を歩む私の足取りを、できるだけ軽くして下さい。怒ったり欲深くなって、兄弟姉妹たちを盲目にさせるようなホコリをあげなくてもすむように。
私の父である神よ。あなたの愛を私の愛として映し出すことができるように、私の心をクリスタルのように澄んだ鏡にして下さい。そして、私の同胞であるすべての人々に、喜びを与えることができますように。

ダスカロス

序文

 私たちは大きな喜びをもって、エクササイズと瞑想のための本書を、すべての探求者に送ります。

 どれだけ言葉や理論について学んでも、それだけでは充分とはいえません。私たちは天地創造、生命、私たち自身の内なる領域について探究し、そして実際に経験しなければならないからです。

 マスターを求め、その近くにいたいと思ったり、世界中のあらゆる聖なる書物に囲まれていたいと願うことは、松葉杖を頼りに道を歩こうとしているようなものです。それよりもあなたは自らの力で、誠実に、怖れずに人生を開拓していかなくてはなりません。

 今日、私たちを取り巻く世界はますます複雑化し、私たちの注意力を危うくするような混乱や誘惑が、数えきれないほど存在しています。しかし、私たちは強い信念を持って、絶え間なく精進しなくてはなりません。

 なぜなら、過去何世紀にもわたって人間の外見上の生き方は大きく変化しているにもかかわらず、私たちの状態、経験、そして目的は何ひとつ変わっていないからです。

 あなたの内なる進化に向け、取り組んでください。物事を正確に見極めることを学び、正しい結論を引き出せるように。

 私たちの生涯において、真理の探究をおいて他に求める仕事などない、ということを覚えておきましょう。信仰とは受身になることではなく、心を清め精神を浄化すべく、積極的に努力することです。

 苦労が多ければ多いほど、成果は得られるでしょう。そして聖なるパーソナリティーを培うことの報いは、肉体がなくなった後までも長く継続されていきます。

 自分の肉体の状態に精通し、良い状態を保てるようになりましょう。そしてあなたの感情を司るサイキカル体と、思考を司るノエティカル体との健全な交流を図りましょう。

 3つの体を持つ現在のパーソナリティー永遠のパーソナリティーを完全にするために、その指導のもと、様々な経験を集め洗練に努める“乗り物”のようなものです。だからこそ日々、現在のパーソナリティー永遠のパーソナリティーを調和させる努力が大切なのです。

 また、永遠のパーソナリティー守護大天使の助けを借りて、常にあなたを導き、呼び覚まそうとしています。感情と欲望は、節制や理性といった智恵の下に置かれる必要があるのです。

 私たちが能力を開発するために中心となる学びは、次の通りです。

● 観察・・・・・・緊張しないで意識を集中すること。詳細に観察する能力と、観察したものを詳細に思い出す能力がないと、神聖なる計画に気づくこともアチューンメントもできません。観察は、聖なる本質のひとつの現われです。

● 集中・・・・・・創造的思考やヒーリングを行なうために、最も重要な要素のひとつ。自分が選んだ選んだテーマや対象物に、全思考を集中させることを学びましょう。拡大鏡で焦点を合わせるように集中すると、外的な力の影響を受けずに、現在のパーソナリティーを一時的に脇に置いて対象物に同化することができます(これがアチューンメント一体化のプロセスとなります)。

● 視覚化(ヴィジュアライゼーション)・・・・・・注意深く観察したり、完全に集中するように努めることは、正しい視覚化の能力を身につけるための基本です。視覚化を苦手だと考えている人もいますが、実際には誰でもエレメンタルをつくり出す際に、潜在意識において視覚化を行なっています。それこそ、私たちが世界を創造している方法なのです。私たちの世界において、思考ほどパワフルなものはありません。視覚化とは、意識の拡張と、救済を求める人々のために建設的な方法で思考を活用していくプロセスのことです。

● 内省・・・・・・私たちのパーソナリティーと潜在意識を意図的につくり直し、私たちの感情と思考の原因をたどる内的探究のこと。新約聖書、ヘブライ人への手紙9章14節に、「わたしたちの良心を死んだ業から清めて」とあるように、エゴイズムにふり回され、死に至るような行動から良心を解き放ち、自らを自由にしようと決断すること。こうすることによって、私たちは魂の智恵と慈しみの声に導かれていきます。

● 瞑想・・・・・・より深い内省ができるようになると、瞑想の世界に達します。現在のパーソナリティーの世界を超え、広大無限なマインドの世界に入り、普遍性や永遠性とひとつになっていくのです。普遍かつ永遠の世界において、愛よりも偉大なものは何もありません。新約聖書、ヨハネの手紙1‐4章18節に「愛には恐れがない。完全な愛は恐れを締め出します」とあるのはこのことで、絶対存在の愛はまさに宇宙の中心であり、すべての創造の源なのです。そして、私たちの源も同じ愛にあり、私たちの心に宿るのも同じ愛です。

ダスカロス

『エソテリック・プラクティス』 より

この本からスタートするのも良いのですが、内容を理解しやすくするためには大学教授が体験取材した『メッセンジャー ― ストロヴォロスの賢者への道』から読むのが一番の理解を得る方法だと思います。急いで学ぶことをすると、わからぬままで何てことない内容に取ってしまうこともあるからです。

急がば回れ!です。

≪関連記事≫
奇跡のヒーラー
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2007.09.23 Sunday | Category[4]霊的偉人:ダスカロス | comments(4)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.09.01 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
テルテルさん、こんばんは!

この本は素晴らしいですよね!(ってエクササイズ熱心にやっているわけではないのですが)
よく、無人島に一冊だけ持っていくならどの本ですか?って質問があるじゃないですか?
私は間違いなくコレ!です。
南の孤島なんかで一人で火を起こして星明かりの下でたき火の明かりでずーっと読んで噛みしめてみたい本です。
| さん | 2007/09/27 10:45 PM |
こんばんは、靜さん!

いやぁ、この本は素晴らしいです。
私のようなビギナーからでも始められる実践が書かれてあったので、これは初心者用だなと感じたレッスンをやったりしてます。

たしかにそうですね!
孤島で、この本さえあれば、必ず何かに気づきますよね。
| テルテルさん | 2007/09/29 10:56 PM |
このHP、好きです。掲記の本は存在を知らなかったので、とても興味があります。

紹介されている本が、私の読んだ経歴のあるものとかなり共通しているので、びっくりしています。真理はひとつなのだと、改めて実感させられました。パラマハンサ・ヨガナンダやシルバーバーチは、特に愛読しています。

バクティヴェダーンタ協会の、「ラーマクリシュナの福音」をご存知ですか?ヨガナンダが幼少の時に出会った、マスター・マハサヤが書いたものです。

貴重な情報、ありがとうございました。今日の出会いと、貴方と主の「サービス」に感謝します。では。
| 整体Cさん | 2008/04/09 11:15 PM |
どうも、整体Cさん。

ありがとうございます。何気に気ままにやっているブログですから、そういってもらえると正直嬉しいものです。

日本ヴェ−ダ−ンタ協会の出版している本は、いろいろ興味をひかれる時期もあったのですが、最近はそのピークが引いている時期のようで購入を控えています。けれど、興味があるものばかりです。貴重なお話ありがとうございます。

ヨガナンダやシルバーバーチにご興味がある方ならばダスカロスの教えは受け入れやすいと思います。

| テルテルさん | 2008/04/12 4:15 PM |










この記事のトラックバックURL
http://teruterulog.jugem.jp/trackback/162
トラックバック
AX