プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
江原啓之氏はインチキか!?
「江原啓之や霊能者はインチキなんじゃないのか!?」
そう感じたあなたは正解だと思います。

江原啓之氏とは関係はありませんが
先日のテレビ番組「UFO VS 世界の科学者100人」の感想も書いてみました。
UFO VS 世界の科学者100人

『シャーロック・ホームズ』で有名な作家のコナン・ドイル はこう語っています。
「“霊”や“霊能者”のすべてを手放しで信じてしまうのは浅はかである」
英語圏では「スピリチュアリズム」。フランス語圏やラテン語圏では「スピリティズム」というものがあります。実は、そこから“偽物”か“本物”かをあなた自身の理性から導き出せることが可能なのです。

週刊誌の情報に踊らされることもなく。「コールド・リーディング」「ホット・リーディング」だのと詮索することもないのです。一番よい手段は、霊能者の元へ訪れ何も語らず色々聞くことだとは思いますが…、そういったことが不可能なので先人の研究や資料から知ることです。

それでは、知識を手に入れる話に移ります。
スピリチュアリズムの原点とは。
「霊能者のペテンを暴いてやる」
「心霊とか霊魂などは全くバカげたこと、程度の悪い迷信」
と信念から思った科学者や物理学者などの知識人がはじめました。

科学者で物理学者のウイリアム・クルックス、博物学者のアルフレッド・ウォーレス、物理学者で哲学者のオリバー・ロッジ、古典学者のフレデリック・マイヤース。フランスではノーベル賞受賞者のシャルル・リシェ、哲学者のアラン・カルデックといった学問畑の著名人が、専門分野を一時お預けにし本格的に調査研究し、霊媒を相手に奇術や人間心理を利用した詐欺を暴いていったことがきっかけです。
これら科学者の主にSPRの研究内容は以下の著書にまとめられている。
幽霊を捕まえようとした科学者たち
幽霊を捕まえようとした科学者たち鈴木 恵

おすすめ平均
stars懐疑論者の基礎知識用に推薦
starsウィリアム・ジェイムズ伝
stars真理を求めて
stars科学者にとっての禁断のテーマ
stars画期的な出版に拍手!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

そんな中で科学的に検証しても理解できない否定もできない“現象”や“証拠”に遭遇してしまい。その後、彼らが行ったことは一人の例外もなく、肯定的結論、“霊魂説(スピリチュアリズム)”を打ち出しました。当時の科学的見地から“霊魂”の存在、“霊”の存在を認めるたことからスピリチュアリズムという学問とも哲学とも主義ともいえるものが誕生しました。

現在はそれ以上の研究を米国モンロー研究所などでは行なっているようで、霊媒や霊能者ではなく、自分自身が体験することにより、霊やそれ以上の何かを探究することが大切だとしています。日本では坂本政道という人もいます。当時の物理学者や科学者のような存在もいることも知っておく必要があると思います。
坂本政道
東京大学理学部物理学科卒。カナダトロント大学電子工学科修士課程終了。1977〜87年ソニー(株)にて半導体素子の開発に従事。1987〜2000年、米国カリフォルニア州にある光通信用半導体素子メーカーSDL社にて半導体素子の開発に従事。2000年5月、変性意識状態の研究に専心するため退社。


死後体験 ― 米国モンロー研究所のヘミシンク技術が、死後の世界探訪を可能にした!

現代ではなく19世紀の研究の話を詳しく読みたい方はこちらのサイトでどうぞ。
コナン・ドイルは著書の中でこうも語っているそうです。
 枚挙(まいきょ)にいとまがないほどの著名人が、多くの時間と情熱を注いで確立した見解を、“ナンセンス”だの“たわごと”だのといった、ぞんざいな言葉で片付けていられる時代は確実に去りつつある。今まさにスピリチュアリズムは、これまで以上の証拠を出そうと思えばあふれるほど出せるし、それに対する反証をいくら持ち出しても、ことごとくその人の重荷となっていく段階に立ち至っている――証拠、証拠としつこく要求する人ほど、実はそれまでに出されている膨大な証拠をまじめに検討していない人達である。
知ろうと思えば、いろいろな資料がありますから、今からでも数十年先からでも遅くはありません。そういったものに気づく時には、必ず何かしらのカンが働くはずです。

≪関連記事≫
霊を否定する人へ
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2007.03.21 Wednesday | Category[2]スピリチュアル:江原啓之 | comments(9)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2020.05.17 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
管理人さん、お久し振りです。

あれからいろいろと江原さんについて調べてみたのですが、こんなことがありました。

江原さんに対する批判内容の中で、

日刊ゲンダイで、過去に出演したテレビ番組「こたえてちょーだい」で江原の霊視を受けたという人物が霊視の内容がスタッフに事前に質問されて答えた内容と同じであると明らかにした。これに対し番組を制作したフジテレビは「コメントは差し控えさせていただく」とし、事実だと認めてはいないが否定はしていない。

というのが、あったようですが、これについては管理人さんはどうお考えになられますか?
| Tさん | 2007/04/14 1:06 PM |
> Tさんへ

どうも、Tさん。
私の考えは、とっても単純です。

「日刊ゲンダイ」の取り上げている芸能情報の正確性は全く信用していません。というより、週刊誌やそれらに関する情報には見向きもしません。信用しても仕方ないですから。

こんなところでしょうか。
| 管理人さん | 2007/04/14 1:33 PM |
ついこのまえ、「ジェネジャン!」という番組に多くの霊能者が出ていましたが、これはご覧になりましたか?

ご覧になっていたのであれば、あの中で、管理人さん的になんとなく信頼できそうな方はいましたか?
| Tさん | 2007/04/18 8:53 PM |
> Tさんへ

ジェネジャン自体、知りませんでした。
Tさんは色々と調べたりされているんですね。すごいですね(^-^)

Tさんは本物の霊能者を見つけて、どんなことをしようと思ってるのですか。私の考えは、一人の人間の考えなのであてになりませんから、Tさんの思うような信じられそうな霊能者を自分の理性で考えて探してみると楽しいかもしれませんよ〜!
| 管理人さん | 2007/04/19 1:03 AM |
管理人さん、お久しぶりです!

大槻教授と似た思想を持つ茂木健一郎氏はご存知ですか?

この方は著書の中で、江原さんの霊視能力を真っ向から否定されていて、先日もNHKで「物事は全て科学で説明がつく!」というようなテーマの番組に出ていたそうなのですが・・・。
| Tさん | 2007/08/17 6:55 PM |
こんにちは、Tさん。
先日は少し厳しい感じのコメントでしたので書き直します。でも、やはり率直にものを言わせてもらいます。

茂木健一郎氏は知ってます。
くだらないゲームソフトとか出したりしていましたね。「アハ体験」だったかな。

Tさんは私に何を求めているのかがわかりません。私が「江原さんの全て信じなさい」といえば、それを信じるのでしょうか?

そこにTさんの考えはあるのでしょうか?

私の意見に頼ったりしてもためにはなりません、と思いますが、いかがでしょうか。Tさんの考えられるように進んでみては、と以前も話したはずです。

参考とまではいきませんが。こんな本の抜粋もあるので読んでみてはいかがでしょう。私は、それしか言えません。すべてはTさん次第。

http://teruterulog.jugem.jp/?eid=135
| テルテルさん | 2007/08/31 3:41 PM |
 たびたびすいません。気になるので、ちょっとコメントを。
 江原さんが信用ならないというのはもっともだと思います。シルバーバーチを信じる人達もそう言っているのだから。http://www5a.biglobe.ne.jp/~spk/sp_newsletter/spnl_backnumber/index.htm
 以前、カウンセリングに、3万ほども取っていたと江原さん、本人の本にも、書いていたし。
 本の内容は割と正しいと思いますが。テレビの内容がまともであるとは私は思いません。人の前世だけ見てどうするのだ、とか。「これから生活設計のために、どういう仕事をすれば良いのですか」という質問に答えるのが、スピリチュアルの本質であるとは全く思いません。多めに見ても、「スピリチュアリズムを知るための、入り口としては良いかもしれないが。過去生の問題なんてどうでも良いことである」という所ではないでしょうか。
 まあ、厳しく言えば。「江原さん自身は全くの、(確かにある程度の霊能力はあるのかもしれないが)普通の俗人である。しかし、書かれている本の内容は、まあまあ、良いのではないだろうか」という所だと思います。
 「だから、すぐれている」と。「メッセージと、メッセンジャーを人々に誤認させないためには」という所でしょうか。
 まあ、そういう所のお話なのでした。
| あっぷるさん | 2008/05/10 4:45 PM |
どうも、あっぷる様。

本当に申し訳ないのですが、記事の内容にはかなりな含みを持たせているので「額面どおり」に受け取るか、題名しか読まれていないでコメントされると、こちらとっても困ります。

あっぷる様のすべてのコメントに目を通してみていますが、どうも的を得ていないといいますか、その感じがぬぐえないので、あっぷる様へ返信をと思いました。

当ブログのような記事を真面目に隅から隅まで読んで、真面目にコメントをしてくださる方のほうが少ないから仕方ないのですが。あっぷる様がこちらのブログに訪れてくださっている常連さんたちに「なんかトンチンカンなことをコメントされているなぁ」と誤解されないよう、どうか真面目な真摯なコメントの際は信頼度にもつながりますので、じっくり検討してコメントをされることをお伝えしておきます。

何でもないお気楽なコメント(僕自身、本当はお気楽なので)は、バンバン構わないので!
| テルテルさん | 2008/05/10 5:36 PM |
管理人さんはじめまして。私はつい最近迄江原さんの信奉者でした。しかし、携帯サイトの掲示板である出来事があり…今は怪しいと思っています。霊能力というのはどこ迄信じたらいいのでしょうね。
| よもぎさん | 2010/12/16 10:26 PM |










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
2007/04/29 10:23 AM
江原啓之江原 啓之(えはら ひろゆき、本名:江原 勝行、1964年(昭和39年)12月22日 - )は、スピリチュアルカウンセラー、コメンテーター、作家、声楽家(バリトン歌手)。元神職。世界ヒーリング連盟会員。東京都出身。既婚者で子どもが2人いる。来
naoの日記
AX