プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
セックスと未成仏霊・スピリチュアルな法則
祈りと救い
セックス(性)未成仏霊・スピリチュアルな法則には密接な関係がある事は、前々から性とスピリチュアル”カテゴリーで何編も記事を書いているので、そちらを先に読んでもらえると理解しやすいと思います。

記事にしている内容は霊的教師として信頼でき人を導きくことができる方たちの話です。

どちらかといえば霊的秘教(エソテリック)に属する霊能の方々が私は好きなので、そちらの方面の人。

霊的秘教は仏教でいえば密教の事で霊能力がなければ分からない話。なので本山 博(ひろし)先生はじめダスカロスなどからの話が多いです。

過去の人物でいえば空海のような人。空海にも霊能力があったのだろうと思います。霊能力を使いすぎると長生きできないらしいで注意。

もっと知りたい人は紹介している霊的偉人の本を読んだりしていってください。そうしてもらえればブログを書いている意義があるというものです。


それでは話をはじめます。

霊的に視るとセックス(性)には男女の愛を深めたり・子どもを授かるなどの正の面と性風俗・売買春・不倫」などの行為を犯してしまう要因になる負の面があります。

幸せな結婚で可愛らしい子どもが授かったが、その幸せのさなかに不治の癌に罹ってしまったり、不幸に見舞われてしまう事が、セックスや色事(色情)に関するカルマが原因だったりするなんて誰も想像できないことですよね。

まさか原因が“霊やカルマの仕業”だったりするんですから!

セックスにまつわる行為や病気には低層次元(アストラル次元)にとどまる霊」が関わってくる事例が多いので、気をつけなければいけないと本山先生は書いていることが多いです。

低層次元にとどまる霊というのは“未成仏霊”のこと。江原啓之さんの著書などにも未成仏霊の話は詳しく書かれていたりしますが、江原さんはライト(Lite)読者むけ。本山先生ほど深いところまで書かない方針みたいです。

例えば、後妻に入った女性が亡くなり、そのまた後妻も亡くなるような家系には、その男性の家系を怨み通して亡くなった女性の霊が関係していたり。

未だ自分が死んだことに気づかない低層次元の霊は、後妻に来た女性と夫が、自分たちの家で仲良くセックスしている姿を見せつけられて、その後妻の女性を乳癌にしてしまったりする霊の恨みの念力のようなものがあると書かれています。未成仏霊の嫉妬が原因で女性が癌にされてしまう。

こういったことを書いてしまうと、ある人たちは「有名な霊能者の先生に浄霊や浄化をしてもらわなくちゃカルマは消えないんじゃないか」と心配になったりすると思いますが!

安心して下さい。 本山先生も江原さんも異口同音に以下のように話しています。

「あなたが変わらなければ、すぐまた未成仏霊は憑く。祈りも悔い改めもなければ、カルマは浄化できない」という、とても真っ当な話をです。

そのためのスピリチュアルな行為が「祈り」「悔い改め」「反省」など。

他人である霊能者に任せて霊を払っても、また払ったそばから帰宅途中にすぐ憑くし、カルマだって浄化できない。

お金を置いていってくれるから、お金が欲しい霊能者にとっては、そういう他人任せなお客さんは有り難いですけど…。

どんなふうに祈ったり生活をしたらいいのか、そのあたりの話は本山先生が1986年当時の玉光神社の信徒・生徒たちに話した内容がまとめられている本があります。

・現世の病気の原因となっている、前世での罪障の浄化を求める祈り
・現世の家庭の不幸の原因となっている、家族の一人、あるいは複数の人の、前生での行為により罪障の浄化の祈り
・現世の病気とか、家庭的な不幸とか、社会的な活動の障害の原因になっている、先祖の行為による罪障の浄化を求める祈り


上記は目次に書いてあるもので 要約はむずかしいので取りあえず『祈りと救い』を読んでもらうのがいいかもしれません。本山先生の本だけを何遍も読み返すだけでも十分だとも最近は思います。
本山先生の講演を亡くなる前に聞きに行った私からすれば、たしかに凄い方でした。
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2017.10.22 Sunday | Category[2]スピリチュアル:性とスピリチュアル | comments(0)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2017.12.10 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます










AX