プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
【スピリチュアル基礎知識】想念と生霊
霊的に視ると私たちは気づいていないだけで、日々さまざまな“霊的想念”を創りだしたり他者の霊的想念を引き寄せたり取り込んだりして影響しあって生きています。

単に“想念”というと「心に浮かんでくる想い」のことですが、ここでいう“霊的想念” は少し意味合いが違います。

どう違うのかといえば、一般に言われる“想念”カラダの中に限定されるものと考えられているのに対して、“霊的想念”というのはカラダの中に限定されない“想いの波動” のことを指す点です。

霊的想念とは私たちが何かを想ったときにカラダから発せられる、目に捉えられないもの といわれています。

恨みや嫉妬の霊的想念は、恨みを抱いだ人に向けて飛んでいき、その人の態度に気分によっては悪影響を及ぼします。そのような「悪想念」を日本では霊的能者が“生霊”と呼んでいます。

欧米では“ソートフォーム”または“エレメンタル”“エレメンタルエッセンス”と表現していることから“想念形体(形態)” と訳されています。

霊視者の目に霊的想念は「空中に浮遊したり、弓のように飛んでいったりする」ものとして視えます。また霊的想念はそのヒトのカラダを取り巻いた想念体としても視えます。

想念形体について理解しやすい形でまとまった情報が書かれている本を紹介すると、キプロス人の霊能者 として知られたダスカロス 〔1912-1995〕を取材した『ストロヴォロスの賢者』

そして、そのダスカロスが書いた『エソテリック ティーチング―キリストの内なる智恵 秘儀的な教え』、神智学協会の霊能力者が書いた『思いは生きている―想念形体』 の三冊があります。

最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2015.08.30 Sunday | Category[2]スピリチュアル:コラム | comments(0)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2017.06.25 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます










AX