プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
江原啓之の霊的秘儀から“さとり系スピ”とヨガナンダ先生を語る
スピリチュアル分野(精神世界系)にも“流行り廃り”があるので少し変な事ですよね。でも出版業界は売れなくては話にならないので仕方ないこと毎年のウリが違います。

この前までは「引き寄せ系」「さとり系」だったようです。書店に行くと平積みコーナーでウリが分かりますからね。

江原啓之さんは心の成長とか成熟を語って一貫しているところが結構いいですね。

この前、紹介した『災から身を守る霊的秘儀』の記事でコメント欄で質問を受けたので、ここでその質問に答えてみたいと思ったりします。

災いから身を守る 霊的秘儀
質問:
悪い想念は、動物の形をとるとダスカロスの本に書いていたと記憶してますが個人的に気になるのは、同じ想念を複数の霊能者に見せた場合、見え方が異なるのではないかと言うことです。日本人だと、キツネやヘビとかありますが、海外の霊能者はたぶんキツネという形では見えないと思います。そこらへんが霊能力の捉えにくさでもあるんですが・・・あと文字を書くときに想念が形になるというのはイメージできるんですが、これが機械で大量に印刷されたものだと想念が入るのかという疑問も沸きます。そのへんの仕組みをTeru Sunに解説して欲しいです。
回答:
まずは想念形態(エレメンタル)についてのことから答えると。想念形態を視た霊能者の各個人で視え方が違うんじゃないかという疑問。質問された方の想像通りで、その霊能者が生まれ育った環境や文化で想念形態の捉え方や視え方が違うそうです。この話は誰かの本に書かれていたのですが本山博先生だったか江原啓之さんのものだったか、まったく違う人だったか。霊的能力がある人が書いたものでした。

次に書籍に付属された護符についてのことで、江原啓之さんの本『霊的秘儀』『霊的儀礼』には護符が書かれたものが付いていました。それについて記事も書いたので、直筆だと念が紙にも付着するから効果があるのはわかるけれど大量印刷されたものに何故効果があるのかという質問。

想念・霊・魂を考えられる事を前提に話すのでちょっと難しくなるかもしれませんが。印刷された護符の紋様を僕らが視ると、想念世界(霊界ともいう)にその波長(バイブレーションともいう)が伝わります。

その護符を書いた最初の人、今回の場合は江原さん。その江原さんの想念波長が想念世界に既にあるわけです。そこに江原さんの書いた模様を視た人の想念波長がリンクして霊界を通して同一波長の繋がりができます。霊界に距離や場所は関係ないので地球の裏までひとっ飛びで繋がる。

繋がるとどうなるのかというと、ちょっとした想念防護壁(オーラバリア―)みたいなものが出来ると思って下さい。それはわずかなものでしかないので物理的な銃弾などからは守ってはくれませんが、守護霊や大切なことを教えてくれるような霊にとっては十分過ぎるものなんです。


回答終わり


江原さんは総合的なので引き寄せ系も語ったりしてたっけかな。その話は置いておいて、で次といっても最近は正統な「悟り系」の本 が出版され始めているようです。

ちなみにスピラボでは「さとり系」「悟り系」 を別で考えてます。

・さとり系=買ってもいいけど「…」系、数日でブックオフ行き本。
 阿部敏郎さん雲黒斎さんが代表的著者かなぁ。買うなら100円以上は出せない。図書館にあれば借りて読む。無ければ立ち読みでセコく済ます感じ。

・悟り系=買っておけ系、何度も読む永遠保存の本
 挙げきれないけれど代表でラマナ マハルシ師パラマハンサ ヨガナンダ師、等々。絶版でどんなに高価でも一冊は読んでおいた方が後々の人生どこかでいいと思う。
 
読書は知識が増えて良い事が多いのでどちらの系統も読んでみれば良いとは思うけれど、「さとり系」は安心感を得たい人が歓喜する内容 だと思います。

なんていうのかな、「さとらなくても、 イインダヨ![YouTube]みたいな。
イインダヨ!

〈さとらなくても普通に生きていればいい。それがある意味さとりなのだから〉って、本が慰撫してくれるのが「さとり系」常套句なので、心が病んでる人、心がカッチカチの人はコロッとヤラれる

何でヤラれてしまうかって言うと、スピリチュアル学校成績トップに立ちたいと思うような感じだから。

ヤラれてしまう人は、カルト教団に騙されそうな「勉強できるマジめーなタイプ」とか「俺はスッゴイ悟ってるぜ!」とか競争心が旺盛すぎるタイプ自己啓発セミナー行きまくってる免許取得オタクのタイプ とか、いい子ちゃんで意識高い感じの人が多いと思う。

スピラボ管理人TeruSunはというと、お気楽系だから、「さとり系」の人たちの理論に照らしあわせてしまうと悟っちゃってたわけ。なので、読んでも「はぁ?」と感じて「アホくせー」(ごめんね愛読者がいたら)と思って「ブックオフにGoだわ!」なの。

「アホなスピ信者ですんません!」レベル。でもアホスピにも階級があって、アホの中のアホを目指しているので逆意識高い系 なのかもしれませんが(笑)

さとり系には肌が合わないわけなんです。

先にも江原さんとかの場合は一貫して“心の成長”や“自立した心”といったものを成熟させていく教えやアドバイスを連載されたりラジオで話されたりしています。

これってすごっく大切な事なのね。頭悪くても賢くなくても心が清明ならて話。でも、できれば賢い方がいいけれど。

さとり系の日本人著者とか欧米人の著者は、そのままでイインダヨ!っていうわけですが、ヨガナンダ先生は「神に近づけるように努力しましょう!」って感じの事を優しく言うわけです。

こんな顔で!
Autobiography of a Yogi (Japanese)
で、どっち信じるのさ!?と言われたら、ヨガナンダ先生に決まってるでしょてわけ。

ある意味、ミーハーなんだけどね。江原さんとヨガナンダ先生に言われたら、こっちが良さそうな気ぃしませんか? という結論になってしまうのがスピラボ的意思決定なのよ。

すっごい賢い人は神を好きで好きでしかたない人な〜んだ!
すっごい成功しちゃった人ってのは、神を見ちゃった人なんだからね!
―パラマハンサ ヨガナンダ
『成功の法則』より


著作権侵害しちゃいそうなので言葉を俗っぽくしちゃいました。
超訳レベルの引用(笑)ですいまそん。


この本はすっごく薄い冊子なので買う時は気をつけてね〜!
The Law of Success (Japanese)
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2015.06.14 Sunday | Category[2]スピリチュアル:コラム | comments(11)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2017.04.22 Saturday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
イラつきとプライドが入り混じったみたいな 。
放っとけないのは何故でしょうね。
それこそ弱さ。
| ベーアーさん | 2015/06/14 4:37 PM |
ベーアー、コメントそのまま送り返すよ!
ブーメランてことで(笑)
| Teru Sunさん | 2015/06/14 9:36 PM |
それをそのままブーメランさ(笑)
なんだやっぱ同類じゃん。
いよう!同志w
| ベーアーさん | 2015/06/16 3:59 AM |
素晴らしい知恵をありがとうございます。

雲黒斎さんは、最近のブログや特に最新刊では、ワンネスだから、個的魂もなく個的なカルマもないから来世はワンネスからランダムで前世や魂のデータが抽出される、カルマもランダムだからとばっちりもあり得ると話しています。
他の本とかを考えたらかなり対立する考えですが、どう思いますか?
私もマイケルニュートンやシルバーバーチアランカルデック等、人相が良すぎるのでそちらを信じている方なのですが、かなり気になってまして、意見を聞きたいです。
| チャタローさん | 2015/07/02 12:48 AM |
私は色々なスピリチュアル本を読み漁りました。
ワンネス思想と対立する思想があって私の考えもどうしたらよいのかわからないのです。
そこでこのサイトを見て色々な学びがありましたが、まだ疑問もありまして。願わくば教えを乞いたく思います。

雲黒斎さんが個性や前世、カルマも魂も全てランダム的に選ばれた物で今の魂としての私は1回だけと言ってました。
その話を聞いて私は凄く楽になったのですが、シルバーバーチやマイケルニュートン、江原さんアランカルデックらとは矛盾してますよね。

いつ死んでも構わないと思って思いきりよく気持ちよく快活に生きるか

悪をすれば地獄、成長あるのみと、苦しみながらも頑張って進歩の道を行くのか。

どちらが正しいのでしょうか。
私は自己否定型だし、基本窮及としながら鍛練、我慢、鍛え、修行が好きなタイプなのですが、やはり辛いです。
それが正しいかも分からないので腹が決まらず心も行動も中途半端で。

性格やカルマもランダムなら楽だし抽選で得た自分の個性が気にくわなければ今すぐ死んでもいいので、凄く楽なんですが。
そちらに蜜の味を感じてしまって。

しかし仰るようにどちらかと言えば従来の賢人のが正しいのだろうなとは思います。
ニューエイジは行動が全然ワンネスじゃないし。
お釈迦様やキリストとは全く違うしエセ覚者とも思えるし。人相も悪いし。雲黒斎さんも。
しかし人相学的には雲黒斎さんは人相学的には雌雄眼なので天才のようなのです。

ニューエイジ達の人相は皆似ております。
お世辞にも賢人には見えません。
雲黒斎さんのファッションもイビツで気持ち悪いです。ワンネスなのに見た目にこだわる、しかも似合ってない背伸び感が凄く不気味で魔術師みたいで。
見た目ばかり言ってますが、やはり見た目に現れるのも真理です。かといって性格はそうかも知れませんがもしかしたら話してる内容は正しいかも知れないですし。

やはり雲黒斎さんの死生観は間違っていますか?それともあってる可能性はありますか?
それが分からない限りどう歩めば良いか、迷いがたちきれません。
アドバイスお願い致します。
| チャタローさん | 2015/07/02 1:27 PM |
チャタローさん、はじめまして。

雲黒斎さんのお話の内容教えて下さってありがとうございます。なるほど確かに対立する新説ですね。僕がどう思うかですが、雲黒斎さんに向けて「奇抜な考えですね」という感想でしょうか。

《雲黒斎さんが個性や前世、カルマも魂も全てランダム的に選ばれた物で今の魂としての私は1回だけと言ってました。》

「今の魂としての私は1回」という話。僕も今の〈この僕〉は1回限りだと思っていますが、霊-魂(*1)には繋がりがあるので、小さい視点での1回という考え方ではなく大きな視点で考えると1回ではありませんね。僕が死ぬと霊となった〈この僕〉は人間として転生した〈僕の霊を引き継ぐ者〉とも繋がりを保っているので、ランダムに選ばれるというは変な感じだと思います。

*1:霊-魂(Spirit-Soul)の説明
http://teruterulog.jugem.jp/?eid=127

《やはり雲黒斎さんの死生観は間違っていますか? それともあってる可能性はありますか?
それが分からない限りどう歩めば良いか、迷いがたちきれません。》

チャタローさんのコメントを読ませてもらっていると、ほとんど自分で答えを出していると思うので迷っているとも取れないので僕なんかがアドバイスを話すよりも、もう少し感じたり霊感を働かせながら生活して自分で得心して進まれた方が納得するんじゃないかなと思います。お互いに精一杯生きましょうね。これをアドバイスとしてもらえると助かります。
| Teru Sunさん | 2015/07/04 7:23 PM |
返信はないと半ば諦めていただけに凄く嬉しかったですありがとうございます。長くなりますが聞いてください宗教系毛嫌いしてましたがアンビリバボーの前世の話から偏見も少しとけてブライアンの前世療法で目から鱗前世記憶する子供も見ました本当に辛いときにはシルバーバーチに支えられました小池龍之介のお陰で自分を客観視できるようになりましたヘミシンクや神との対話というタイトルに取りつかれてそれを信じて私は何をしてるか分からなくなりましたふにゃふにゃ生活ですねそして雲黒斎とか阿部とか個人的にはああいうこそこそしてる奴は大嫌いなんですがバカなので真理と信じて疑わずブログを熟読してました
雲黒斎のブログから滲み出る性格に嫌けがさしてかなりイライラきてましたが瞑想して彼の波動を調べたら凄く深くて優しい波動でしたそれで見直しましたが最近は変わったのかも知れません当時はいい人だったようなのですが阿部さんに影響されたとかいう人もいますが分かりません私も愚かでここの記事見てかなりきずかさせて頂いた点がありました雲黒斎さんの二冊目の本で新説が出て最近の山川さんとの共著では山川さんを差し置いて自らの輪廻観を貫きました発売日に買って店のベンチに座り4章だけを読み衝撃でした山川さんは謙虚なので雲黒斎さんを立てていました4章しか見てませんし4章だけ立ち読みしてもいいかも知れませんシルバーバーチのように公開されてないし自分の中だけでの話ですから客観正がないですよね他を批判してるなら分かりますが他の間違いを批判はしてませんし新説なんだから中間生の反省とかどうなるのか説明してくれないと何回もコメントしてますが無視されています新説が出るまでは全てのスピリチュアルの都合のいいとこだけとるという愚か者でしたが新説が出てから無理になりました元来シルバーバーチと雲黒斎は相容れなかったのですここに来てわかりました私は愚かな人間を見ても肯定してましたワンネス思想の観点だったから
でも批判もしたし肯定もしたし何がしたいのかグルグル人間一体何者だったんだうシルバーバーチ的考えとワンネスとあって神との対話の神が雲黒斎に対してと同じく生理的には大嫌いでしたがかなりの素晴らしい霊でシルバーバーチとかよりかなり上と思ってたのがだめだったのかな
しかしそれだけなら雲黒斎の新説を信じて突っ走ってここにも来ることはなかったのですがただ一つ救いだったのは何故か私の親は私の前世を知ってたのです誕生日占いってめっちゃ当たるのですがそれが前世の誕生日を見たらめっちゃ今に持ち越された個性だったのですそこから雲黒斎への疑問がでました質問しても無視でしたが昔は返信もあったようですが今はチケットに関しての返信しかありません
勿論雲黒斎さんの話でもつじつまをあわさられるんですが対立する考えとしてマイケルニュートンの本読みましたしネットの顔は真面目な顔でいかついですが書籍の写真はお釈迦様の生まれ変わりでもおかしくないくらいの優しい顔なんですよその退行催眠見ててもやはりワンネス思想はおかしい気がしましたそして色々検索してここに来ました私は愚かでしたねまだ雲黒斎さんに期待してましたが返信頂いて9割こちらが正しいと思いました絶対はないですからねでも9割りって凄い割合ですから残念ながら私のカルマ個性は私なんですねあんまり認めたくはないんですがね死んでチャラがよかったなしかし私は元来だらしないのですが自分に強いて掃除とかしたら清々しかったですワンネスなら努力は自己否定になりますが久しぶりに苦手に挑戦したら楽しくて自分を誇らしくも思えましたワンネスで怠けを肯定しても自分を好きになるわけでもなし仮にずる休みしてる自分をワンネスな奴が見たら多分嫌悪しますよねワンネスで100万友達にあげても分離したらやっぱり返してですよねずっとワンネスじゃないと意味がない一瞬ワンネスになっても酔っ払いと同じですよね考え方でワンネスにはならないしワンネスになってもワンネスにとって幸せなだけで分離世界では完全に逸脱して裸で外を歩いて逮捕されても幸せって実感出来るのがワンネスだと思うので支離滅裂ですよね悟っても怒るし蚊は殺すしペチャクチャ無駄話するし金のもうじゃだし雲黒斎さんなんて麦わら帽子じゃないけどみたいなの被ってだて眼鏡イケメンでもないのにイケメンの自覚があるらしくアゴヒゲ生やして尖った靴ホスト系42で妻子持ちだよな悟ってないよなチケット代もそこに消えてるんだな占いによれば私は騙されやすいようですセールスとかには騙されませんが過去には友達に騙され最近はニューエイジワンネスに騙されてたみたいですねまだ確定はしてませんがここの方の仰るようにニューエイジはほぼ×ですね
気付かせて頂いてありがとうございます
| チャタローさん | 2015/07/05 2:20 AM |
濁点、改行なく失礼しました。
文字数がオーバーしたので全部消しました。すいません。
紹介されてる本で知らない本もありましたので購入検討しています。
伊勢白山道は注文しました。

輪廻については心の道場のシルバーバーチの話の通りですよね?
個的魂は実は個的大霊の一部であり、個的大霊はグループ霊の一部であり、グループ霊はワンネスの一部ですよね。

そして個的魂は個的大霊の為に頑張って来世はまた個的大霊から個的魂が分離されるんですよね。

ニューエイジワンネスは一瞬のワンネスですよね。
一瞬なら意味ないですよね。振る舞いが完全にワンネスとは真逆ですよね。
賢者っていう称号を自らつけたり、テラなんて名前忘れたけどギルガメのおっさんみたいですよね。

従来型スピリチュアルは神にちかずき、ワンネスになれば永遠にワンネスです。
まぐれ的にワンネスになっても意味がない。酒飲んだ時だけ無敵になっても恥ずかしいだけですね。永遠に酒が飲めるんならいいんですが。
ワンネスなんて一瞬だけですよね。
だからニューエイジ達はその一瞬の体験を話しているだけですよね、現在は分離だからワンネスの体験を思い出しはして話してるだけで、本人たちも絵に書いた餅のをよく知ってますね。
ずっとワンネスならお金もいらないですもんね。キリストと違って金が欲しいのはそういう事ですね
ニューエイジは人生はゲームと言ってますが、ゲームだと達観しててもつまらないですし、いうほど自由もない
ロープレみたいに、レベルあげたり、スキル磨いたり、来るべき来世のボス対決に向けて頑張ったりしてた方が断然楽しいですね。 
ワンネスの奴等って見た目に拘るし、ダイエットはするしそのくせ、掃除もしない風呂も入らない。
正に仰る通りワンネスは危険ですね

アドバイスのお陰でかなり洗脳が説けました ありがとうございます。
| チャタローさん | 2015/07/05 2:45 AM |
チャタローさん、PCでブログを見ると左側にオススメ本を表示させています。それらお読みになりましたか? 伊勢白山道は個人的には今思うと安っぽい気がしました。エドガー ケイシーの『改訂新訳 転生の秘密』なども。あとダスカロスは必読書です。
| Teru Sunさん | 2015/07/06 10:38 PM |
>大量印刷されたものに何故効果があるのかという質問

護符に関して、江原さんの本では、
大量印刷された本はいいが、その本に付属する護符のコピーは不可となっているのは、霊的な理由があると思いますか?それとも商売上の理由でしょうか?お考えをお聞かせくださるとありがたいです。
| ユーチャンさん | 2015/09/15 2:05 PM |
ユーチャンさんへ

護符のコピー不可についての回答をお伝えします。もし本に付属している護符に著者が直接に想念を込めたものであるならばコピーしたものは「本来の意味での効果が期待できないので不可」という事になりますので霊的な理由として、この一点。商売上の理由も付随すると思います。神社でお守りを買うという意味に近いかもしれません。

なので、もしその護符に神官や霊能者が念を込めていないのであれば、この記事で書いた護符の効用目的に使用する意味で利用するためであればある程度の効果はあると思います。
| Teru Sunさん | 2015/09/19 10:47 AM |










AX