プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
【かなり霊的にディープ】『災から身を守る 霊的秘儀』―霊的秘儀を語りだした江原さん―
災いから身を守る 霊的秘儀

昨年出版された江原啓之さんの『霊的秘儀』『霊的儀礼』二冊は対で一冊の内容。出版の関係(一冊にまとめると頁数が増え厚くなり製本価格も高く一冊5千円程になる)で二冊になり、儀礼の方は“霊的儀礼をおろそかにしたことによって「起きる災い」について”秘儀の方は儀礼で書いたものと併せてまとめて整理した濃い(ディープな)霊的技法(儀礼・秘儀)にまで踏み込んで言及した内容です

そのため一般には広く受け入れられない霊的事柄を柔軟に理解したり受け入れられるような…「霊的認識の成熟度【Spiritual knowledge】心の段階」でいえば「人生経験を重ね、物的・霊的事柄に対してバランス良く理解したうえで微細な霊的領域の影響で起こる因果や現象を迷信や思い込みのたぐいでない事だと理解する事ができ、それに対して適切に対処、受け入れることができる“霊的認識が高まったひと向け”の内容」 だと思います。

なのでもし受け入れられない箇所があっても、いつか得心できる時があるかもしれませんから頭の片隅に知識として残しておくと良いと思います。江原さんの説かれるスピリチュアリズムの著書はスピリチュアルマニアの知的欲を満たすためではないので間口が広く霊的知識を全く知らない読者でも難なく読めて理解できるように配慮がなされています。

著者・江原さんの教えのベースは本書で紹介されている諸先生らの影響で日本の神道(復古神道:古神道)英国のスピリチュアリズム(キリスト系)なので和洋折衷、バランスが取れたものだと感じます。

本書の霊的秘儀と護符について簡単に要約を兼ねた紹介をしたいと思います。詳しすぎる補足なので更に知りたいと思う方だけ読んでもらえればと思います。
- - - - - - - - -
■霊的真理と秘儀
霊的真理・秘儀は昔、世界の様々な宗教(神道/仏教/キリスト教/ユダヤ教/ヒンドゥー教/イスラム教など)の中でも、ごく限られた秘教・密教・秘密結社だけが知る事が許された秘密の知識や教えの事です。現在は重要な事とされていませんが古(いにしえ)の神官/僧侶は「霊的感性(霊感)/霊媒能力」が重要でその感性を伸ばすための「霊性開花」の修行をしていた事から霊的真理・秘儀が少数の者、支配層・エリートだけの知識でした。
自分でできる霊性開花 グループ・ゼロ

古の時代、秘儀は支配層が一般の人たちが理解できないような暗号や隠喩のようにして秘匿して仰々しいものにしてきました。ですが今の時代、霊的真理・秘儀は著者が教えのベースにしているスピリチュアリズムのように素直に理解すれば誰にでも実践できるものとして公開されています

霊感が育つと一般の人には見えない「霊的事柄」の裏で動いている「霊的な原因結果(カルマの法則など)」が視えるようになり、目に見えない人たち(守護霊/未浄化霊など)の言葉が聞こえるようになり、目に見えない霊的エナジー(想念形体[エレメンタル,ソートフォーム]と呼ばれるもの)、いわゆる「念」が視えるようになります。


■護符になぜ霊的効果があるか
本書に収められている護符は著者が師事した古神道の先生方から引き継いだものと書かれてあります。スピリチュアリズムには護符のようなものはありませんが古神道には道教/陰陽道の影響で護符が存在します。

ですから本書の護符に似た護符が呪術専門書を調べれば載っているかもしれません。護符は“人を呪ったりするような目的”で使われるものではないので真摯で清浄な心で行う物、害になるようなものではないと説明があります。

人を陥れるような気持ちで行えば邪悪な呪法にもなりますが…。

でも、護符になぜ霊的効力があるのでしょう。

英国の霊視者アニー ベサントが書いた『思いは生きている―想念形体』には、他者に嫉妬などの想いを抱くと、その人から“緑色のうねるような形”をした「想念形体」と呼ばれる「念」が想いを抱いたその目的の相手に向けて飛んでいく様子が霊視により観察されています。
思いは生きている―想念形体 (神智学叢書)

江原さんもテレビ番組などで恨みの「念」を視た様子を語った事がありました。その時には「蛇のような」と表現された事があります。ベサントの視た想念形体と似ています。本書ではこれを“生霊”と書いています。この「生霊(念・想念形体)」は相手が精神的に弱っていると跳ね返す事ができませんが精神が元気だと跳ね返す事ができます。相手に向けて放った生霊は、相手に跳ね返されると自分に戻ってくると言われています。

本書に書かれた護符の書き方、想いの入れ方には精神を補強する効果があります。描かれた護符には紋様線画と文字が描かれています。この紋様・文字にどんな効果があるのか霊能力を持つ作成者にしか分かりませんが簡単に説明します。

紋様を描きながら想いを抱くとき、その紙を描く人の周りに「想念形体」が創りだされ、その念が紙にも封じ込められたり付着します。

例えば私たちが「あ」という文字を頭で想像するとき「あ」という文字が浮かびます。ですが脳の中に「あ」は存在しません。文字は現実世界では脳波という電気信号になり、霊的世界(幽幻界・幽界・霊界すべて)にはイメージとして現れ伝わります。霊的世界に「あ」という文字が伝わり、霊界の霊はその想いを見たり感じたりします。

また例えば、瞑想のとき、ヒーリングのとき「自分の周りを包み込む光り輝くボールのような殻」を想像したり「自分を守る観音様の姿」を想像したりする事で霊的な「悪念」や「未浄化霊」から自己を守りになると書かれています。これはイメージの世界で霊に対する防衛線を創り出す方法です。霊にとっては想いの力で作られた観音様や神々しい光は、私たちが現実世界で見る物質のように感じられるようです。

護符やあなたの体(ボディ)の周りに未浄化霊が近づくと、あなたの想いが創りだした様々な創造したイメージの創造物を未浄化霊が感じ、共感をしたり快・不快に思ったりします。未浄化霊にとって現実世界の景色と私たちが想いの念で作り上げた創造物を見分ける事ができないわけですから、観音様を創造した人の周囲には、まさに動く観音様が顕れて見え、未浄化霊になった人は、そのイメージを幻覚に陥ったように見て恐れたりします。

かなりディープな話まで書いてしまっていますが、これが霊能力がある西洋魔術師(メーガス)たちが行なっている魔術の理論です。霊能力のない魔術師は無意味なものですから、魔術師の修行は霊能力者の修行でもあります。

善の霊と呼ばれるような高い位相にいる霊は、想いに共感して力を貸したり助けてくれたりする反対に邪悪な霊とよばれるような低い位相にいる霊も同じように悪い想念に惹かれて寄ってくる 想いの力が、これからの自分の生き方を助けもすれば破滅もさせるわけです。

欧米の霊能者は、このようなイメージする想像行為を「視覚化(Visualization)」と呼んでいます。一般単語の「視覚化」と区別するため「霊的視覚化」などと検索するとスピラボに書いている情報の他に情報があるかもしれません。本書で江原さんは秘儀を行えるように上記のような「視覚化を一般の方達が易しく誰もが実践できるよう」に書かれています。

「平和を願う想い」や「優しさ」を抱くとき、その人から発される「念・想念形体」には幾何学模様のような整った紋様のような「念・想念形体」が発せられるのがベサントに目撃されています。古神道行者は霊能力があるので一般の私たちでは見えない霊的エナジーを観察し、紙(護符)に「念・想念形体」が付着して込められる事がわかったのだと察せられます。

秘儀は西洋ではユダヤ教やキリスト教に白魔術として伝わる幾何学的な六芒星・五芒星をシンボルとして描いたりするものがあり、英国の霊視者ダイアン フォーチュンの『心霊的自己防衛』の中などに想念形体から身を守る術などが所々に書かれてあります。
心霊的自己防衛
元気に笑っている相手に呪いは効きづらい。けれども就寝中や病気の時は誰もが無防備な状態だったりする。夢の中では呪いの想念形体を跳ね返すことがこできないといった事。なので丑三つ時(真夜中)に呪いを行なったりする事が昔から行なわれているんです。

キプロスの霊能力者で稀代のスピリチュアルヒーラーとして有名なスティリアノス アテシュリス(ダスカロス)は、フォーチュンが書いているような西洋魔術にも造詣が深かったように感じます。ダスカロスはクリスチャン カバラの知識やシンボルを使った技法の一部を公にしていますが、邦訳書が無いためフォーチュンの書いた『神秘のカバラー』などを読みつつ理解をしていったりするといいかもしれない。
神秘のカバラー

江原さんが書かれた一見して簡単そうな内容の本も詳しく分析してみると、様々な物が含まれているので馬鹿にできないものがあります。そういう意味でも簡単そうな初歩的な本を理解できない実践できない人は、どんな奥義も身につける事が出来ない事が判明するのではないでしょうか。

最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2015.02.01 Sunday | Category[2]スピリチュアル:江原啓之 | comments(1)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2017.05.13 Saturday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
こんにちわ
悪い想念は、動物の形をとるとダスカロスの本に書いていたと記憶してますが
個人的に気になるのは、同じ想念を複数の霊能者に見せた場合、見え方が異なるのではないかと言うことです。
日本人だと、キツネやヘビとかありますが、海外の霊能者はたぶんキツネという形では見えないと思います。
そこらへんが霊能力の捉えにくさでもあるんですが・・・
あと文字を書くときに想念が形になるというのはイメージできるんですが、
これが機械で大量に印刷されたものだと想念が入るのかという疑問も沸きます。
そのへんの仕組みをTeru Sunに解説して欲しいです。
| 夜明けさん | 2015/02/03 12:43 PM |










AX