プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
【日本を代表する霊能者 兼 科学者】『人間に魂はあるか?』を語る
精神世界(スピリチュアル分野の書籍の出版が少なくなりブログを始めた頃に比べるとスピリチュアルに関心がある読者にとっては悩ましい事だと思います。

ですが最近かなり読み応えのありそうな本が出版されているのを発見して、いつもの通り喜んで読んでしまいました。検索をしていると思わぬものが見つかるものです。

今回紹介するのは、霊的能力をもった宗教者でありながら科学者としても国際的に知られている人物本山博(もとやま ひろし) を主題にした内容の『人間に魂はあるか?:本山博の学問と実践』



本書は2012年6月に本山博を講演者として迎え、慶応義塾大学三田キャンパス北館で行われた〈地球時代のスピリチュアリティと宗教:本山博さんの仕事をめぐって〉と題したシンポジウムでなされた講演内容がすべてまとめられたものです。

シンポジウムでの内容は、小林正弥(第1章)、樫尾直樹(第3章)、影山教俊(第5章)、本山博(第8章)、小林・樫尾・影山の鼎談(第10章)となっていて。その他の章は本山先生と親交がある先生方の考察論文と稲盛和夫村上和雄へのインタビューが掲載されています。

実際に講演会を拝聴しに行ったので改めて文章として読むと聴いた時とは、また違った面から理解を深める事ができた気がします。残念なのは、本山先生が独特の言葉遣いで聴衆をドッと笑わせたりしたような様子やその場の雰囲気までは文章では表現できないところがあるところです。

本山先生の学問や哲学について各々の先生方の考察や捉え方が網羅されているので、いまいち本山博を理解できずにいる場合の見取り図 のような位置づけの内容として読むに値するものだと感じます。

本山先生は講演で「魂は在る」という考えを淡々と述べていましたが、経絡や気の流れなどの微弱な電流をとらえる事で、その人それぞれの魂の質や状態が分かるとも語っています。PSI(サイ)と気の関係 の研究で日本とフィリピンの霊能者(本山さんの母とトニー)の波形を比べた事例が本書に載せられているので興味がある方は一読の価値があります。

本山博先生に対するスピリチュアルラボでの位置づけはキプロスの公務員で稀有な霊能者でヒーラーとして生きていたダスカロスくらいに考えています。 どちらの人物の著作共に興味深く読む価値があります。ぜひこれから読んでみてください。本山先生も、ある意味、鍼を使ったり、遠隔ヒーリングをしていたヒーラーですから。

ストロヴォロスの賢者
ストロボロスの賢者

最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2014.02.08 Saturday | Category[2]スピリチュアル:コラム | comments(0)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2017.02.12 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます










AX