プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
【ヘミシンクで“思いを具現する”】『ラスベガスとヘミシンクに学んだ 富と成功の秘訣』
ラスベガスとヘミシンクに学んだ 富と成功の秘訣
―ラスベガスとヘミシンクに学んだ― 富と成功の秘訣 

“ヘミシンク”というのは人間の意識をスムーズに変性意識に到達できるように調節した音響技術バイノーラルビートのことで、左右の耳に異なる周波数の音を聴かせることで左脳と右脳をシンクロさせ瞑想効果を高められると知られています。

開発を行ったのはアメリカ人の ロバート モンロー、通称「ボブ モンロー」。彼の人間像は『ロバート モンロー伝 体外離脱の実践研究者』に詳しく書かれているので、そちらを読むことをおすすめしますが、超心理的な体外離脱の実践研究者として広く世界的に知られている人物です。

ロバート モンロー伝―体外離脱の実践研究者
ロバート・モンロー伝―体外離脱の実践研究者ロナルド ラッセル Ronald Russell

中央アート出版社 2010-08
売り上げランキング : 274575


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

臨床心理学者の著者ジョー ギャレンバーガーは、モンローと親交を持ったことが切っ掛けでモンロー研究所(The Monroe Institute)と共同開発で学習プログラム 「思いの具現化(マニフェステーション)と創造(クリエイション) 2乗」MC Squared (Manifestation and Creation Squared) を作り上げたそうです。

本書では、ラスベガスのカジノで サイコキネシスPKを使って現実世界に影響を与える念力を体感する事によって、人生をありのままに創造することを目的とした「ラスベガス アドベンチャー(ベガスへの旅)」 を行っているので、本書はそれについての記述が多く、学習プログラムに興味を抱いている人にとっては貴重かもしれません。

「思いが現実世界に影響を及ぼす」という説は広く知られている事で「表がでる」と思いながらコインを投げると、表が出やすくなったり「そんな事あるはずない」と思うと逆に裏が出やすくなったりする現象のこと。ギャレンバーガーは、マニアックな超心理学的な知識にも詳しく、その知見を分かりやすく説明しようとしている部分もあり好感が持てます。

念力はある裏づけるマニアックな知識を知りたい読者のために推薦書も紹介されてあり、超心理学者ディーン ラディン(Dean Radin)の『The Conscious Universe: The Scientific Truth of Psychic Phenomena』、医学博士・心理学博士パメラ レイ ヒース(Pamela Rae Heath)The PK Zone: A Cross-Cultural Review of Psychokinesis (PK)』などが挙げられています。

残念ですが邦訳ではラディン著『Entangled Minds: Extrasensory Experiences in a Quantum Reality量子の宇宙でからみあう心たち:超能力研究最前線)』しか存在しないです。ラディンの著書は2013年にも最新刊がありました。

ですが「念力などあり得ない」と声高に主張する人たちがいます。彼らは懐疑論者を名乗っていますが、著者はそうではないと言います。懐疑論者ならば客観的にデータを分析するからで、それをしていないで否定をする少数の人々が科学界にいるのだそうです。そのようなマヤカシを暴いた推薦書としてクリス カーター(Chris Carter)Science and Psychic Phenomena: The Fall of the House of Skeptics(科学と超常現象:懐疑論者の住処の崩壊)』をも薦めていました。

私の実感ですが、念力はあるし、思いの具現化もあると思っています。スプーンを曲げた経験もありましたし、思いの具現化として、無理だと知人などに言われていた憧れの企業で仕事をすることもできました。

ヘミシンクを利用すれば、思いのままの脳波状態を作り出すことができるといわれています。4ヘルツの脳波はデルタ波で「深い睡眠状態」のとき、4〜7ヘルツの脳波はアルファ波で「浅い瞑想状態や白昼夢」のとき、14〜25ヘルツのベータ波は「覚醒状態」のとき、また、ガンマ波と呼ばれる25〜50ヘルツの脳波は、ベガスへの旅にとくに重要で、エネルギー ヒーリングや念力といった超常現象に関係しているそうです。さらに、イプシロンと呼ばれる高い脳波が存在し、現在、研究者たちの関心を集めているといいます。

ヘミシンクは、これらの脳波を自在にコントロールすることが可能な技術なので利用しようと考えている方にとっては参考になる話が書かれているかもしれません。本書はギャレンバーガー自らの今までの経験談、学習プログラムの開発秘話、自らの生い立ちが語られています。主にラスベガスでの念力を使った経験談や試行錯誤の記録です。

最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2014.01.04 Saturday | Category[2]スピリチュアル:ヘミシンク 体外離脱 | comments(1)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.09.01 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
ブルース・モーエン(Aさん指導)いってきましたよ^^

あれ、結構急激な理解力が生まれるメソッドでしたね。私が以前から妄想だと思ってたものが、リアルだったとか・・・。

やはり、経験者の言葉と実力は違うと実感しました。ただ、ブルースはどうも表現が独特でわかりづらいとAさんが言ってましたね。私もそう思いました。

彼の本は、解説付きが良い。(笑)では。
| 整体Cさん | 2014/01/20 6:35 PM |










AX