プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.06.02 Sunday | Category- | -

【クリシュナムルティ著述集】『静けさの発見』 【覚者もマスターも教団も必要ない】
J. クリシュナムルティは今でも新刊が発売され続けています。ですがクリシュナムルティの語った事を利用する自称サトった者・自己啓発講釈師(阿部敏郎みたいな)は、ほとんどいません。

なぜならクリシュナムルティの事を話題にすると講釈師にとって〈両刃の剣〉になるからです。クリシュナムルティは、ありとあらゆる権威を否定して自分自身に夢中になる事をも否定するからです。

簡単に言ってしまえば「覚った(エンライトメントを体験した)と自負する講釈師の本や話しを聞いたって意味がないよ…」と覚者と呼ばれているクリシュナムルティ本人が長々と痛烈に否定しまっているわけです。

講釈師は、自分の話しに人々を惹き付け、その出版物,講演料、相談料などで生計を立てているからクリシュナムルティの事を話題にすると読者から手痛い批判や冷めた批判を受ける事になるんです。

クリシュナムルティは、自らを指導者と仰ぐ信者らで構成された教団(星の教団)を解散した事でも有名です。ですから、宗教教団や集団を運営する講釈師もクリシュナムルティの事を話題にする事はないでしょう。自分の教団も意味がない、と信者に悟られたくないですから…(笑)

反対に先日ブログで紹介したOSHO(ラジニーシ)は教団・組織を持っていましたからOSHOの言説をスピサトリ講釈師は真似する事で悪用も出来てしまいます。阿部敏郎はOSHOの言説を特にリスペクトしていた事で、その意味が分かるでしょう。

静けさの発見―二元性の葛藤を越えて (クリシュナムルティ著述集)さて、変な話しを長くしてしまいましたがクリシュナムルティの本で最近出た静けさの発見―二元性の葛藤を越えて (クリシュナムルティ著述集)が、たまたま図書館にあったので取り寄せて久しぶりに読んでみました。

クリシュナムルティの話しは繰り返し繰り返し同じ内容を、その聴衆に合った形で語っているように感じるので、その時の映像や様子が分かれば一番いいのでしょうが。今現在、彼の言葉を知る機会があるのは文字情報と残された音声や映像の一部から想像して読むしかないでしょうね。

今回は、ある権威や聖者を探し求めることが止められない質問者に向けたメッセージ自虐的な内省も込めて言ってみればスピラボ管理人のTeru Sunような行動をしている質問者・聴衆に向けられた痛烈なメッセージの一部です。全部を書き写すのはちょっと手間なので止めました。
 質問 私は様々な教師、導師(グル)を経巡ってきました。私はできるなら、あなたから、何が生の目的であるかを、知りたいと思うのです。

  物質的に豊かなヨーロッパとアメリカで、ご婦人方はたくさんのウィンドーショッピングをします――一つの店のウィンドーからもう一つへ移り、外側から衣装を見て、買うお金があったらいいなと思ったり、とても多くの物を見る興奮に足りて満足したりします。同様に、ここインドでは導師から導師へ移るこの奇妙な楽しみと興奮のゲームに沈溺する多くの人たちが、いるように見えるのです――いつもウィンドーショッピング、です。そういう人たちには、何が起きるでしょうか。彼らはしばしば情動的に張りつめているので、そのため弾力性・融通が失われるのです。この作為的な刺激は、すぐに感情を鈍らせます。そのすばやい応答と柔軟性は去ってしまったのです。なぜあなたは導師に、教師のところに行くのでしょうか。明白に自己保護のため、慰め・安楽のため、何らかの方向への司令のためです。あなたはいつも、それをどこに見つけるのでしょうか。あなたをうれしく満足させてくれる導師において、あなたに慰め・安楽を与えてくれる教師において、です。教師があなたに対し、世の中の道すじ・習わしを放棄するよう、単純であるよう、愛して慈しみぶかくあるように教えるなら、あなたは彼のところに行かないでしょう。彼があなたの渇望するものについてうれしく満足させてくれるなら、そのときあなたは、彼の足もとにひれ伏します。このゲームは大人たち、成熟した人たちのためのものではなく、子どもたちのため、愚かな人のためのものです。さらにまた、あなたは教師のもと・面前で心慰められる、平和であると感じるなら、彼の献身的な信者になるのです。この献身は腐敗です――思慮ある人たち、熱心な人たちにふさわしくないのです。しかし教師があなたの惨めな慰め・安楽と安全を越えた何かを要求するなら、あなたはすぐにもう一人の導師を見つけるでしょう。バカげたこの導師の追求は、知的な精神を鈍らせ、感情的な心を空っぽにします――それら精神と心の純朴な活力と生命力は失われます。導師に付いてきたあなたたちの皆に、何が起きたでしょうか。あななたちは、敏感さの美しさ、知的な精神と感情的な心のすばやさと深さを失ってしまったのです。
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2013.11.24 Sunday | Category[4]霊的偉人:クリシュナムルティ | comments(4)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.06.02 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
はじめまして。
記事の内容のコメントではありませんが、
私は講釈(講談)という芸能に関係している者ですが、
他者を否定する意味で「講釈師」という言葉を安易に使われる事が悲しい思いでしたのでコメントさせて頂きました。
講釈師達(現在では講談師という方が多いです)は情熱を持って一生懸命活動しております。
それぞれの職業の名称にリスペクトを持った扱いをして頂きたいと思いました。

失礼いたしました。
| 講釈さん | 2013/11/25 1:12 AM |
お久しぶりです。いつもここに来ると、ここに記載されている本が読みたくなります。でも、私は、私の仕事に関係する本で手いっぱいで、金銭的な余裕も有りません。ここに手を出すとキリが無いと思いなかなか読めないでいます。実はどっぷりと浸かりたいのです。エックハルト・トールの「THE POWER OF NOW」を今原書で読んでいます。英語は出来ないので非常に苦労しながら少しずつ読んでいます。愚痴みたいなコメントで申し訳ありません。しかし、私にはきっと必要な世界だと思っているので、すこしずつでも読みはじめたいと思っています。クリシュナムルティも興味があります。とりあえず、お勧めの本から入りたいと思います。本当に良いHPですね。見るとわくわくします。余計なコメントでごめんなさい。
| 吉田鍼灸指圧治療院さん | 2013/12/04 9:11 PM |
講釈さん
はじめまして。まず最初に私が講釈さんに理解を頂きたいのは、私は文章を書く際に辞書を当たりながら言葉を選んでいるくらいの人間だ、という所です。その事を理解して頂いてから返信文を読んでもらえると幸いです。
私が「講釈師」という名称を使ったのは「講談師」とは別のイメージを読者に読んでもらうことでした。誤解を抱かないで下さいという意味でもわけました。講釈には「講釈を垂れる」などの言葉もあることから講釈という意味には、どこか鼻につくイメージを一般的には持っています。また、講釈師という名称は今では一般的には使われていないと辞書を見るとわかりました。ですから、講談師の職業とは全く違うイメージで読者が読んでくれていると感じています。
しかし、今回、講談師をされている人によりますと少数派ですが、そう読んでしまうことがわかりました。貴重な意見として今後の執筆活動に活かしていこうと思います。ありがとうございました。
| Teru Sunさん | 2013/12/07 10:03 AM |
吉田鍼灸指圧治療院さん
お久しぶりです。コメントありがとうございます。仕事関係の本と精神的な本を一緒に読むのは大変だと思います。読めた時が読みどきだと思って焦らず一冊ずつ読めば良いと思っています。私はそれほどの読書量はないので選んで読んでいる感じです。
| Teru Sunさん | 2013/12/07 10:15 AM |










AX