プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
【マインドコントロール】『はだしのゲン』の極端な考え方の〈植えつけ〉と〈刷り込み〉を考える
考えてごらん…

「なぜアメリカは広島・長崎に原爆を落としたのか?」
「一般市民を大量虐殺する意味はあったの?」

漫画『はだしのゲン』の事で何をそんなに騒ぐ必要があるのかなと先日までのメディア報道を見て思ったものです。

朝日新聞・テレビ朝日(朝日系)が珍しい事に漫画作品の事で騒いでいるので「これはあれだろうな」と思い当たるふしがありました。

結論を先に書くと『はだしのゲン』は極端な考え方を子供たちに植えつける内容として、とても優れているので朝日系を始め毎日新聞・TBS(毎日系)などのメディアが社説までして推しています。読売新聞の素っ気ない報道とは対照的なのが考え方の違いに現れています。

 ◆毎日新聞 社説:はだしのゲン 戦争知る貴重な作品だ
 ◆読売新聞 はだしのゲン「描写過激」…小中に閲覧制限要請

将来の日本を担う子供たちに「自国の自虐的な歴史認識を教えて極端な考え方の人間にするため」の足掛かりにするためのものですもの、朝日系や毎日系が懸命になって報道するはずです。この事情を知らずに教育委員会が間違っているとして『はだしのゲン』の売れ行きを嬉しがっている人もいるようだけど……。

 ◆朝日新聞 はだしのゲン、売れ行き3倍に 閲覧制限問題で注文増

お子さんに極端な考え方を植えつけたい人は買って読ませた方が良いと思います。子供を極端な考え方にマインドコントロールする芽を植えつける事ができると思いますから。

半数以上の人たちが極端な内容の漫画を学校図書館に置くべきだと答えています。いつものメディア扇動報道に“やられて”しまったようです。「思想の自由」という言葉に日本人は弱いですね……

先日も書きましたが、ドイツではヒトラーの我が闘争は出版禁止の措置をしています。これは賢明な措置だと思っています思想は人に伝染します。ですから極端な考え方も伝染するのです。
 ◆ Yahoo! 意識調査 「はだしのゲン」の閲覧制限は妥当?

「漫画くらいで子供がマインドコントロールなんてされるわけがない」と思うのは、とても甘い考え方で私たちは目から入ってきた情報にすぐ騙されてしまうものなんです。

子供は更に純朴
ですから小学校に置かれている本に描かれた事は全部真実だと思ってしまいます。まだ自分で価値を判断できるようなところにはいないわけなのですから。
マインド・コントロール マインド・コントロール
岡田 尊司

文藝春秋 2012-12-06


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『はだしのゲン』の極端な考え方と描写で問題となる部分を簡単に挙げると。

・天皇制への“極端な批判”がある
・「君が代」は国歌じゃないと書いてある
・原爆が落とされて、それで戦争が終わって良かったとある
・日本軍の鬼畜な行いだけの描写がある
・特攻隊や戦争に行った人を馬鹿するようなことが書いてある

偏った考え方を大切に思うスピリチュアルラボの指針から判断すると

『はだしのゲン』は“偏りがヒドい”です。

当時の世界情勢を考えるとアメリカ,イギリス,オランダ,フランス,ドイツすべての国々が悪いのです。
子供はマインドコントロールされやすい存在です。そこの点をよく考えてみてもらいたいと思います。
子供たちとの対話―考えてごらん (mind books) 子供たちとの対話―考えてごらん (mind books)
J. クリシュナムルティ J. Krishnamurti

平河出版社 1992-06
売り上げランキング : 16958

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最後に一つ、あなたを試してみましょう。
この写真をみてどう感じますか?

「おしゃれ?」

もう一枚どうぞ。どう感じますか?

「ダサい?」

似たようなデザインですが、最初のはイギリス国旗で次が日本国旗と旭日旗をあしらったファッションを女性がしています。

最初のファッションは都内を歩いていると若い女性が着ている姿を目にします。しかし二つ目のファッションは、ほとんど見かけません

なぜでしょう?

これが先ほどまでに話していたマインドコントロールの分かりやすい事例。イギリスやアメリカが国を挙げて昔から世界各地で行っている「イメージによる刷り込み」です。

イギリスとアメリカの国旗をファッション業界が有名人に着させる。すると人は、その絵柄が肯定的な意味「かっこいいもの・クールなものだ」と刷り込まれます。簡単な方法ですが日本人はこういう類いの刷り込みをかなり行われて育ってきています。

韓国が世界各地で旭日旗柄に大声をあげて批判活動を行っているのは、否定的な意味を世界各地で起こすことで世界中の人間をマインドコントロールしようと画策している戦略の一つです。

『はだしのゲン』にも同様の「植えつけ」「刷り込み」が極端な考え方として多分に含まれています。よくよく気をつけてください。
-----
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2013.08.24 Saturday | Category[2]スピリチュアル:コラム | comments(0)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2019.09.01 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます










AX