プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
【闇の日本社会】知らずにマインドコントロールされる社会から目覚める
現実は複雑であり現代人の思考力は単純だと指摘するのは或る著名な神秘哲学者です。思考力が単純というのは、どんな事に対しても単純に白黒つけたがる“白黒思考”(Black and White Thinking)の傾向の事。

白黒思考は“誤った二分法”とも言われてもいます。なぜなら、現実問題に対して白黒で問題を解決できる事はほとんど無いに等しいからです。

ですから真に賢明な人物は白黒思考をせずに様々な視点からアイデアを生み出すために多角的で総合的な視点から物事を考えます。そしてその考え方を創造的思考(生産的思考)としてまとめ問題解決の足掛かりにします。

しかし難題があります。白黒思考には甘い誘惑があるのです。

白黒思考は拙い知性の持ち主でも答えを出せるので、とかく考える事(創造的思考)を放棄する傾向の人(白黒思考癖)は先に上げた示唆のように白黒思考で問題解決しようとしてしまうのです。

有りか無しかAll or Nothingのような安易な思考決断です。

例えが悪いかもしれませんが、白黒思考はチンパンジーでも行える思考決断なのです。幼い子供でも好き嫌いの決断ができます。白黒思考は稚拙な原始的な本能によった思考法といえます。

しかし、白黒思考が稚拙な思考法だという事実に関して現代人は恐ろしく鈍感です。幼い頃から知らず知らずに心の奥深くに白黒思考を刷り込まれて来たので麻痺してしまっているのかもしれません。わかりやすく言えば現代日本人全体が集団的にマインド操作をかけられていると言えるのです。

目に見えない形で白黒思考の傾向を与えようとマインド操作を行う事を白黒思考刷り込みと呼ぶ事にします。創造的・生産的思考を常日頃から意識的に行なっている賢明な人は別として白黒思考擦り込みに気づいている人は年配でも若者でも相当に少ないようです。

巧妙な白黒思考の刷り込み マインド操作
そこでその最も気づき難い巧妙な白黒思考擦り込みを私達に行って来る相手が何者で、どのような手法なのかを知る事でそれらのマインド操作に安易に操られずに済むようにしてゆきたいと思います。

まず、どのような手法で白黒思考刷り込みマインド操作が行われているのか2つの文例を提示したうえで説明します。

1.東京オリンピックに、賛成ですか反対ですか?
2.原子力発電は、存続ですか全廃ですか?


上記2つの文例のどこが“白黒思考刷り込み”?と訝る人もいるでしょう。実はそこがカモになった人の反応です。なかなか気づかないと思いますが刷り込み というマインド操作は質問形式で選択を迫る方法で行われています。

人は質問されると自分に選択権があると錯覚します
しかし上記2例文では「賛成か反対か」という選択肢しかありません。

創造的思考を行う余地が全く無い事に気づきます。また、ここに「どちらともいえない」という選択肢を加えても同じ事で、どんな創造的思考の持ち主の考えも白黒グレーの鋳型に作為的に流し込まれてしまいます。

こういった質問を何度も何度も繰り返し問いかける事で白黒思考刷り込み が行われて現代人は考える事を知らず知らずに放棄するようになるのです。
覚醒のメカニズム―グルジェフの教えの心理学的解明覚醒のメカニズム―グルジェフの教えの心理学的解明
チャールズ・T. タート Charles T. Tart

コスモスライブラリー 2001-01


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

このような質問の白黒思考擦り込みを常日頃行なっているマインド操作機関が存在している事に気づいているでしょうか。ブログを読んでくれている方々は多角的視野を持って創造的思考を能動的に行おうとしている聡明な人達だと感じているので気づいていると思います。

マスコミと呼ばれる“報道機関”です。

報道機関は私達に創造的思考を放棄させるような番組作り、ニュース作りを心がけています。先に紹介した例文に少し手を入れるだけで創造的思考を行わせる事ができるにも関わらず、そうする事はしません。報道番組、ワイドショーなどは或る決められた結論に視聴者を誘導・扇動するような内容に番組が作られている事に気づいているでしょうか。コメンテーターもその事に気づいていません。

なぜなら、コメンテーターに振る質問も白黒思考刷り込みなので、コメンテーターのコメントも白黒結論に終始し、どのような賢そうなコメンテーターのコメントにしても単純な結論しか出て来ません。

なぜマスコミがそのような謀略活動を行なっているのでしょうか?
答えは明白です。

創造的思考を一人ひとりの国民が持ち考え始めると、それこそあちこちに賢明な考えを持つ人が登場し、国家・マスコミが民衆を扱うのに手を焼く事になるからです。「賛成か反対か」といった単純な枠組みに意見を流し込んでしまった方が民衆を扱いやすく扇動もしやすいのです。

嘘が真実となる錯覚心理
その実例がマスコミの流す言葉を一字一句そのままの形で街頭インタビューに答える人々が存在してしまう事に現れています。先の例文で「オリンピック招致」に関しての街の人の回答を2,3上げてみましょう。

賛成派:景気回復が望める,若い人たちが夢を見られる
反対派:財政が悪化している必要ない,無駄削減、福祉に使ってほしい


両派とも他に意見が無いのかと言いたくなる程にステレオタイプの発言しかされていません。というか、これもマスコミによる白黒思考刷り込みです。

同じ発言をピックアップし、何度も何度も放送する事で、その放送を見た視聴者は同じような話を自分の意見のように語りだすようになります。実は中国政府や韓国政府が日本を貶めるための対外的なロビー活動としてこの手法が使われて来ました

嘘が真実になるのです!

これが穏便な形で個人にもたらされると 他者の意見を自分の意見と取り違える錯覚になります。心理学的な心理現象が存在しますので詳しく知りたい方は『錯覚の科学』を御覧ください。
錯覚の科学錯覚の科学
クリストファー・チャブリス ダニエル・シモンズ 成毛 真

文藝春秋 2011-02-04


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
あともう一つ、現代日本人の多くが白黒思考刷り込みを行われてたと観察できた或る一例を紹介しましょう。これは原子力エネルギーについてものです。

2011年11月、チベットのダライ ラマ法王 が来日し記者会見場で原子力エネルギーに関して質疑に答えて語りました。法王は常に広い視野を持ち多角的に物事を精査する賢明な人物なので、法王のコメントは“正に的を射ている”内容でした。

要点をおさえて書くと以下のような内容でした。
「原子力エネルギーを全廃できれば素晴らしいが、未だ世界的にその時期が来ているとは思えない。日本人が全廃したいと思うならば、そうすればいいが原子力エネルギーが諸悪の根源と考えるのは賢明ではない」

ウェブ上,Twitterでの人々の反応は浅薄なものでした。
「ダライ ラマは何も分かっていない馬鹿ジジイ」
「東電の味方をするのか」

セーガン・ダライラマ
科学者の話を真剣に聞くダライ ラマに馬鹿と言うのは適切ではない。以下の著書を読むとダライ ラマ法王がいかに多角的に物事を洞察しているのか理解できると思います。

ですから、法王の発言に対して稚拙で感情的な白黒思考の人々がこんなにも多いのかとウェブ上のオトナ達の反応を観察して感じたものです。白黒思考が身に付いてしまった情報によるマインド操作の手口に弱い者に多い発言なのかもしれません。

こうした感情的な白黒思考に陥る事を防ぐ手立ては容易ではありませんが、意識的にマスコミの謀略を観察し、創造的思考ができるように努力すること。また、相手が自分をどのように操作しようとしているのかに敏感になること。相手が二者択一の質問をして来たら、その手口を思い出すこと。 賢明な思考法を教える手引きを読んで学ぶ事です。

或る物事を否定する事は最も短絡的な思考です。

創造的思考法(クリエイティブ シンキング)を行うためには広範な知識と経験が必要になってきます。そのため年齢が若い方は人生経験不足によって歳を重ねた人よりも浅い考えに拘泥してしまう事になるかもしれません。

ですから、その時点での考えが絶対だと固執しない事も大切です。昨日まで持っていた考えをサッパリと切り替える柔軟さも求められます。私自身クリエイティブなゲーム3Dデザインを業務にしている者は、常に新しいアイデアを求められます。その意味でも創造的思考を行う事が仕事柄求められてきます。

しかし、この思考法はクリエイティブ業だけの方法ではありません。世界の物事に当たる時、日常生活、子育て、夫婦関係など、どんな場面においても使える考え方なのです。ですから、白黒思考を捨て、広く物事を考えるような日頃の思考鍛錬を行なってみて欲しいと思います。

創造的思考を行うためには以下の考え方を押さえておく必要があります。さらに人類が囚われている因習思考に縛られない思考を志すための示唆を知っておいて損はありません。

・ 統合的思考法(インテグラル シンキング)
・ 批判的思考法(クリティカル シンキング)

クリティカルシンキング (入門篇)クリティカルシンキング (入門篇)
E.B.ゼックミスタ J.E.ジョンソン 宮元 博章 道田 泰司 谷口 高士 菊池 聡

北大路書房 1996-09


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
・ 多角的視野を志す
自由の哲学 (ちくま学芸文庫)自由の哲学 (ちくま学芸文庫)
ルドルフ シュタイナー Rudolf Steiner

筑摩書房 2002-07


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2013.01.14 Monday | Category[2]スピリチュアル:コラム | comments(4)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2017.02.12 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
はじめまして。コメントするのは初めてですが、一年くらい前から楽しく読ませてもらっています。(このブログで空海さんの凄さを知りました。)

うまく言葉にできずにモヤモヤ感じていたことを的確に言葉にしていただきありがとうございました。いつでも多角的視点を持てるようにこれからも努力していきたいと思います。
| ひろこさん | 2013/01/27 2:35 AM |
ひろこさん、はじめまして。1年も前からブログに目を通して下さってありがとうございます。空海さんは宗教と政治に関わったかなりやり手の人物なので、そのことが共通認識になったこと嬉しく思います。
このような記事を書いている僕自身も多角的に世界を視ることが勉強なので日々精進しなければと感じています。コメントありがとうございました。
| Teru SUnさん | 2013/01/27 10:44 AM |
初めまして
あなたが白黒思考に反対な事はよく分かりましたが、マスコミが扇動してるとか、マインドコントロールとか「考えに固執」しているのは貴方なのでは?

そして、貴方が書いた文章も私には「白黒思考を捨てさせよう」とする扇動にしか見えませんでした。
そして、ダライ・ラマについてですが、「ネットに書き込んでいる"大人"」という表現、ネットに書き込んでいる人を"大人"に限定しているのは何故ですか?ネット社会のことご時世、小学生や中学生かもしれないじゃないですか。

確かに常日頃から自ら様々な事を思考する事は大切だと思いますが、貴方は考え方が偏り過ぎていると思います。

長々と失礼しました
| dogさん | 2015/03/10 1:21 AM |
dog君

他人に批判のコメントを向けると、その批判は君にも向かいます。君は僕の話に向かって「考え方が偏り過ぎていると思う」と書きました。とすると君は僕とは違った、もっと優れた偏りのない考え方を持っていると主張しているわけです。

では問いたいと思います。君の話を聞かせてください。僕より偏りがなく優れた話を書いてください。それが僕の話にいを向けた黄身のすべきことです。それができなければ批判は無意味です。君の優れた話を聞いてみたい。

また君は誤読しています。「ネットに書き込んでいる“大人”」という文章は書いておりません。誤読せずにしっかりと文章を読んでください。
| Teru Sunさん | 2015/03/13 11:02 PM |










AX