プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
【書評】『死ぬことが怖くなくなるたったひとつの方法‐「あの世」をめぐる対話』
死ぬことが怖くなくなる たったひとつの方法かなりインパクトが強いタイトルの本書ですが、その中身はスピリチュアルな話題を扱った真摯な対話が詰まったとても安心して読める啓発的な内容でした。

対話されているお二方のひとり、矢作直樹さんは公に霊的な事柄を語った著書『人は死なない』で注目されている東京大学医学部附属病院(救急部部長)の現役医師で、もうひと方は元 半導体技術者で現在はヘミシンクという音響技術で作られたCDを国内で普及活躍さている坂本政道 さんです。

まず始めに矢作さんに興味を持たれた一般読者の方が多いと思うので一般の方でも十分に分かりやすい内容だということを強調しておきたいと思います。霊的な事柄を半信半疑ながら興味を持ちながらも、ほとんど知らない一般層に向けた充実した情報量がある内容と言ってもいいかもしれません。逆に坂本さん目当てのスピリチュアルな探求のベテランで霊的探求心がある読者には少し物足りない内容に感じるかもしれませんが、お二人が霊的な事柄をどのように捉え生きているのかを知ることができると思います。

本書では参考になる精神世界・スピリチュアル分野の本が紹介されています。私自身も読んだ物があり、これからどういった本を読もうか考えている方にとっては貴重な情報になると思います。矢作さんが特に感銘を受けた本として紹介しているのが太陽出版から長きにわたって発刊されている葦原瑞穂『黎明』です。新版は二冊に別けられて『黎明〈上巻〉』『黎明〈下巻〉 』として出版されています。

私もお二方のように一般に「迷信」や「トンデモ」だといわれている「霊的な事柄」、例えば“生まれ変わり”のようなものを大マジメに尊奉しているので本書のような霊的世界の啓発本は大切だと思います。

最後に本書では触れられていませんでしたが、本書を読み終えた方には世界的に著名な霊的能力者でスピリチュアルヒーラーだった“ダスカロス”の名で知られる故スティリアノス アテシュリス博士という人物と、その存在を公にした太陽出版『メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道』という本をオススメさせて頂きたいと思います。エドガー ケイシーハリー エドワーズアーサー ガーダムオンム セティ 等、他にも数えきれないほど多数の霊的啓発にとって貴重な証人はいますが、これだけでも書籍検索に活用してくださいませ。
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2012.12.26 Wednesday | Category[2]スピリチュアル:読書の痕跡 | comments(1)

スポンサーサイト
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2017.10.29 Sunday | Category- | -

   ※予め注意事項を確認ください
   ※タグは全て無効になります
   ※本文中のURLは管理者以外の投稿は削除されます
   ※記事の内容と関係ない投稿は削除されます
   ※誹謗・中傷・広告宣伝・差別・卑猥にあたる発言は削除されます
   ※その他、管理者が不適切と判断した投稿も削除されます
はじめまして。

最近、雲黒斎が矢作さんに近づいているようで嫌な感じです。
なんで、阿部とか雲黒斎とか賢者テラとか、どう見ても口がうまいだけの人たらしに引っかかる人が多いんでしょうか?
あ、人たらしだからか(笑)
| パルさん | 2013/06/07 6:32 PM |










AX