プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
美輪明宏「みてるわよ!」
オーラの素顔 美輪明宏のいきかた美輪明宏さんと江原啓之さんの関係を綿密な取材で調べたルポライターの『オーラの素顔 美輪明宏のいきかた』は、霊覚者ダスカロスを取材したキリアコス・マルキデス博士の「メッセンジャー・シリーズ」のようで読む価値はありました。以前も紹介しましたが、この下(続きを読む)にリンクしてあるYouTubeの番組映像の美輪さんのバラエティトークを聞いていてウケて笑ってしまったので、再度紹介します。

丹波哲郎さんとの話や江原啓之さんとの話など、「オーラの泉」では明かされない(テレビでは話せない内容)を掘り下げて取材した著者のお手柄だと感じています。まずは、下の番組映像をご覧になって見て下さいませ。バラエティですから気楽にどうぞ。

美輪さん自身は、日蓮宗の荒行もされた方らしいですが、民間神道の巫女さんとも親しい付き合いをしていたとか。マリア様の信仰もしていますね。総合的だわ。詳しい話は本で!
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2008.09.28 Sunday | Category[2]スピリチュアル:美輪明宏 | comments(2)

木村藤子さんが「売春婦ファッションへの警告」
木村藤子さんや江原啓之さんの霊視,霊聴が“本物”であるか“偽物”であるかの判断は個人に任せるとして、私は特に木村さんの姿勢には前々から好感を持っています。
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2008.09.09 Tuesday | Category[2]スピリチュアル:美輪明宏 | comments(0)

美輪さんが読んだスピリチュアル本
〈ヘミシンクの危険性〉
美輪明宏さんが読んだといわれているスピリチュアル本ヘミシンクの注意点と危険性を、この記事で紹介する書籍を読んでゆけば何となくでも分かって来ると思います。著名な心理学者カール・ユングも読んだといわれる書籍も含まれています。

丹波哲郎さんも読んだといわれている素晴らしいスピリチュアル系の本ですので是非1冊くらいは目を通す事を勧めます。それらを読んでゆくとヘミシンクの危険性と避けられる“カルト性”が掴めてくると思います。

さて、ヘミシンク〔Hemi-Sync〕とは、音響で脳波を変え、人為的な“変性意識(トランス)状態”を造り出すシステム、技術です。

変性意識の際に人によっては臨死体験(Near-Death Experiences)」体外離脱体験(Out of Body Experiences)」と似た様な経験すると紹介される事もあります。

ひと昔前の書籍では「臨死体験」「体外離脱」といった、そのような単語がありませんでしたから「死の技術」と呼ばれていました。ほとんど仮死状態のようになっていたからでしょう。

最近、新たな記事を書きましたので最初に読んでもらえると下記の古い記事内容よりも明確だと思います。
落ちるな注意!【ヘミシンクとチャネラー編】

ヘミシンクを聴くと何らかのヴィジョンを視る事が可能だといわれています。しかし、そのヴィジョンに反映される映像は、その時点での人間性(人格)や人生経験などの心象が色濃く反映されるものだといえます。最悪の場合、坂本政道さんのように道を誤まったものを視る可能性もあります。第一人者でも関係なく人生行路を誤まる可能性があります。

詳しく説明してゆきます。
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2008.06.29 Sunday | Category[2]スピリチュアル:美輪明宏 | comments(4)

美輪明宏 江原啓之〈「オーラの泉」の真実〉
言わずもがな、日本を代表する菩薩(ぼさつ)です。キプロスの菩薩 ダスカロス。日本の観音菩薩 美輪明宏。そう呼んでも“バチ”はあたらない気がします。

スピリチュアルラボですから、霊的な部分から、この本のウリを紹介すると。ピックアップできるところは、今まで明かされてなかった真相の数々です。その他のルポも勿論すべてが赤裸々に書かれていますから必読でしょうか。
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2008.06.15 Sunday | Category[2]スピリチュアル:美輪明宏 | comments(2)

霊や霊能者なんてインチキ!
今でこそ霊感だ、神様だ、仏様だとか言っていますが、かく申す私自身も、二十代になりたての頃までは、そんなものは信じない口でした。

「この世には神も仏もありはしない。それはみんな弱い人間の心がデッチ上げた、何かにすがりたいための偶像(ぐうぞう)だ」と思っていたのです。

人間が作った神仏なのだから、人間死んで眼を閉じてしまったら、後は何もない〈無〉だけなのだと、まして霊感とか幽霊とか、前世とか占いなんぞというものは、皆インチキに決まっていると思っていたのです。
うしろの百太郎―心霊恐怖レポート (1) (講談社漫画文庫)誰の語った話なのか気になるでしょう。
それは下に表示してある著者です。

僕もある時期まで「霊なんているものか! うしろの百太郎の読みすぎだ(笑)」と生意気な小学校高学年〜20歳半ばくらいまでの頃もありました(汗)。

ここから先は他の章の内容です。
長文抜粋なので音楽を用意しました読書のお供にでもどうぞ。
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2008.03.22 Saturday | Category[2]スピリチュアル:美輪明宏 | comments(3)

AX