プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スピリチュアル系漫画がアニメ映画化!
ツイッターでも呟いたネタ的話題ですが!

まだ初めの数巻しか読んだことがありませんが
スピリチュアル・宗教漫才系人気マンガ

『聖☆おにいさん』が!!
読み:セイント オニイサン
聖☆おにいさん(1) (モーニングKC)
来年アセンション後の日本で公開されるそうです!!

後光がさす東西の巨人が立川で過ごすという内容。
アニメ作画をみると、漫画作者よりもうまい気がします!
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2012.11.21 Wednesday | Category[2]スピリチュアル:エンタメスピ | comments(0)

【期待の空海映画】 「沙門空海」
2013年公開予定の映画『沙門空海』
原題『沙門空海 唐の国にて鬼と宴す』
原作は『陰陽師』の夢枕獏

制作は乗りにのっている中国、巨額な制作費。
映画『孔子の教え』のようにスペクタクルになるか!?
そして空海役を渡辺謙に依頼しているとか。
http://www.kadokawa.co.jp/sp/201110-02/

最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2012.08.15 Wednesday | Category[2]スピリチュアル:エンタメスピ | comments(0)

中田英寿がマイケル・サンデル教授に学ぶ白熱教室

スピリチュアルな実践として“正解のない問題”について深く考えて自分なりの答えを導きだす時間を持つ事は知性を鍛えるためには最もよい方法だと感じています。

原子力発電」を例に考えてみれば「賛成反対」どちらにも理があるように感じます。“危険な事は分かったから全廃だ!”という反対派“安全度が高いトリウム核融合炉があるから開発するべきだ!”という賛成派

大きな視点で物事を見るダライ・ラマ法王は、原子力発電について“これから発展するアジアにとっては無くてはならないものだ”と語った。帝王学を学んだ法王による理知からの発言と捉える必要があります。

“原発賛成だって!? なに馬鹿な事言ってるんだ。老いぼれ空気読めよ!”という風に思ったとしたら、それはそう思った自分の視野が狭まっていると考えた方がよいです。“空気を読め”と思ったとしたら“全体主義”に陥っていると気づきましょう。
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2012.06.22 Friday | Category[2]スピリチュアル:エンタメスピ | comments(0)

『猿の惑星:創世記』【感想】
猿の惑星:創世記(ジェネシス) 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー(ブルーレイケース)〔初回生産限定〕『猿の惑星』は子供の頃に叔父に観せてもらって『スターウォーズ』と共に印象・記憶に残っていた映画のひとつだ。最近の作品『PLANET OF THE APES/猿の惑星』がオマージュかリメイクかは知らないがティム・ロスが演じたチンパンジーの印象も強烈だった。

そして『猿の惑星:創世記』

なぜ人類が住む惑星が類人猿に支配され人類が奴隷や家畜のようになってしまったのか、その始まりが描かれた作品という位置づけらしい。

映画批評する人が「CGがスゴい」と批評することが定番になっているが、そういった批評はCG職人にとっては褒め言葉になっていない。特にフォトリアル系の3DCG職人にしたら「これCGなの?」と思われる方が嬉しいので今更CGがどうだこうだという評価はどうだろうか。創世記のCGはWETAデジタルが担当しただけにクオリティーは確かとはいえCGのデキと映画のデキとはあまり関係がない。余談になるがCG情報を日本語で読めるのは『CGWORLD』という月刊誌が定番だ。映画やゲーム、コマーシャルCG最前線などが特集されている。

ここからはストーリー明かしになってしまうので映画を楽しみにして趣味で観ている人には読んでもらいたくない。映画のストーリーを知る事はその映画に対する印象を著しく損なう。そんな事はないと言い張る人もいるかもしれないが意識への刷り込みというものは恐ろしいもので知らずのうちに影響を受けている。
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2012.03.18 Sunday | Category[2]スピリチュアル:エンタメスピ | comments(0)

【本物 霊能者の見極め】『第2の江原を探せ!』的な〈スピリチュアル映画〉
ヒア本物の霊媒(霊能者)に出会うのはどこの国であれ、かなりむずかしい。本物とは言っても絶対に間違わない霊視ができるという訳ではなく“精度が高い能力を持っている”ということなので勘違いしないように。精度が高いという話しはあとで説明します。

映画『ヒアアフター』←(DMMのアフィリエイト利用。DMMはドスケベな動画も売られていてスピラボはドスケベな購入も慈善なマネーにロンダリングしてます。管理人はドスケベを否定しません…笑)は本物の霊媒いんちき霊媒を巧く描いていました。2011年3月震災で敢え無く公開終了となって映画館で観れなかった私は最近レンタルで観ました。

霊媒も人間なので相談者との相性があるようです。「なぜかまったく映像が視えない相談者がいる」という話しを霊媒が吐露していることも聞いたことがあります。誠実な霊媒だと、そういう時に「申し訳ないけれど、あなたのはまったく見えません」と言って相談料を受け取らないでお帰りになってもらうと思う。
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2012.01.14 Saturday | Category[2]スピリチュアル:エンタメスピ | comments(2)

“クリシュナムルティ”と“攻殻機動隊” おまけで“スカイ・クロラ”
霊的宇宙

前回のコラム〈“善霊”と“邪霊”と「超越界」〉で予告したとおり“クリシュナムルティ”と“攻殻機動隊”と題して考察してみようと思います。以前にも“攻殻機動隊”を違ったアプローチで書いたことがあります。
イノセンスの世界観とスピリチュアル
イエス・キリストのイデア【GHOST IN THE SHELL論】

はじめに断っておくと、今回の考察は解釈の飛躍です。私が理解し捉えた世界観で勝手に話を展開させます。なので『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』(GITS)『イノセンス』(INNO)J.クリシュナムルティ(クリシュナ)を知らないと理解できませんし、霊性[spirituality]意識[consciousness]に興味がないと話の内容がオカルト霊的思想[Spiritualism]的なので混乱してしまうかもしれません。

EMOTION the Best GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊 [DVD]イノセンス アブソリュート・エディション [Blu-ray]
なので、この記事を読んでからでもいいので、上記の作品群をご覧になって下さい。その際は『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0』ではなく『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』の方をおすすめします。当時のオリジナル版の方が声優たちの迫真の演技が声から伝わってきます。

続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2011.06.18 Saturday | Category[2]スピリチュアル:エンタメスピ | comments(0)

心霊スポット調査隊
かなりアメリカンなノリの番組

心霊スポット調査隊(Ghost Lab)」
タイトルを読むとマジメェな雰囲気…
でも、予想はくつがえされます!

かなり無邪気なアメリカンたちが科学機材を使って
声や影、奇妙な物音などの情報があるスポットを調査します。
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2011.01.15 Saturday | Category[2]スピリチュアル:エンタメスピ | comments(0)

21世紀にブッダ光臨

手塚治虫『ブッダ』全三部作のアニメ映画化されるんですね。
ブッダ (第1巻) (潮ビジュアル文庫)
ブッダ (第1巻) (潮ビジュアル文庫) 手塚 治虫

潮出版社 1992-12
売り上げランキング : 11585


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
今の時期にやるのは良いことだと思う。
幼い子供にも大人にも良いのではないかな。
アドバイザーにひろさちやって渋い。
キャラクターの絵は21世紀の虫プロ風の絵になってるね。
でも、原作に忠実じゃなくても好きな感じ。
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2010.12.17 Friday | Category[2]スピリチュアル:エンタメスピ | comments(2)

サッカーW杯 日本の精神
2010ワールドカップ―デンマーク戦
サッカーワールドカップ

当たり前の事にみんな気づいてる…かな?

続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2010.06.26 Saturday | Category[2]スピリチュアル:エンタメスピ | comments(2)

神社にいる霊的存在とは!
今回は、ちょっと気分を変えていきます。

一昨年辺りから神社巡り、聖地巡りをする事がメディアなどで盛んに紹介されるようになりお参り女子なる言葉も生まれた昨今ですが、神社や聖地に行ってどんな事が起こるのかをコメディ映画を交えてお馬鹿に紹介してみたいと思います。

神社や聖地に行くと
どんな霊的存在が憑いてくるのか?
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2010.05.20 Thursday | Category[2]スピリチュアル:エンタメスピ | comments(0)

AX