プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
「神との対話」の真実
「神との対話」の神の正体
「神との対話」の著者ニール・ドナルド・ウォルシュ氏は“○○の○○”のひとり。“何の○○”かは最後まで読んだときに明かすとして。ウォルシュ氏の著作は大変に素晴らしい。

 ウォルシュ氏の著作は「インドの聖人」や「西洋の霊能者」「心霊研究の科学者」などの著作、講話を分かりやすくまとめた霊的対話形式研究論文だから、とても素晴らしい。批判する人は東洋のマスターたちを否定するようなもの。否定なんてできません。

※ 音楽を用意してあるので聴きながらでも読んでもらえたら幸い。

続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2008.02.28 Thursday | Category[2]スピリチュアル:神との対話 | comments(2)

「神との対話」は“始まり”でしかない
「神との対話」の神の正体
霊的な本のなかで「神との対話」も“霊的な道しるべ”の1つです。

私が愛読しているマスターの本(“マスター”というと、その本人は嫌がるでしょうけどね)を翻訳された方は、以前、大そうな「神との対話」信奉者でした。「神との対話」メーリング・リストを運営するくらいウォルシュさんの本を愛読していたそうです。

しかし…
「神との対話」は“始まり”でしかありませんでした。
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2008.04.18 Friday | Category[2]スピリチュアル:神との対話 | comments(2)

『神との対話』の神の正体
今の日本人には、スピリチュアルな世界に興味がある人でも「理屈屋」がほとんどだと思いますから仕方がないのですが。理屈屋が一番初めにハマルのがスピリチュアル哲学系や神学系があります。そのことに気づかずに読んでいる方は気をつけて下さい。
*神の正体は一番下に紹介しています。
別話

「これは、どんな意識から書かれているメッセージだろう」、そんな風に常に感じながら読むことが大切。私も初期の頃は、そんなことを意識せずに読んでいたので“スピリチュアルな白いウソ(悪意のないもの)”に翻弄されたりもしましたが。それを理解してステップアップしてゆきますが。
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2008.07.01 Tuesday | Category[2]スピリチュアル:神との対話 | comments(9)

欧米発の〈ニューエイジ〉と〈スピリチュアル商売人〉
アメリカを中心に日本でもスピリチュアルな人のあいだで流行っている。

ニューエイジ系,ニューソート系の思想が「最高」とされ、ある一部の人たちの間では1980年代辺りから持てはやされている。

彼らは、それがどんなものなのか気づかず活動しているといってもいい。
ニューエイジとは、どんなものか知りたいと思う方に教えておきますね。
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2008.08.16 Saturday | Category[2]スピリチュアル:神との対話 | comments(6)

「神との対話」「奇跡のコース(ACIM)」とは
 かなり長い文章になってしまいましたが、初心者の方たちに向けての心得を書いたつもりです。素直な気持ちで読んで頂ければ、それなりに役立つのではと思います。
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2009.01.10 Saturday | Category[2]スピリチュアル:神との対話 | comments(1)

AX