プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
私が尊敬する同年代の“心の師”
私が尊敬する同年代の“心の師匠”

“スピリチュアル”なんてことを知らない人間が“スピリチュアリスト”を自称する人間よりも素晴らしいことを私は知っています。たぶん、皆さんも知っているはず。彼の生きざまは世界の人に感動を与えました。これからの生きざまも参考になり続けることでしょう。

私にとって学ぶべき生き方が彼の中に見出せます。
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2007.06.09 Saturday | Category[2]スピリチュアル:中田英寿 | comments(5)

中田英寿「若者たちへのメッセージ」

COURRiER Japon038この記事に関連する映像がYouTubeにあったので再アップすることにする。

ある知識人や脳科学者などの著書は一切読む必要はないと断言できる。それならば、彼、中田英寿の対談を読んだほうが、どれだけ建設的か。そのエッセンスが凝縮された雑誌だと思い、ところどころ抜粋しました。わたしが推薦できる『COURRiER Japon』 、この雑誌は日本を俯瞰(ふかん)から取り扱う雑誌であり、とてもお薦めします。

「俯瞰から見た自分を知ろうとしなければ何も知ることはできない」
これは中田英寿の言葉ではありません。即興で雑誌の内容を表現してみました。

中田英寿のインタビュー記事は以下に続く。
ある意味「中田英寿語録」「中田英寿哲学」でもある。

続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2008.02.26 Tuesday | Category[2]スピリチュアル:中田英寿 | comments(0)

嘘に流されるセカイ運動
嘘のセカイ運動に気づいているかそうでないか。俯瞰(ふかん)視点で、その「セカイ運動」をみれば誰でも気づき、新たな生き方を見つけることができると思います。

嘘のセカイ運動に共感してダマされていることも知らずに運動しちゃっている人は世界中にいます。映画みたいなものにもなって本も売れたらしいです。それもやはりアメリカなどの欧米からの大きな流れです。
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2008.06.05 Thursday | Category[2]スピリチュアル:中田英寿 | comments(4)

サッカー日本代表が「霊的」に弱いワケ
個人的なことですが、私はサッカー観戦が好きです。サッカー日本代表の試合を観戦することが一番好きですが、唯一気に食わないのがユニフォームです。

今の色「青(ジャパン・ブルーなどとメディアは持てはやしていますが)」日本人の精神には向いていません。
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2008.06.20 Friday | Category[2]スピリチュアル:中田英寿 | comments(7)

旅する哲学者
http://nakata.net/jp/hidesmail/hml306.htm 「旅する哲学者」と彼のことをいつも言っている。現役選手の時は「闘う哲学者」と僕は言っていた。年齢も2コ上だし、いい人生の先輩でもあり中学時代サッカーをしていた人間としては憧れの人物でもある。ちなみに僕は元日本代表の廣山望に似ていると言われたことがある。たしかに瓜二つかも(笑)。

彼の哲学は、今回の日記でも汲(く)みとれると思う。言語(イタリア語,英語,ポルトガル語など)に通じ勉強熱心で哲学的。昔で云えば学者なのだが、それがサッカーをしたのだから一味違う。
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2008.09.30 Tuesday | Category[2]スピリチュアル:中田英寿 | comments(0)

中田英寿にブッダの面影を見た
30歳までサッカーという修行の道を歩み。
そして引退し、旅をして過ごす。
ニューエイジ系、西海岸の青い海系の「ポジティブ・シンキング」はクソ喰らえですから、それが一番低俗な部類の思考形態だから、崇高な部類の思考形態を持つ人というのは、ドストエフスキーになったりトルストイになったりするんだよ。

人生論 (角川文庫)中田英寿は無神論者だといっているしスピリチュアルなことになんて興味は無いと思うけれど、誰よりも哲学的でスピリチュアルだと思うわけです。読書好きで語学好きであるわけだから、ロシア文学は読んでいるかもしれませんが。とてもブッダ的なアドバイスでしたで〜!

まあ、いつも言っているけれど『罪と罰』『カラマーゾフの兄弟』『人生論』 などは必読書ですよ。中田だって、これ位読んでるかもよ。

まあ、少年たちへのアドバイスに耳を傾けてよ。
僕には「比丘(びく)たちよ…」という言葉に聞こえたで!
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2008.10.23 Thursday | Category[2]スピリチュアル:中田英寿 | comments(0)

AX