プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
キリストのスピリチュアルなたとえ話「魚の網」
キリストのたとえ話深いスピリチュアルな意味がこめられているそうです。
聖職者や司祭たちは、その意味を誤って伝えているそうです。
キリストのたとえ話すべての過去世を記憶していたというダスカロス。彼は最年少の弟子であった時の記憶を持って、その教えを明かす。

世界一のヒーラーが語るイエス・キリストの真実。ハ リー・エドワーズが、バーバラ・ブレナンが絶賛したキプロスの聖者が、聖書の謎と真理を今解き明かす!




キリストのたとえ話
それでは本当の意味とは、どんなものなのでしょうか。
キリスト教の教えを知らない私でも興味深い内容に驚きました。
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2007.08.23 Thursday | Category[2]スピリチュアル:キリスト的なもの | comments(8)

キリストのスピリチュアルなたとえ話 「放蕩息子」
スティリアノス・アテシュリスあと少しでクリスマスになりますね。日本は八百万(やおよろず)の神々を信仰する、ある意味ヒンドゥーのような信仰ですね。すべての神様を認めることができるとても心が広いお国柄です。そのことを生かしたいですね。

わたしはキリスト教徒ではないので詳しく聖書の内容を知らないのですが、この本から聖書の本当の意味が読み取れているような気がします。


『キリストのたとえ話』(テア)の著者で“ダスカロス”として知られているアテシュリス博士(1912〜1995 哲学博士、神学博士、心理学修士)は、このたとえ話が最も大切なものの一つだと教えています。 人間がなぜ生まれてくるのかキリストであるヨシュア・エマニュエル(ジョシュア・イマヌエル)がたとえ話を通じて民衆に話した内容の解説です。 聖書を読んだことをない方は、この「放蕩息子」のたとえ話から読んでみてください。聖書に馴染みのある方は続きをどうぞ。

放蕩息子(ほうとうむすこ)
ルカ15章11~32節

ある人に息子が二人いた。

弟の方が父親に、「お父さん、わたしが頂くことになっている財産の分け前をください」と言った。それで、父親は財産を二人に分けてやった。何日もたたないうちに、下の息子は全部を金に換えて、遠い国に旅立ち、そこで放蕩(ほうとう)の限りを尽くして、財産を無駄遣いしてしまった。何もかも使い果たしたとき、その地方にひどい飢饉(ききん)が起こって、彼は食べるにも困り始めた。

それで、その地方に住むある人のところに身を寄せたところ、その人は彼を畑にやって豚の世話をさせた。彼は豚の食べるいなご豆を食べてでも腹を満たしたかったが、食べ物をくれる人はだれもいなかった。

そこで、彼は我(われ)に返って言った。「父のところでは、あんなに大勢の雇い人に、有り余るほどパンがあるのに、わたしはここで飢え死にしそうだ。ここをたち、父のところに行って言おう。『お父さん、わたしは天に対しても、またお父さんに対しても罪を犯しました。もう息子と呼ばれる資格はありません。雇い人の一人にしてください』と。」

そして、彼はそこをたち、父親のもとに行った。ところが、まだ遠く離れていたのに、父親は息子を見つけて、憐(あわ)れに思い、走り寄って首を抱き、接吻(せっぷん)した。

息子は言った。「お父さん、わたしは天に対しても、またお父さんに対しても罪を犯しました。もう息子と呼ばれる資格はありません。」

しかし、父親は僕(しもべ)たちに言った。「急いでいちばん良い服を持って来て、この子に着せ、手に指輪をはめてやり、足に履物を履かせなさい。それから、肥えた子牛を連れて来て屠りなさい。食べて祝おう。この息子は、死んでいたのに生き返り、いなくなっていたのに見つかったからだ。」そして、祝宴(しゅくえん)を始めた。

ところで、兄の方は畑にいたが、家の近くに来ると、音楽や踊りのざわめきが聞こえてきた。そこで、僕の一人を呼んで、これはいったい何事かと尋ねた。僕は言った。『弟さんが帰って来られました。無事な姿で迎えたというので、お父上が肥えた子牛を屠られたのです』

兄は怒って家に入ろうとはせず、父親が出て来てなだめた。しかし、兄は父親に言った。「このとおり、わたしは何年もお父さんに仕えています。言いつけに背いたことは一度もありません。それなのに、わたしが友達と宴会をするために、子山羊(こやぎ)一匹すらくれなかったではありませんか。ところが、あなたのあの息子が、娼婦(しょうふ)どもと一緒にあなたの身上を食いつぶして帰って来ると、肥えた子牛を屠(ほふ)っておやりになる。」

すると、父親は言った。「子よ、お前はいつもわたしと一緒にいる。わたしのものは全部お前のものだ。だが、お前のあの弟は死んでいたのに生き返った。いなくなっていたのに見つかったのだ。祝宴を開いて楽しみ喜ぶのは当たり前ではないか。」

それでは、ダスカロス(ギリシャ語で先生)と呼ばれたアテシュリス博士の講義内容をどうぞ。音楽と映像も用意してあるので退屈になってしまう方は、そちらをご利用下さい。

続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2007.12.23 Sunday | Category[2]スピリチュアル:キリスト的なもの | comments(0)

「キリスト教の教え」と「イエスの教え」
 聖書は世界的にベストセラー本の一つですが、「キリスト教の教え」は2000年の間に捻(ね)じ曲げられてしまったことで、「キリストであるイェシュア(Joshua Emmanuel)の教え」である講話を正しく伝えきれていないといいます。イェシュアの講話録として使徒たちが遺(のこ)した福音書の削除や改編をキリスト教内部で行なってしまったからです。このことは、誰でも、もちろんキリスト教徒のみなさんもご存知だと思います。
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2008.01.02 Wednesday | Category[2]スピリチュアル:キリスト的なもの | comments(2)

≪イエスの教え≫スピリチュアルな「たとえ話」の意味
イエスのたとえ話を、ここまで真実味を持って伝えられる人はなかなかいないと思いました。とても純粋で素晴らしい“悟り”や“真理”がたとえ話として語られているんですね。すごいです。

良い羊飼い
(ヨハネ10章1~16節)

「はっきり言っておく。羊の囲いに入るのに、門を通らないでほかの所を乗り越えて来る者は、盗人であり、強盗である。門から入る者が羊飼いである。門番は羊飼いには門を開き、羊はその声を聞き分ける。羊飼いは自分の羊の名を呼んで連れ出す。自分の羊をすべて連れ出すと、先頭に立って行く。羊はその声を知っているので、ついて行く。しかし、ほかの者には決してついて行かず、逃げ去る。ほかの者たちの声を知らないからである。」

イエスは、このたとえをファリサイ派の人々に話されたが、彼らはその話が何のことか分からなかった。

イエスはまた言われた。

「はっきり言っておく。わたしは羊の門である。わたしより前に来た者は皆、盗人であり、強盗である。しかし、羊は彼らの言うことを聞かなかった。わたしは門である。わたしを通って入る者は救われる。その人は、門を出入りして牧草を見つける。盗人が来るのは、盗んだり、屠(ほふ)ったり、滅ぼしたりするためにほかならない。わたしが来たのは、羊が命を受けるため、しかも豊かに受けるためである。わたしは良い羊飼いである。良い羊飼いは羊のために命を捨てる。羊飼いでなく、自分の羊を持たない雇い人は、狼が来るのを見ると、羊を置き去りにして逃げる。――狼は羊を奪い、また追い散らす。――彼は雇い人で、羊のことを心にかけていないからである。わたしは良い羊飼いである。わたしは自分の羊を知っており、羊もわたしを知っている。それは、父がわたしを知っておられ、わたしが父を知っているのと同じである。わたしは羊のために命を捨てる。わたしには、この囲いに入っていないほかの羊もいる。その羊をも導かなければならない。その羊もわたしの声を聞き分ける。こうして、羊は一人の羊飼いに導かれ、一つの群れになる。」

それでは、ダスカロス(ギリシャ語で先生)と呼ばれたアテシュリス博士の講義内容をどうぞ。ダスカロスの説明は長文ですから、どうぞじっくりと読んでみてください。一応、僕なりにマーキングを引いておきました。
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2008.04.13 Sunday | Category[2]スピリチュアル:キリスト的なもの | comments(2)

神と人とは友のような存在だ!
 新約聖書には誤まった文言が宗教権力者の意向などで混ぜられ載せられているということで、すべてをそのままで理解することは出来ませんが、この「ヨハネの福音書15:15」のセリフ部分が気に入りました。
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2009.01.23 Friday | Category[2]スピリチュアル:キリスト的なもの | comments(4)

誤った「輪廻転生観」を捨て去る日
 ダスカロスの間違った考えについての補足としての記事をアップしておきます。なぜヒンドゥイズムの「輪廻転生」ではいけないのか?

 このことは深い話が背景にあります。それは、うちこさんのような読書家のヨギーニさんでも、そのことを薄々感じております。知ることは新しい自分に生まれ変わることです。日々生まれ変われます。
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2009.03.18 Wednesday | Category[2]スピリチュアル:キリスト的なもの | comments(3)

捏造された聖書
捏造された聖書タイトルが陰謀論っぽいので軽い内容かなって思ってしまうかもしれないですが、あやしいスピリチュアル聖書解釈に陥らないためにビギナーの方たちにこそ、おすすめで!こぞって読んだほうがいいと思う本、バート・アーマンBart D. Ehrman『捏造された聖書』(柏書房)です。

私がこの本を手に取ったきっかけは、カトリックの信仰を持っていた或る師匠から勧められていた本のなかの一冊でした。書かれている内容は、聖書を読んだことがない人でもとっつきやすいようにうまく書かれています。アーマン氏は聖書学の権威でもあるそうです。
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2009.07.08 Wednesday | Category[2]スピリチュアル:キリスト的なもの | comments(2)

〈イエス・キリスト〉の〈イデア〉
【GHOST IN THE SHELL論】
イエス・キリスト〉は〈存在しない〉。
 しかし…
イエス・キリスト意識〉は〈存在する〉。

歴史学・考古学的な発掘調査では〈イエス・キリスト〉が存在した証拠は一切見つかっていない。新約聖書に書かれた福音書を除いては…。

転生―古代エジプトから甦った女考古学者転生者オンム・セティと古代エジプトの謎―3000年前の記憶をもった考古学者がいた! 紀元前1年(約2000年前)の大きな事件で考古学的証拠が発掘されないというのは、あまりにも不可解だ。

古代エジプトでは考古学的な発見が多数あった。イエスの十字架刑はローマ帝国の歴史書にも書かれていない小さな出来事に過ぎなかったのか……。

古代エジプトの記憶を甦らせた女考古学者オンム・セティはキリスト教を古代エジプト宗教を真似たシンクレティズムだと仰っていた。詳しくは上記画像で紹介している『転生―古代エジプトから甦った女考古学者』『転生者オンム・セティと古代エジプトの謎―3000年前の記憶をもった考古学者がいた!』に触れてみてください。

こう書くとキリスト教徒とスピリチュアルな人が怒るかもしれないですが持論と世間の研究成果です。たぶん、これからも〈イエス・キリスト〉が存在した証拠は出ないでしょう。 そして〈イエス・キリスト〉が存在しなかったという確実な反証もできないでしょう。なので、持論。

意識の起源史 元型論 しかし、私の持論は突飛な話ではありません。彼の有名なカール・ユングも同じような見解を持たれていたのではないかと推測します。ユング『元型論』と後継者エリーヒ・ノイマン(Erich Neumann)『意識の起源史』は熟読しないと今だ消化できませんが…。
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2009.07.25 Saturday | Category[2]スピリチュアル:キリスト的なもの | comments(0)

「キリスト」と「ルパン三世」
パッションのジーザス
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2009.11.08 Sunday | Category[2]スピリチュアル:キリスト的なもの | comments(3)

キリスト・イデア【キリスト叡智光】1
パッションのキリスト先日の記事で大切なことを書き忘れていました。なので、補足の意味もこめて。キリスト教文化圏で育ったかたやクリスチャン(カトリック,プロテスタント,正教会など)として育った人たちも霊的なもの、スピリチュアルなものに触れていると思うので、そういった人たちの参考になればとキリスト教的霊性雑学をお伝えしておこうと思いました。

それとキリスト教的霊性(Christian Spirituality)に興味を持たれている人にも参考になるであろう基本的なキリスト教的スピリチュアル雑学も書く予定なので長くなると思います。欧米のスピリチュアルな教えは、ほぼキリスト教が前提になっています。これから外れるものはほとんどありません。そういう意味でキリスト教的霊性を知る必要がありますから、どうぞのんびりお付合いください。
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2009.11.15 Sunday | Category[2]スピリチュアル:キリスト的なもの | comments(0)

AX