プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
元素 (element)・4元素性 (TETRACTYS)
風、火、水、土の「四大元素」のこと。「エレメンタル」は「元素」すなわち「エレメント」で構成されているために「エレメンタル」と呼ばれているが、「エレメント」と「エレメンタル」を混同してはいけない。

『キリストのたとえ話』用語集より
エジプト語で「tet-ruk-tees (テト・ルク・ティース)」と読み、4つの元素から成り立つグループの意味。一つのテトラクティーズは、4つの元素(エレメント)である土・空気・火・水から構成されている。

『エソテリック・ティーチング』用語集より
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2000.01.01 Saturday | Category[2]スピリチュアル:用語解説 | comments(0)

視覚化 (Visualization)
 「視覚化」は神の言葉であり、天の王国への「鍵」(新約・黙示録3‐7)でもある。注意深く観察することを学び、完全に集中する力を身につけた後に、意識的に視覚化する能力が得られる。私たちはサイコ・ノエティカル・イメージから全体の場面まで、エーテル・バイタリティーを形にしてエレメンタルをつくっている。ヒーリングする時、私たちは視覚化を通して物質化と非物質化を学ぶ。思考より強いものはない。視覚化とは自己を拡張し、困っている人を助けるために、建設的な方法によって思考を利用するプロセスのことである。

『エソテリック・プラクティス』用語集より
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2000.01.01 Saturday | Category[2]スピリチュアル:用語解説 | comments(0)

サイコ・ノエティカル・イメージ (Psycho-Noetical Image)
 サイコ・ノエティカルの素材でできた、多次元イメージのこと。ノエティックの光により意識的に視覚化して、できたもの。このエレメンタルは、すべてのエレメンタル同様、いったん生じたら永遠に存在し続ける。

『エソテリック・プラクティス』用語集より
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2000.01.01 Saturday | Category[2]スピリチュアル:用語解説 | comments(0)

アチューンメント (Attunement)
 対象物の本質を学び、観察できるようになればなるほど、永遠の存在から一時的な存在まで、私たちはあらゆる対象物の振動数に自分の波動を調整し、合わせられるようになる。こうして自らの波動を調整し、対象物と合わせる「アチューンメント」は、一体化に到達する前の段階。

『エソテリック・プラクティス』用語集より
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2000.01.01 Saturday | Category[2]スピリチュアル:用語解説 | comments(0)

「永遠の存在」と「一時的な存在」 (Being and Existing)
 「永遠の存在」(Being)とは私たちの神聖なる本質であり、広大無限かつ始まりも終わりもなく、永遠に存在するもの。「一時的な存在」(Existing)は永遠の存在の表現であり、時間・空間・場所という条件に制約されている。始まり終わりのある、一時的な現象。

『エソテリック・プラクティス』用語集より
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2000.01.01 Saturday | Category[2]スピリチュアル:用語解説 | comments(0)

一体化 (At-One-ment)
 自己意識を捨てることなく、他のあらゆる存在と完全にひとつに融合できる、超自己意識の状態。絶対存在と「一体化」することをテオーシス(人間の神化)という。

『エソテリック・プラクティス』用語集より
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2000.01.01 Saturday | Category[2]スピリチュアル:用語解説 | comments(0)

観察 (Observation)
 「観察」とは私たちの神聖なる本質の一部で、緊張することなく充分な注意を払い、完璧に集中すること。詳細に観察できる能力、また観察したものを思い起こす能力は、神聖なる計画を理解するために必要不可欠である。

『エソテリック・プラクティス』用語集より
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2000.01.01 Saturday | Category[2]スピリチュアル:用語解説 | comments(0)

守護大天使 (Guardian Archangel)
 一連の転生の始まりにおいて、私たちは人間のイデアを通過した直後から、「守護大天使」によって護られ、導かれている。私たちが分離の世界に一時的に滞在している間も含めて、この大天使は永遠のパーソナリティーの計画をサポートし、決して私たちの自由意志に干渉することなく、貴重なレッスンである1つひとつの転生を経験できるように助けている。私たちの最も忠実な友である、この大天使は私たちと共にエゴを与えられた存在であり、トロウンズ(座天使)の階級から来ている。

『エソテリック・プラクティス』用語集より
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2000.01.01 Saturday | Category[2]スピリチュアル:用語解説 | comments(0)

分離の世界 (Worlds of Separation)
3つの存在の世界(物質界・サイキカル界ノエティカル界)を指し、そこで私たちは絶対存在から分離しているように感じられる期間を過ごす。これは二元性の世界であり、私たちが毎回、転生しては経験する時間・空間・場所の世界である。

『エソテリック・プラクティス』より
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2000.01.01 Saturday | Category[2]スピリチュアル:用語解説 | comments(0)

天なる人間 (Heavenly Man)
 人間のイデアとも呼ばれる。私たちの3つの体は、「天なる人間」の形態という原因の法則によって、つくられている。

『エソテリック・プラクティス』 用語集より
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2000.01.01 Saturday | Category[2]スピリチュアル:用語解説 | comments(0)

AX