プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
書評:「超心理学 封印された超常現象の科学」 - 読売新聞
読売新聞(2012年10月7日 朝刊掲載

超心理学 予知や透視術といった超能力を持っていたら何をしようか。バカげた妄想だと一蹴されるだろうか。この問題を科学的に扱う学問がある。超心理学――これが本書のテーマだ。
 注意して欲しい。心霊や臨死体験、UFOなどの超常現象は超心理学の対象ではない。専門家は慎重だ。すべてを肯定しているわけない。
 まず著者は、離れた二人が心を伝えあうことのできるガンツフェルト実験を紹介する。オカルト的だが、厳密な科学実験で証明できる。
 にもかかわらず外部には、心ない誤解も多い。著者は「研究活動の真の姿が歪んで伝わっている」と嘆き、その理由を丁寧に検証する。
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2012.10.13 Saturday | Category[2]スピリチュアル:その他 | comments(0)

【期待の新刊】 超心理学 封印された超常現象の科学
〈期待の新刊〉のお知らせです。

「スピリチュアル・精神世界」分野に興味をもつ人なら一度は目にする「超心理学」という学問。つい最近、僕が聴講に行った本山博は国内での超心理学研究の先駆的人物の一人だったわけですが本山の場合は霊的能力も有している宗教家という肩書もあるので“異端の超心理学者”J.B.ラインというアメリカ人の世界的に著名な超心理学者の権威からも認められていたという人でした。

新刊『超心理学―封印された超常現象の科学』の著者は“新世代の超心理学者”石川幹人。『職業欄はエスパー』『オカルト』の森達也とも親交をもっていて健全な懐疑をもって「超常的事柄」にあたっているというのが公なスタンスの大学教授です。
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2012.08.11 Saturday | Category[2]スピリチュアル:その他 | comments(0)

地球時代のスピリチュアリティと宗教
スピリチュアル ブームが去った」と先日記事で書きました。

本山博シンポジウムそんなときこそ形而上学を人生の伴侶とするような「人生のすべてがヨーガである」的な心霊的な宇宙観を忘れず人間特有のスピリチュアリティな面(思いやり,道徳、等々)を向上させる努力は怠らずにゆきたいものです。

話は少し変わって……

来月2012年6月3日地球時代のスピリチュアリティと宗教―本山博氏の仕事をめぐって―と題するシンポジウムが慶應義塾大学三田キャンパスで開かれるようです。

本山博氏はブログでたびたび著書を紹介したり、おすすめスピ本として『スピリチュアリティの真実』(PHP出版)等を掲載している人物でスピリチュアル(心霊的なモノも),ヨガ,超心理学を知る者の間では御所的な存在でアカデミズムとスピ界を横断的に両立している稀有な人です。

実際にお目にかかりたいと思う人には貴重な機会なのではないでしょうか。以前著書『スピリチュアリティ革命』を紹介した樫尾直樹氏の講演もあるそうです。

最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2012.05.06 Sunday | Category[2]スピリチュアル:その他 | comments(0)

大河ドラマ《平清盛》が熱い
NHK大河ドラマ《平清盛》サウンドトラック芸術性が強い作品は大衆ウケしないから心配です。何のことかと言いますと今年の大河ドラマ《平清盛》のこと。

初回に平清盛テーマ曲を初めて聴いた時に大衆ウケしない素晴らしい曲だと感じてから、先日発売日にNHK大河のサントラCDを初めて購入してしまったくらいにツボにハマりました。今回の大河ドラマは骨太な人間ドラマが描かれるのではないかと、そんな予想をしながら毎週愉しく見ています。楽曲に物語が込められていて何ともいえない感じがします。

そして本作の主題歌と言っても差し支えない曲が遊びをせんとやという少女の歌。かなり鳥肌ゾクゾクするのは私だけでしょうか。なんでも「遊びをせんとや」は『梁塵秘抄』(りょうじんひしょう)に収められている有名な歌なのだそうです。この歌の意味は深遠な想いが入っている気がしてなりません。説明サイトを見つけたので、そちらを参考にして下さい。あと松岡正剛が梁塵秘抄について書いているので参考になるかもしれません。これからの大河ドラマ《平清盛》が一層盛り上がることを期待しながら仕事しながらリピート&シャッフルでほぼ一日中聴いています。

大河ドラマの時代考証で頂けないのは「馬」が「サラブレッド」なこと。中国大河ドラマ三国志 Three Kingdomsみたいに「足の短い馬」を使ってもいいと思うのだけれど、そこだけが日本歴史ドラマに不満なところです。
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2012.02.04 Saturday | Category[2]スピリチュアル:その他 | comments(0)

〈スピリチュアル商法・霊感商法〉っぽいサイトの紹介
スピリチュアル商法(霊感商法)っぽいサイトにご注意を

先日は「いかがわし気なスピリチュアル・ヒーラー」のサイトを紹介しました。今回も同じような商法っぽいサイトの情報を提供しておきたいと思います。

そのサイトは先日まで霊の教科書という名前でした。
http://www.att7.jp/
が、しかし突然名前をCult Webと変更しています。

霊の教科書相互リンクしているスピリチュアルサイト管理者の方は片棒を担がないように気をつけて下さい。

上記のサイトは管理者が唯一尊敬するという霊能者(その話が本当かどうかいかがわしい信頼できそうもない[下記参考URL])のサイトへ誘導する作りになっていてそこに飛ばすのが魂胆です。
http://www.att7.jp/jyorei/reinousya.html

スピリチュアル肯定を狙ったスピリチュアル商法っぽい手段です。

「霊の教科書」から「カルト・ウェブ」に変更した理由はおそらく…
懐疑派にたいして自分は正当だと見せかける「二の矢」です。

ご注意あれ!
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2011.12.13 Tuesday | Category[2]スピリチュアル:その他 | -

悪霊より有害な存在
今回の記事はスピリチュアルを信じる人も信じない人も関係なく、
すべての生物の身体に邪悪な影響(病)がでるものです。

なので、普段より真剣に読んでもらえることを願います。

“それ”は、悪霊や邪霊より恐ろしく、まったく目に見えません。
私たちが身近に使っているものから発生します。
“それ”に被爆していると、癌や白血病になるリスクが高まります。

悪霊や邪霊よりも恐ろしい存在…
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2010.12.22 Wednesday | Category[2]スピリチュアル:その他 | comments(0)

「オカルト番組」のネタばらし?
今日発売の「週刊新潮 2010年12月23日号」を読んできました。

特に丁寧に全文読んだ記事は「【特別読物】視聴者を幼児化させる「オカルト番組」のネタばらし」というものです。「超常現象の謎解き」という超常現象懐疑論系(sceptic)個人サイトと「ASIOS」という超常現象懐疑論系の代表を趣味でこなしている本城達也という一般の方が書いた内容です。
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2010.12.16 Thursday | Category[2]スピリチュアル:その他 | comments(0)

シュタイナーは悪用されやすい
ルドルフ・シュタイナーは悪用されやすいです。
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2010.09.16 Thursday | Category[2]スピリチュアル:その他 | comments(1)

アフィリエイト募金のお知らせ
アフィリエイトDMM.comを追加致しました。
Amazon.co.jpDMM.comでのお買物の際はご利用下さい。
*Amazon、DMM共に成人向け商品購入もカウントされます。

慈善団体活動支援金として、すべて寄付致します。
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

次回、支援先の投票もお願いします。
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2010.03.27 Saturday | Category[2]スピリチュアル:その他 | comments(0)

学問としての〈錬金術〉
スターピープル・フォー・アセンション―新しい意識の時代をひらくスピリチュアル・マガジン Vol.30(2009Autumn) スターピープル・フォー・アセンション―新しい意識の時代をひらくスピリチュアル・マガジン Vol.30(2009Autumn)

ナチュラルスピリット 2009-08-17
売り上げランキング : 28796

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
平井浩氏(Dr. Hiro HIRAI)の錬金術の記事が『スター・ピープル』Vol.30(2009 Autumn)に掲載されています。ここでも読めるみたい。
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2009.09.13 Sunday | Category[2]スピリチュアル:その他 | comments(0)

AX