プロフィール
開設2007年2月
Twitter Teru_Sun
Gmail


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
カテゴリー
おすすめ
おすすめ本(一部 工事中)
スピリチュアル本は数限りなくあります。素晴らしい本を全て紹介し切れませんが一部をこちらで紹介します。こだわりは「百害あって一利なし」。読書が嫌いな方は以下のものを読んでもらえればスピは十分だと思います。

最新の記事
            
ブックマーク
順不同
Google

ブログ内を検索
スポンサー
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スピリチュアルな道を歩む人の〈修行と性・セックス〉について

霊的な修行に入った修道者は、人がもつ欲求を断つ禁欲的な生活を送らなければいけないと世界各地の宗教では考えられています。今回は「スピリチュアルな道を歩む人の〈修行と性・セックス〉」についても併せて書いていきます。

スピリチュアルな道を歩む人も、それにならってなるべく禁欲を守ろうとしているのではないでしょうか。その考えは正しい事です。

正しい理由の一つは、禁欲によって霊的直感(霊感)を鈍らせないようにしておく」ことができるので、高い徳性をもった善い霊(指導霊)からのアドバイスを適切な時にヒラメキ内なる声として感じるようにしておく事ができるから。

一般的な凡人の私達は、そのままでは心のアンテナ(霊感)電波状態が悪いといえます。

「あ…スマホ、圏外だ…」くらい鈍い。

鈍い人が、そのままさらにアンテナが鈍くなる生活を送ればどうなるか想像できますよね?  その辺りに漂う低俗な未成仏霊や他人の想念を受信して大切な善い霊からのアドバイスを聴く事も気づく事もできなくなります

例えるなら地下フロアーのクラブで大音量で騒ぐパリピの中に立っているような状態
パリピ

続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2018.01.07 Sunday | Category[2]スピリチュアル:性とスピリチュアル | comments(0)

【支援報告】WISH HOUSEへ スピリチュアルな日本読者一同より
2018年(平成30年)がはじまりました。

スピリチュアルラボ(スピラボ)も今年で11年目に入りました。

何の気なしに読書感想をブログで公開しはじめたのが始まりでした。良質な思想・実りがある霊的生き方を僅かながらも広められないかと思い続けています。

それと共に自分たちのできる範囲で世の中に貢献できないかと思い、アフィリエイトを通じて得た報酬を「思いやり活動」としてWISH HOUSEに支援した事をご報告いたします。

2014年6月〜2017年11月までの振込金
合計金額 223,429円
支援金額 223,500円


Amazon支払明細
振込明細

Amazonから私の口座にアフィリエイト報酬金が振込まれる際、報酬金から手数料300円が毎回引かれます手数料分と銀行振込手数料分は私が補填しております。募金や支援は金銭に余裕がある人がすればいいので。

ブログが人気であればたくさんの読者を抱えてアフィリエイト報酬も増えると思いますが貧困の子どもたちの支援になる約22万円でも4年間で貯まったので良かったと思います。

感謝します。

最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2018.01.05 Friday | Category[0]思いやり活動:報告 | comments(0)

スピリチュアル情報コラムのスピリチュアルラボについて
ID:3g3p4h
〈お知らせ〉世界の困っている人が喜ぶことに
当ブログでは〈スピリチュアルな想いを形に〉をモットーにしています。2013年8月以降は世界の困っている人たちが喜ぶ方向に活用したいと思います。



ダスカロスは毎晩就寝前に行なう瞑想法光のシェルを薦めている。
ダライ・ラマ法王も同じような瞑想法を推奨している。

健全な精神を持った人は、どのような霊的な本を読んでも影響されることなく自分の道を歩むことができます。しかし、初心者は違います。霊的な本のなかには、夢想(ファンタジー、現実逃避)だけを与えるような様々な落とし穴も含まれています。それに陥ることも経験だという人もいますが…それはチョットねぇ。


日本の「超能力者」たち


この本はプロのヒーラーやセラピストが愛読するレベルの本です。

書かれている内容は幅広くアカデミックで奥が深いです。
興味がある方だけ続きをお読み下さい。

無理にはお薦めしませんが… 無知は霊的にも損をする気がします。


続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2017.12.30 Saturday | Category- | comments(56)

〈慈悲・愛の法則〉カルマ・家系の因縁

カルマの肩代わりと“家系の因縁”」の話を以前書きました。

「カルマの肩代わり」は他人のカルマを背負う話。ですが、この話を悪徳霊能者が金儲けに悪用することが横行しています。例えば「多くお布施をすればチョメチョメ神様がカルマを軽くして下さいます」とか。

「家系の因縁」は先祖がつくった怨恨によって子孫が短命になったり家族が病気になったりする話。この話も悪徳霊能者に利用されてしまうため影響力が大きな霊能者は、その話をする際にも信奉者に気を遣って、あえて語らなかったりしています。

いま日本で一番著名な霊能者といえば江原啓之さんだと思います。今や江原さんは“講師”や“先生”と呼んでも差し支えない存在ですが親しみを込め“さん”と書きます。ちょうど今年で霊能活動30年だそうで若い世代にも受け入れられていますよね。私の認識は合っているかな。
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2017.12.24 Sunday | Category[2]スピリチュアル:コラム | comments(0)

江原啓之『運命を知る』紹介&感想
運命を知る
江原啓之さんの新刊『運命を知る
内容は霊的知識を活かすための人生哲学と実践方法が書かれています。霊的知識はただ知っているだけでは意味はなく、活かしてより良い運を作り出すための知恵としなければいけないわけです。

“霊的認識の成熟度【Spiritual knowledge】心の段階”でいえば、「人生経験を重ね、物質的・霊的事柄に対してバランス良く理解したうえで霊的領域の影響で起こる因果や現象を迷信や思い込みのたぐいでない事だと理解する事ができ、それに対して適切に対処、受け入れることができる霊的認識が高まった人向け」の位置づけ。

そのような内容なので霊的現象・事柄を、端から受け入れようともしない人は本書を読んだとして、心の芯から納得できる話ではないと思うので購入は控えた方が良いかもしれません。

本書は江原啓之さんが約30年近く語ってきたスピリチュアルな法則としてあげてる重要な霊的知識4つが、「運命」を知り、「運を拓く」キーワードだと語られているからです。

続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2017.12.03 Sunday | Category[2]スピリチュアル:江原啓之 | comments(0)

イエス キリストとの交信(チャネリング)にはご注意を!

世の中には霊能者・霊媒(ミディアム)・霊的導師は、数多く存在しています。

あなたにもお気に入りの人物がいますよね? ぼくの場合、お気に入りの霊的導師というのは、故人では大勢いすぎるので3人あげて「ダスカロス本山 博ヨガナンダ」ですけどね。

タイトルに“キリストとの交信にはご注意を”と書きました。

どういう意味かといえば、そのまま。といってもキリスト様が危険なわけじゃありませんよ。

「霊界のイエス キリスト様と交信しました。交信できました。お話しました」といった類いの話をする霊能者には注意して、もしそのような話をし始めたら、その霊能者が善良な人だとしても“距離を置きましょう”という意味です。

霊能力は誰でも本気で訓練すれば身につくと話すのは、江原 啓之さん。彼の勧めで霊能修行をしてイギリスで霊能者を育てる学校スピリチュアル アソシエーション オブ グレートブリテンSAGB)でスピリチュアルヒーラーの代表・先生にまでなった、開堂 慈さんのことを知れば、それだけでなるほどと思うと思います。

ちなみにSAGBの代表霊媒は人格と霊的能力で選出されるそうで、イギリスで今、最も精度が高い霊能者といわれるゴードン スミスさんも元SAGB代表だったそうです。開堂先生は、ひと目みただけで人格的に温かみを感じたので、指導は厳しいかもしれないがやる気があれば生徒になって師事したいくらいです。
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2017.10.28 Saturday | Category[2]スピリチュアル:コラム | comments(0)

セックスと未成仏霊・スピリチュアルな法則
祈りと救い
セックス(性)未成仏霊・スピリチュアルな法則には密接な関係がある事は、前々から性とスピリチュアル”カテゴリーで何編も記事を書いているので、そちらを先に読んでもらえると理解しやすいと思います。

記事にしている内容は霊的教師として信頼でき人を導きくことができる方たちの話です。

どちらかといえば霊的秘教(エソテリック)に属する霊能の方々が私は好きなので、そちらの方面の人。

霊的秘教は仏教でいえば密教の事で霊能力がなければ分からない話。なので本山 博(ひろし)先生はじめダスカロスなどからの話が多いです。

過去の人物でいえば空海のような人。空海にも霊能力があったのだろうと思います。霊能力を使いすぎると長生きできないらしいで注意。

もっと知りたい人は紹介している霊的偉人の本を読んだりしていってください。そうしてもらえればブログを書いている意義があるというものです。


それでは話をはじめます。
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2017.10.22 Sunday | Category[2]スピリチュアル:性とスピリチュアル | comments(0)

本当に霊的な『キリストのたとえ話 (ダスカロスによる註解書)』紹介

スティリアノス アテシュリス博士ことダスカロスの著書キリストのたとえ話が新訳として刊行されています。長らく絶版となっていた旧版に替わる本ですので紹介と共に簡単にダスカロスの紹介もしてみたいと思います。


* * * * * * *

続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2017.08.14 Monday | Category[2]スピリチュアル:探究書 | comments(0)

スピリチュアル的に価値ある生き方・人生
スピリチュアルな事への認識を得て、霊的世界(あの世)が存在するという事に理解が深まってくると“この世”で普通に生きている時に感じる不公平感・不平等が、なぜ存在するのかについての謎が解けてきます。

江原啓之氏の語るものでも、稀有な霊的教師アテシュリス師ダスカロスが教えるものでも「スピリチュアリズムの教え」を知り、学び、人生に生かそうと思った人は“幸せな人”です。それを思っただけでも今回の人生(転生)での霊的階段を一段上がれたのではないかと思います。

霊的教えを知る機会がない人、知ったとしても受け入れられない段階にいる人に比べたら幸せですから、それだけでも儲けもの。この転生(人生)の機会を無駄にしちゃいけませんよね。
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2017.08.05 Saturday | Category[2]スピリチュアル:コラム | comments(4)

〔キリスト密教〕ジョシュア・イマヌエル キリスト―地上での生涯とその教え
スピリチュアルラボはJUGEMブログを利用していますが、最近ではスマートフォンでブログを読んでいる人がほとんどのようで

JUGEMブログのスマートフォン向け表示は読みづらい問題もあってミラーブログをFC2で作成しました。先日の記事から同じ内容をアップしています。メインブログが表示上読みづらい場合ご利用下さい。
http://spilaboteru.blog.fc2.com/

20世紀のキプロスで卓越したスピリチュアルヒーリング(霊的治療)と霊能力で、若干7歳の頃から大人相手にスピリチュアリズムの霊的サークルを主催していたスティリアノス アテシュリス博士[1912-1995年]、通称・ダスカロスが晩年に著した「キリストの物語と霊的教え」の全訳です(ダスカロスとはギリシャ語で“先生”という意の敬称なのでダスカロなどと呼び捨てで使うとのこと)。
続きを読む
最新記事へ
スピリチュアルな想いを形に
2017.06.25 Sunday | Category[2]スピリチュアル:探究書 | comments(0)

AX